情報保護の概要Information Protection overview

Microsoft 情報保護は、 機密に基づいてデータを分類、ラベル付け、保護するのに役立ちます。Microsoft Information Protection helps organizations to classify, label, and protect data based on sensitivity.

組織は次のようにラベルを使用します。Organizations use labels to aid:

  • 処理されている情報の重要性を理解しているユーザー。Users in understanding the importance of information that is being handled.
  • 機密情報がどこに存在するかを検出するためのコンプライアンスの確認。Compliance adminstrators in discovering where sensitive information lives.
  • データアクセスとデータ損失防止ポリシーを展開する際に、より多くのリッチラベル情報に基づいてセキュリティ管理者。Security administrators in deploying data access and data loss prevention policies based on more rich label information.

Microsoft Information Protection を統合する理由Why integrate Microsoft Information Protection?

幅広く使用されているラベル付けプラットフォームと統合して、数百万のユーザーとデバイスを処理するIntegrate with the ubiquitous labeling platform, servicing millions of users and devices

数万を超えるユーザーの組織は、Microsoft 情報保護を使用して、データの分類、ラベル付け、保護を行っています。More than a million organizations with tens of millions of users use Microsoft Information Protection to classify, label, and protect data. Microsoft 365 に加えて、さまざまなデータ損失防止 (DLP) サービス、ビジネスインテリジェンスプラットフォーム、およびサービスとしてのソフトウェア (SaaS) ソリューションは、 Microsoft Information Protection のラベル付けによって、より豊富なデータ分類の操作性を提供してきました。In addition to Microsoft 365, various data loss prevention (DLP) services, business intelligence platforms, and software-as-a-service (SaaS) solutions have embraced Microsoft Information Protection labeling to provide a richer data classification experience.

基幹業務アプリケーションの情報のラベル付けLabel information in line-of-business applications

エンタープライズ開発者は、Microsoft Information Protection を使用して、基幹業務アプリケーションからエクスポートする際に、顧客情報の安全性を確保するための機密情報のラベル付けと保護を行います。Enterprise developers use Microsoft Information Protection to label and protect sensitive customer information on export from line-of-business applications to ensure the safety of customer information. アプリケーションを Microsoft Information Protection エコシステムに接続することにより、アプリケーションは、完全な SDK を統合するというオーバーヘッドを発生させることなく、アプリケーションのデータで 機密ラベル を適用、更新、および削除できるようになります。Connecting your applications to the Microsoft Information Protection ecosystem enables applications to apply, update, and delete sensitivity labels in your own application data, without the overhead of integrating a full SDK.

Microsoft Graph の Microsoft Information Protection のラベル Api には何ができますか?What can I do with Microsoft Information Protection label APIs in Microsoft Graph?

ユーザーまたは組織が使用できるラベルを検出するDiscover labels available to a user or organization

Microsoft Graph を使用すると、ユーザーまたは組織が使用できる 機密ラベル にアクセスできます。With Microsoft Graph you can access the sensitivity labels available to a user or the organization. ラベルは、アプリケーションやサービスによってデータが保存されるか、動作しているかによって適用されるため、ユーザーやダウンストリームのアプリケーションやサービスが、処理している情報の機密度を理解するのに役立ちます。Labels are applied by applications and services to data at rest or in motion, helping users and downstream applications and services to understand the sensitivity of the information they're handling.

ラベルを適用する方法を理解するUnderstand how to apply labels

既存および目的の機密ラベルに関する情報を提供することで、REST API は、ラベルを適切に適用するために実行する必要のある アクション をアプリケーションにインテリジェントに通知できます。By providing information on the existing and desired sensitivity label, the REST API can intelligently inform your application of the actions that should be taken to correctly apply the label. これには、 メタデータ アプリケーション、 ウォーターマーク の生成、 保護などの操作が含まれます。This includes actions such as metadata application, watermark generation, protection, and more.

データに適用されるラベルを解釈するInterpret labels applied to data

既に 機密ラベルのメタデータ が適用されている情報を使用しているアプリケーションは、 extractLabel API を使用してラベルのメタデータを Microsoft information Protection の 機密ラベルに解決できます。Applications consuming information that already has sensitivity label metadata applied can use the extractLabel API to resolve label metadata to a Microsoft Information Protection sensitivity label. ラベルを使用して、ラベル付きデータを処理または使用するときにアプリケーションによって実行されるアクションを識別します。Use the label to identify the actions that should be taken by the application when handling or consuming the labeled data.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?

次の手順Next steps

  • Graph エクスプローラーでサンプルクエリのラベルを付ける情報保護を選択して試行します。Select and try Information Protection labeling sample queries in Graph Explorer. 左側の列の [サンプルをさらに表示] を選択します。Choose Show more samples in the column on the left. メニューを使用して、 Microsoft Information Protectionを有効にします。Use the menu to turn on Microsoft Information Protection.