アプリケーション サービスから通知を作成し送信するCreate and send a notification from your app service

Microsoft Graph API を使用して、ユーザーに通知を作成して送信することができます。You can create and send a notification to a user by using Microsoft Graph APIs. 通知はMicrosoft Graph Notifications サービス ストアに格納され、ターゲット ユーザーがサインインしているすべてのデバイスのすべてのアプリ クライアントに送信されます。The notification is stored in the Microsoft Graph Notifications service store and is sent to all app clients on all devices that the target user is signed in on.

ユーザーに通知を送信するために、アプリケーション サービスは以下を実行します。In order to send a notification to your user, your application service will:

  1. Microsoft ID プラットフォームを使用して認証します。Authenticate with the Microsoft identity platform.
  2. 認証トークンを使用して Microsoft Graph API に通知を投稿し、サブスクリプションの作成時にアプリ クライアントから取得したユーザー通知サブスクリプション ID を使用してユーザーをターゲットにします。Post a notification to the Microsoft Graph API using the auth token, and target the user with a user notification subscription ID that is obtained from your app client when creating a subscription.

注意

認証を簡素化するために、新しく改善された簡易の通知 SDK とユーザー通知サブスクリプション ID をクライアント側で使用して、通知を受信したり通知状態を管理することをお勧めします。For a simplified authentication story, we recommend using the new and improved, lightweight notification SDK on the client-side with a user notification subscription ID to receive notifications and manage notification state. 委任されたアクセス許可を使用して、ユーザーの代わりに通知を投稿することもできますが、アプリ サービスでアクセス トークンと更新トークンを保持する必要があり、この方法はお勧めしません。Alternatively, you can post notifications on behalf of the user via delegated permissions and your app service will need to maintain access tokens and refresh tokens, but this is not recommended. OAuth 2.0 OBO フローについての詳細は、「委任ユーザー ID を使用するサービス間の呼び出し」を参照してください。To learn more about OAuth 2.0 OBO flow, see Service-to-service calls that use delegated user identity in the On-Behalf-Of flow.

iOS での保証済み配信Guaranteed delivery on iOS

iOS などのプラットフォームでは、特定の電力条件下で、バッチ処理により生データの通知の配信が遅れたり、ターゲット エンドポイントにまったく届かないことがあります。On platforms like iOS, under certain power conditions, raw data notifications might be delayed in delivery due to batching, or not reach the target endpoint at all. iOS のユーザーに配信される優先度の高い通知の場合、Microsoft Graph の通知プラットフォームでは、生から視覚へのトースト通知の "fallback" オプションを指定できます。これは、ターゲットの iOS デバイスに視覚的なトースト通知を自動的に送信します。これにより、ユーザーはほぼリアルタイムで通知を受けることができます。For high-priority notifications being delivered to users on iOS, the Microsoft Graph notifications platform allows you to specify a raw-to-visual toast notification "fallback" option that automatically sends a visual toast notification to the target iOS device, thereby ensuring your user gets notified near real-time. fallback オプションの利用方法については、「通知リソース」を参照してください。To learn how to leverage fallback options, please see the notification resource.

はじめにGetting started

アプリ サービスがユーザーへの通知の送信を開始する方法については、「通知」および「App Service のサンプル」を参照してください。To learn how your app service can start sending notifications to your users, see notification and our App Service sample.