Azure AD Graph と Microsoft Graph のリソースの種類の違いResource type differences between Azure AD Graph and Microsoft Graph

この記事は、 手順 1: アプリを移行するプロセスの API の相違点を確認します。This article is part of step 1: review API differences of the process to migrate apps.

Azure AD Graph から Microsoft Graph にアプリを移行するときは、リソースによって名前と種類が異なることに注意してください。When migrating apps from Azure AD Graph to Microsoft Graph, be aware that some resources have different names and different types. たとえば、Azure AD Graph アプリが Tenantinfo リソースを使用している場合は、代わりに 組織 を参照するようにコードを更新する必要があります。For example, if your Azure AD Graph app uses the tenantInfo resource, you'll need to update your code to refer to organization instead.

次の表に、Azure AD Graph と Microsoft Graph のリソースの違いを示します。The following table highlights differences between Azure AD Graph and Microsoft Graph resources. 名前が異なるリソースが表示されているか、使用できません。また、Microsoft Graph のベータ版では使用できても、v2.0 バージョンでは利用できないリソースも強調表示されています。It shows resources that have different names or are not available; it also highlights resources available in the beta version of Microsoft Graph but not in the v1.0 version.

この一覧にリソースが表示されて いない 場合は、Azure AD graph と同じ名前で、既に Microsoft Graph の v1.0 バージョン で使用できます。If a resource is not shown in this list, it is already available in the v1.0 version of Microsoft Graph, with the same name as in Azure AD Graph.

メモ: Azure AD graph のリソースの種類の名前は Pascal 形式ですが、Microsoft Graph では camel 形式になっています。NOTE: Resource type names in Azure AD Graph are Pascal-cased, whereas in Microsoft Graph they are camel-cased.

Azure AD GraphAzure AD Graph
(v2.0) リソース(v1.6) resource
Microsoft GraphMicrosoft Graph
リソースresource
コメントComments
CertificateAuthorityInformationCertificateAuthorityInformation ベータ版の   -   certificateauthoritybeta - certificateAuthority
v2.0 の   -   certificateauthorityv1.0 - certificateAuthority
ContactContact ベータ   -   orgcontactbeta - orgContact
v1.0 の   -   orgcontactv1.0 - orgContact
DirectoryLinkChangeDirectoryLinkChange ベータ版の   -   新しい   手法beta - New approach
v2.0 1.0 の   -   新しい   手法v1.0 - New approach
デルタクエリは、このリソースを必要としないメカニズムで、リレーションシップの変更の検出をサポートします。Delta query supports relationship change detection with a mechanism that doesn't require this resource. AZURE AD graph と Microsoft Graph の機能の違い」を参照してください。Please see Feature differences between Azure AD Graph and Microsoft Graph.
OAuth2PermissionOAuth2Permission ベータの   -   permissionscopebeta - permissionScope
version 1.0 の   -   permissionscopev1.0 - permissionScope
ポリシーPolicy ベータ   -   ポリシーbeta - policies
version 1.0   -   ポリシーv1.0 - policies
ポリシーの種類には、 ポリシー の URL パスセグメントの下にある Microsoft graph の一意の種類の名前と構造があります。Each type of policy has a unique type name and structure, under the policies URL path segment, in Microsoft Graph. Azure AD Graph では、これは1つのポリシーの種類です。In Azure AD Graph this was a single policy type. たとえば、Azure AD Graph の場合、 Policy リソースを使用して、 type プロパティをに設定し TokenIssuancePolicy ます。これは、Microsoft Graph では tokenIssuancePolicy リソースになります。For example, for Azure AD Graph you would work with the Policy resource, and set the type property to TokenIssuancePolicy, while in Microsoft Graph this would be the tokenIssuancePolicy resource.
プロビジョニングエラーProvisioningError ベータ版   -   は使用できませんbeta - Not available
version 1.0   -   は使用できませんv1.0 - Not available
このリソースは推奨されていません。This resource is deprecated. ただし、AD Connect 関連のプロビジョニングエラーを説明する新しいリソースは、 onPremisesProvisioningErrorにあります。However, a new resource describing any AD Connect related provisioning errors can be found in onPremisesProvisioningError.
ServiceEndpointServiceEndpoint ベータ版   -   エンドポイントbeta - endpoint
version 1.0   -   エンドポイントv1.0 - endpoint
エンドポイント は、ベータ版の グループ リソースの一部としてのみ使用できます。また、ベータ版と v2.0 1.0 の両方の serviceprincipal リソースでも使用できます。endpoints are only available as part of the group resource in beta, and the servicePrincipal resource in both beta and v1.0.
SignInNameSignInName ベータ版の   -   新しい手法beta - New approach
v2.0 1.0 の   -   新しい手法v1.0 - New approach
ユーザーアカウントへのサインインに使用される識別子の新しいモデル。New modeling for the identifiers used to sign into a user account. 詳細については、「 objectIdentity resource type」を参照してください。See objectIdentity resource type for more details. Azure AD B2C シナリオをサポートします。Supports Azure AD B2C scenarios.
TenantDetailTenantDetail ベータ   -   組織beta - organization
v 1.0   -   組織v1.0 - organization
TrustedCasForPasswordAuthTrustedCasForPasswordAuth ベータの   -   certificateベース authconfigurationbeta - certificateBasedAuthConfiguration
v 1.0 の   -   certificateベース authconfigurationv1.0 - certificateBasedAuthConfiguration
UserIdentityUserIdentity ベータ版   -   objectIdentitybeta - objectIdentity
v 1.0   -   objectIdentityv1.0 - objectIdentity
ObjectIdentityと呼ばれる、ユーザーアカウントにサインインするために使用される識別子の新しいモデリング。New modeling for the identifiers used to sign into a user account, called objectIdentity. Azure AD B2C シナリオをサポートします。Supports Azure AD B2C scenarios.

次の手順Next Steps