Microsoft Graph データ接続を始めるGet started with Microsoft Graph data connect

Microsoft Graph データ接続を使用する前に、Office 365 管理者は 2 つの処理を行う必要があります。どちらも、管理者が Privileged Access Management (PAM) を通じてデータ移動を制御する機能を有効にします。Before you can use Microsoft Graph data connect, an Office 365 administrator must take two actions, both of which enable the ability for the admin to control data movement through Privileged Access Management (PAM).

  1. Microsoft 365 管理ポータルの [サービスとアドイン] ページを通じて、Microsoft Graph データ接続にオプトインすることに同意します。Give consent to opt in to Microsoft Graph data connect through the Microsoft 365 Admin Portal, on the Services & add-ins page. これにより、Microsoft Azure へのデータ移動要求が許可されます (つまり、データのフル コントロール権は保持されたまま、Azure リソースからのアクセスが許可されます)。This will allow data movement requests to Microsoft Azure (that is, keep full control over the data, but allow Azure resources to access it). 特定のパイプラインに対する承認が後で行われないかぎり、データは転送されません。No data is transferred unless approval for a specific pipeline is provided later.
  2. Office 365 サブスクリプションでメールが有効なセキュリティ グループまたは配布リストを設定します。Set a mail-enabled security group or distribution list within the Office 365 subscription. 承認者グループが空でないことを確認します。Make sure that the approver group is not empty. グループ内のユーザーのみが、データ移動要求を承認できます。Only the users in the group can approve data movement requests.

次の手順Next steps

おめでとうございます。Congratulations! Azure のツールを使用してインテリジェントなアプリケーションの構築を開始する準備が整いました。You're now ready to start building intelligent applications with Azure tooling. 手順の詳細については、Microsoft Graph データ接続のトレーニング モジュールを参照してください。For detailed step-by-step instructions, see the Microsoft Graph data connect training module. Microsoft Graph データ接続の機能の詳細については、データセット、区域、およびシンク または、データ接続がサポートする ユーザー選択とフィルター処理を参照してください。 For more information about the capabilities that Microsoft Graph data connect provides, see datasets, regions, and sinks or user selection and filtering that data connect supports.