Microsoft Graph 通知を使用して、人中心の通知エクスペリエンスを有効にするEnabling human-centric notification experiences using Microsoft Graph notifications

通知は、アプリケーション ユーザーと再びやり取りするのに最も効果的な方法の 1 つです。Notifications are one of the most effective ways to reengage with your application users. 優れた通知エクスペリエンスによってほぼリアルタイムにアプリケーション ユーザーとのコミュニケーション チャンネルを開くことができます。これにより、適切なタイミングでアプリケーションの使用が促進され、ユーザーの生産性が向上し、重要なイベントや必要なアクションが通知されます。A great notification experience can help open a near real-time communication channel between you and your users, and that in turn can increase app engagement at the right time, make users more productive, and alert them to important events or required actions.

今日、ユーザーはさまざまなプラットフォームやフォーム ファクターを経由してアプリケーションやサービスにアクセスできます。Today, users can access your applications and services via a wide variety of platforms and form factors. このようなデバイスの組み合わせでは、マルチプラットフォームの通知システムを理解してサポートし、ユーザーをエンドポイントにマッピングし、デバイス間で通知状態を維持する必要があります。This mix of devices requires that you understand and support multiplatform notification systems, map users to endpoints, and maintain notification state across devices.

他のほとんどの通知システムでは、プラットフォーム固有のプッシュ通知システムを理解してターゲットにする必要はありませんが、それでも各デバイスをターゲットにするように設計されています。Most other notification systems eliminate the need to understand and target platform-specific push notification systems, but are still designed to target each device. Microsoft Graph の通知プラットフォームは、人が主体のアプローチを提供します。これにより、あらゆるデバイス エンドポイントでユーザーをターゲットにできます。The Microsoft Graph notifications platform provides a human-centric approach that gives you the ability to target your users across any and all device endpoints.

複数のエンドポイントに通知を送信するために Microsoft Graph と通信するアプリ サービスを示す画像

Microsoft Graph の通知機能を統合する理由Why integrate with Microsoft Graph notifications?

Microsoft Graph の通知プラットフォームはユーザー中心の通知サービスを提供します。これにより、ユーザーはアプリケーションで 5 つの主な利点を活用できます。The Microsoft Graph notifications platform provides a user-centric notification offering that brings five key benefits to your applications.

さまざまなエンドポイント間で通知配信ができるように、簡単にユーザーをターゲットとして設定するEffortlessly target your user for notification delivery across different endpoints

通知 API を使用して、個人の Microsoft アカウント、職場または学校の Azure Active Directory (Azure AD) アカウントをターゲットとして通知を配信できます。You can use the notifications API to target a personal Microsoft account or a work or school Azure Active Directory (Azure AD) account to deliver notifications. この通知はプラットフォームにより、アプリケーションまたはサービスを実行しているすべてのユーザー エンドポイント (Windows UWP、iOS、Android、Web エンドポイントを含む) に配布されます。The platform distributes this notification to all user endpoints running your application or service, including Windows UWP, iOS, Android, and web endpoints. この機能は、適切な通知がどこにいても確実に到達できるようにすることで、アウトリーチを最大化します。This capability helps maximize outreach by ensuring appropriate notifications can reach your target, wherever they are.

エンドポイント全体にわたって通知を簡単に管理するEasily manage notifications across endpoints

新規または改良された通知クライアント SDK をクライアント アプリケーションで使用すると、通知の状態を更新し、更新後の状態をすべてのエンドポイントで同期できます。Using the new and improved notifications client SDK within your client application, you can update the state of a notification and sync that state across all endpoints. たとえば、ユーザーがあるデバイスで通知に対して操作 (開封済みまたは破棄済みとしてマークするなど) を行った場合、この状態変更が他のすべてのエンドポイントに伝播されます。For example, when a user acts on a notification on one device, you can update the state of this notification (such as marking it as read or dismissed), and the same state change will be distributed to all other endpoints. Microsoft Graph の通知 API は、一元管理された方法でユーザーの通知の状態を追跡します。したがって簡単かつ確実に、1 回処理された通知をすべての場所で非表示にできます。これにより、冗長性を最小限に抑え、優れたカスタマー エクスペリエンスを確保します。The Microsoft Graph notifications API tracks the state of your user’s notifications in a centralized way, making it easy for you to ensure that your notifications are handled once, and dismissed everywhere, thereby minimizing redundancy and ensuring a great customer experience.

通知状態と履歴を取得するRetrieve notification state and history

通知 API を使用して、ユーザー定義の期間 (最大 30 日間) に基づく通知履歴を取得できます。You can use the notifications API to retrieve notification history based on an expiration time you define (up to 30 days). 開封済みまたは破棄済みとしてマークされた通知でも、履歴から取得してアプリ内の通知履歴で表示でき、また分析情報とインテリジェンスを組み合わせることもできます。Notifications that are marked as read or dismissed are still retrievable from the history, enabling in-app views of notification history as well as enabling you to build on insights and intelligence.

優先度の高い通知の保証済み配信Guaranteed delivery for high-priority notifications

iOS などのプラットフォームでは、特定の電力条件下で、バッチ処理により生データの通知の配信が遅れたり、ターゲット エンドポイントにまったく届かないことがあります。On platforms like iOS, under certain power conditions, raw data notifications might be delayed in delivery due to batching, or not reach the target endpoint at all. iOS のユーザーに配信される優先度の高い通知の場合、Microsoft Graph の通知プラットフォームでは、生から視覚へのトースト通知の "fallback" オプションを指定できます。これは、ターゲットの iOS デバイスに視覚的なトースト通知を自動的に送信します。これにより、ユーザーはほぼリアルタイムで通知を受けることができます。For high-priority notifications being delivered to users on iOS, the Microsoft Graph notifications platform allows you to specify a raw-to-visual toast notification "fallback" option that automatically sends a visual toast notification to the target iOS device, thereby ensuring your user gets notified near real-time.

プライバシーとコンプライアンスPrivacy and compliance

このプッシュツープルモデルでは、通知が信頼された境界を離れることはありません。Our push-to-pull model ensures that notifications never leave trusted boundaries. プラットフォーム固有のプッシュ サービスは、ユーザーのデバイスにショルダータップを送信するために使用されます。そこからクライアント SDK が、Microsoft Graph の通知サービスから対応するペイロードを安全にフェッチします。Platform-specific push services are used to send a shoulder-tap to your user's device and from there, the client SDK securely fetches the corresponding payload from the Microsoft Graph notifications service. これは、ISO 27001、ISO 27018、EUMC、HIPAA、FERPA、SOC 1、SOC 2、GDPR を含む、ほとんどの企業のコンプライアンス要件を満たします。We meet most enterprise compliance requirements, including ISO 27001, ISO 27018, EUMC, HIPAA, FERPA, SOC 1, SOC 2, and of course GDPR.

開始するには?How do I get started?

はじめに、「統合の概要」セクションを参照し、アプリケーション内にユーザー中心の通知を統合する方法を確認してください。To get started, see the integration overview section to learn how you can integrate user-centric notifications within your application.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?