Microsoft Graph データ接続Microsoft Graph data connect

Microsoft Graph データ接続は、ツールセットを使って Office 365 データおよび Microsoft Azure リソースをユーザーに提供します。Microsoft Graph data connect brings Office 365 data and Microsoft Azure resources to you through a toolset. Microsoft Graph データ接続を使用すると、Microsoft 提供の優れた開発ツールを使用して貴重なデータにアクセスするインテリジェントなアプリケーションを構築することができます。これらのツールはすべて、Microsoft のセキュリティで保護されたクラウド内にあります。You can use Microsoft Graph data connect to build intelligent applications that access valuable data using the best development tools offered by Microsoft, all within the Microsoft secure cloud. すべての企業が生産性の向上に関心を持っています。つまり、ナレッジ ワーカーの生産性を向上させる製品を構築することは、非常に大きなビジネス チャンスを意味します。All businesses are interested in improving productivity, which means that building products that make knowledge workers more productive presents tremendous opportunities.

Microsoft Graph データ接続を活用する場合、「Microsoft API 使用条件」、「Microsoft のプライバシーに関する声明」、および次に同意することになります。You can take advantage of Microsoft Graph data connect if you agree to the Microsoft APIs Terms of Use and the Microsoft Privacy Statement and are:

  • すべての Office 365 ユーザー向けにインテリジェントなアプリケーションを構築する ISV。An ISV building intelligent applications for any Office 365 customer.
  • Office 365 データにアクセスする組織内のユーザー向けにインテリジェントなアプリケーションを構築するエンタープライズ開発者。An enterprise developer building intelligent applications for users inside of your organization that access Office 365 data.

Office 365 データによるパイプラインの開発Develop a pipeline with Office 365 data

Microsoft Graph データ接続を使用すると、Microsoft Azure 内の最適なツールを利用して、Office 365 データに基づく新しい種類のアプリケーションを作成できます。You can use Microsoft Graph data connect to create new types of applications based on Office 365 data, while taking advantage of the best tooling inside Microsoft Azure. Azure Data Factory を使用して、よく使われる Azure データ ストア (Azure Data Lake Gen 1 / Gen 2 または Azure Blob Storage) に Office 365 データを移動できます。You can use Azure Data Factory to move Office 365 data into popular Azure data stores: Azure Data Lake Gen 1 or Gen 2, or Azure Blob Storage. この後、データを処理することも (たとえば、Azure Data Lake Analytics を使用)、Azure SQL Database などの別のストアに移動することもできます。Then, you can process the data (using Azure Data Lake Analytics, for example) or move it into an additional store, like Azure SQL Database. データは、アプリケーションのエンド ユーザー シナリオでサービスを提供するために使用できます。You can then use the data to service your application's end user scenario.

Azure Data Factory パイプラインで Office 365 からデータを移動する前に、データ要求に対する承認依頼が、お客様の Office 365 管理者が指定したデータ承認者に送信されます。Before the Azure Data Factory pipeline can move data from Office 365, a data request consent is sent to the customer's Office 365 administrator-designated data approvers. データの移動は、データ承認者が承認した場合のみ開始されます。Data movement begins only upon approval by the data approvers.

アプリを Azure 管理アプリケーションとして公開するPublish your app as an Azure managed application

Microsoft Graph データ接続を使用してアプリケーションを開発したら、アプリケーションを他のユーザー (組織内のユーザーやより広い範囲のユーザー) が使用できるようにすることができます。After you develop an application using Microsoft Graph data connect, you can make your application available to others (either in your organization or more broadly). Microsoft Graph データ接続は、Azure 管理アプリケーションを使用して、他のユーザーが Microsoft Azure Marketplace を通じてこれらのアプリケーションを使用できるようにします。Microsoft Graph data connect uses Azure managed applications to make these applications available to others through the Microsoft Azure Marketplace. Azure マネージド アプリケーション アプリケーションを使用すると、ISV およびエンタープライズ開発者は、顧客にターンキー ソリューションを提供することができます。Azure Managed Applications allows ISVs and enterprise developers to deliver turnkey solutions to their customers. 顧客はこれらのマネージド アプリケーションをサブスクリプションに展開し、ベンダー (ISV およびエンタープライズ開発者) はそのアプリケーションの管理とサポートを行います。Customers deploy these managed applications in their subscriptions, while the vendors (ISVs and enterprise developers) manage and support them. アプリケーション ベンダーが、保管中の暗号化などのポリシーをアプリケーションに適用することにより、顧客は、データがより安全に取り扱われているという安心感を持つことができます。Application vendors can also apply policies to their applications, such as encryption at rest, to give their customers the peace of mind that their data is being handled more securely. アプリケーションは、Azure Marketplaceまたは Azure サービス カタログのいずれかに公開できます。Applications can be published either to the Azure Marketplace or the Azure service catalog.

アプリケーションをインストールする顧客は、サービスの使用条件、必要なデータ、各アプリケーション SKU の価格、リソース消費の概算コストを確認することができます。Customers who install the application can see the terms of service, the data that is required, the price for each application SKU, and the approximate cost for resource consumption. 購入者によって必要な展開プロパティが指定されると、リソースが提供されます。When required deployment properties are specified by the purchaser, the resources are provisioned. これには、データの抽出を開始する Data Factory パイプラインが含まれます。This includes the Data Factory pipeline that begins extracting data. ベンダーは、インストール完了までの時間、アプリケーションの使用方法、サポートの受け方について説明した、アプリケーションの説明ファイルを提供します。You provide a readme for your application that explains when to expect the installation to be complete, how to use the application, and how to get support.

次のステップNext Steps

Microsoft Graph データ接続アプリケーションの開発を開始するには、「Microsoft Graph データ接続の概要」を参照してください。To get started developing Microsoft Graph data connect applications, see Overview of Microsoft Graph data connect.