Microsoft Graph 通知のためのアプリの登録と API アクセス許可を管理するManage app registration and API permission for Microsoft Graph notifications

Microsoft Graph 通知と統合するアプリケーション サービスのためには、Microsoft アカウントあるいは職場や学校のアカウントをサポートする Microsoft ID プラットフォームでアプリを登録する必要があり、必要な API アクセス許可を宣言する必要があります。In order for your application service to integrate with Microsoft Graph notifications, you need to register your app with the Microsoft identity platform to support Microsoft accounts or work or school accounts, and declare the API permissions that are required.

Microsoft アカウントあるいは職場や学校のアカウントをサポートするアプリを登録します。Register your app to support Microsoft accounts or work or school accounts

Microsoft Azure portal で、Microsoft アカウントあるいは職場や学校のアカウントをサポートするアプリを登録します。Register your application on the Microsoft Azure portal to support Microsoft accounts or work or school accounts. Microsoft アプリケーション ポータルで、以前アプリケーションを登録したことがある場合、新機能と改善された機能の Azure portal エクスペリエンスに既存のアプリが表示されます。If you’ve previously registered your application on the Microsoft Application Portal, your existing apps will show up in the new and improved Azure portal experience.

アプリの登録の方法については、Microsoft ID プラットフォームへのアプリケーションの登録に関するページを参照してください。For information about how to register your apps, see Register an application with the Microsoft identity platform. アプリを登録するときは、必ずアプリケーション ID/クライアント ID を手元に置いてください。When you register your app, be sure to keep the application ID/client ID somewhere handy. この ID は、Windows、Android、または iOS クライアントのパートナー センターで、クロスデバイス エクスペリエンス用にアプリケーションを登録するときに必要になります。You'll need this ID later when you register your application for cross-device experiences in Partner Center for Windows, Android, or iOS clients.

注意

Microsoft アカウントを持っていないが使用したい場合には、 Microsoft アカウント ページを参照してください。If you don't already have a Microsoft account and would like to use one, go to the Microsoft account page. 職場または学校のアカウントで、認証と ID フレームワークとして Azure AD v1.0 使用する必要があるアプリを作成する場合は、 Azure Active Directory 認証ライブラリを参照してください。If you're writing an app that needs to use Azure AD v1.0 as an authentication and identity framework for work or school accounts, see Azure Active Directory Authentication Libraries. 新しく収束された Microsoft ID プラットフォーム (バージョン 2.0) について学んだり利用に関心がある場合は、 Microsoft アイデンティティ プラットフォームのエンドポイントと Azure AD v1.0 エンドポイントを比較するを参照してください。If you’re interested in learning about or using the new converged Microsoft identity platform (v2.0), see Comparing the Microsoft identity platform endpoint and Azure AD v1.0 endpoint.

アプリ証明書とシークレットApp certificates and secrets

アプリケーションを識別し、認証トークンを取得するときに認証を有効にするには、独自の証明書をアップロードしたり、Azure portal の証明書とシークレットに移動して新しいクライアント シークレットを作成することもできます。To enable your application to identify and authenticate itself when obtaining auth tokens, you can either upload your own certificate or create a new client secret by going to Certificates & secrets in the Azure portal.

Azure portal 内のアプリ証明書とシークレットのスクリーン ショット

注意

新しいクライアント シークレットの生成を選択する場合は、必ずをコピーして、安全な場所に保管してください。If you opt to generate a new client secret, be sure to copy and keep it in a safe place. ポータルから脱退したら、もう一度アクセスすることはできません。You won’t be able to access it again after you leave the portal.

API アクセス許可API permissions

Microsoft Graph の通知を使用するために追加の許可を追加する必要があります。You'll need to add additional permissions in order to use Microsoft Graph notifications. [アクセス許可を追加]を選択し、Microsoft Api で [Microsoft Graph]を選択してから、[アクセス許可を委任] を選択します。Choose Add a permission, and under Microsoft APIs, select Microsoft Graph, and then select Delegated permissions.

Azure portal の API アクセス許可の要求ページのスクリーンショット

以下のアクセス許可を追加します。Add the following permissions:

  • User.Read - ユーザーにサインインするアプリケーションを許可するUser.Read - allows your application to sign-in your user

  • UserActivity.ReadWrite.CreatedByApp - 通知を取得するためのアプリのサブスクリプションを許可するUserActivity.ReadWrite.CreatedByApp - allows app subscription for notification retrieval

Azure portal で通知を行うのための代理アクセス権を示すスクリーン ショット

次の手順Next steps

アクセス許可と同意に関する詳細を確認する、または「Microsoft Graph アクセス許可のリファレンス」を参照します。Learn more about permissions and consent or see the Microsoft Graph permissions reference.

これで、アプリの登録が完了しました。パートナー センターにアクセスし、アプリケーションをセットアップして、Microsoft Graph 経由で送信される通知に対応するアプリ プラットフォーム (Windows、iOS、または Android) をターゲットにします。Now that you’ve registered your app, visit Partner Center to set up your application and target your corresponding app platforms (Windows, iOS, or Android) for notifications sent via Microsoft Graph. 詳細については、「クロスデバイス エクスペリエンスに参加する」を参照してください。For details, see Onboarding to cross-device experiences.

注意

Web エンドポイントのみをターゲットにしている場合は、パートナー センターの登録をスキップし、通知を送信するためのアプリ サービスの設定方法を確認してください。If you're only targeting web endpoints, you can skip Partner Center registration and learn how to set up your app service to send notifications.