Microsoft Graph notifications のクロスデバイス エクスペリエンス を開始するOnboarding to cross-device experiences for Microsoft Graph notifications

注意

Web エンドポイントのみをターゲットにしている場合は、アプリ サービスのセットアップに直接移動して、通知を送信できます。If you're only targeting web endpoints, you can go directly to setting up your app service to send notifications.

Azure ポータルでのアプリの登録に加えて、各オペレーティングシステム (Windows、iOS、Android) に対応するネイティブプッシュ通知サービスを介して Microsoft Graph が通知を送信することを承認するために、アプリケーションにクロスプラットフォーム アプリケーション ID やクロスプラットフォーム プッシュ通知認証情報などのクロスデバイス情報を登録する必要があります。In addition to app registration on Azure Portal, your application needs to register cross-device information such as cross-platform application ID and cross-platform push credentials in order to authorize Microsoft Graph to send notifications via native push notification services that correspond to each operating system: Windows, iOS, and Android. これは、パートナー センターのダッシュボード (旧 Windows デベロッパー センター ダッシュボード) を使用して行います。This is done through the Partner Center dashboard (formerly Windows Dev Center dashboard).

注意

Windows UWP アプリケーションを作成する予定がない場合でも、この記事の手順を完了するには Windows 開発者アカウントが必要です。You'll need a Windows developer account to complete the steps in this article, even if you don’t plan to build a Windows UWP application. Windows 開発者アカウントを持っていない場合は、「開発者アカウントを開く」を参照してください。If you don’t already have a Windows developer account, see Opening a developer account. Windows 開発者として登録しない方が良い場合は、電子メールで [gnsengage@microsoft.com](sendto: gnsengage@microsoft.com) までお問い合わせください。Alternatively, if you prefer not to enroll as a Windows developer, you can reach out to us via email at [gnsengage@microsoft.com](sendto: gnsengage@microsoft.com). Windows 開発者アカウントを作成し、エンタープライズの一部として学校または職場のアプリケーションを作成している場合は、エンタープライズ送信の管理に使用する適切な Azure AD アカウントと開発者アカウントを関連付けることができます。If you create a Windows developer account and are building a school or work application as part of an enterprise, you can associate your developer account with the appropriate Azure AD account that is used for managing your enterprise submissions. 詳細については、「パートナーセンターアカウントに Azure Active Directory を関連付ける」を参照してください。For details, see Associate Azure Active Directory with your Partner Center account.

まず、Windows 開発者アカウントを使用してパートナー センターのダッシュボードにサインインします。To get started, sign in to the Partner Center dashboard using your Windows developer account:

  1. 左のメニューで** [クロスデバイスエクスペリエンス]** に移動し、 [新しいクロスデバイスアプリの構成] を選択して、次のスクリーンショットのようにアプリ名を入力します。On the left menu, go to Cross-Device Experiences, select Configuring a new cross-device app, and provide your app name, as shown in the following screenshot.

新しい クロスデバイス アプリ の登録を構成する

  1. アプリのプレゼンスがあり、サポートされているすべてのプラットフォームを選択し、通知を受信できるようにします。Select all supported platforms where your app will have a presence and be enabled to receive notifications. 表示されているように、Windows、Android、iOS でサポートされているプラットフォームから選択できます。You can select from supported platforms that include Windows, Android, and iOS, as shown. 

サポートされているプラットフォームの種類を設定する

  1. 表示されているように、アプリにプレゼンスがある場合は、それぞれのプラットフォームのアプリ ID を指定します。Provide app IDs for each of the platforms where your app has a presence, as shown.

プラットフォーム固有のアプリ id の提供

注意

プラットフォームごとに異なる Id を10まで追加することができます。これは、同じアプリまたは異なるアプリの複数のバージョンがある場合に、アプリサーバーによって送信された同じユーザー宛の通知を受信できるようにするためです。You can add different IDs (up to ten) per platform – this is in case you have multiple versions of the same app, or even different apps, that want to be able to receive the same notification sent by your app server and targeted to the same user.

  1. Microsoft アカウント または Azure AD アプリの登録からアプリ ID を指定または選択します。Provide or select the app ID from Microsoft account and/or Azure AD app registration. このクライアント ID は、Azure ポータルでの登録時に取得した Microsoft アカウント または Azure AD アプリの登録に対応しています。This client ID corresponds to the Microsoft account or Azure AD app registration that you obtained when you register in the Azure Portal.

MSA および AAD 用の Azure アプリ登録クライアント id を指定する

  1. Microsoft Graph notifications は、すべての主要なプラットフォーム上で、それぞれのネイティブ通知プラットフォームを使用して、アプリケーションの クライアント エンドポイント、つまり WNS (Windows UWP 用)、FCM (Android 用)、および APNS (iOS) に通知を送信します。Microsoft Graph notifications use each of the native notification platforms on all major platforms to send notifications to the app client endpoints, namely, WNS (for Windows UWP), FCM (for Android), and APNS (for iOS). 次に示すように、ユーザー宛の通知を発行するときに Microsoft Graph notifications がアプリサーバーに通知を送信できるように、これらの通知プラットフォームに認証情報を指定します。Provide your credentials for these notification platforms to enable Microsoft Graph notifications to deliver notifications for your app server when you publish user-targeted notifications, as shown.

クロスデバイス プッシュ通知の認証情報を指定する

注意

Windows UWP アプリの場合は、WNS プッシュ通知を有効にして Microsoft Graph notificationsを使用する必要があります。For Windows UWP apps, enabling WNS push notification is a prerequisite to using Microsoft Graph notifications. 詳しくは、「 WNS の概要 」をご覧ください。For details, see WNS overview. 開始後は、接続したデバイスプラットフォームにパートナーセンター経由でプッシュ認証情報を指定できます。After you onboard, you can provide push credentials via Partner Center to the Connected Device Platform.

  1. このドメインの所有権がアプリケーションにあることを証明するための検証プロセスとして機能する クロスデバイス アプリドメイン を確認します。Verify your cross-device app domain, which serves as a verification process to prove that your application has ownership of this domain. これは、次に示すように、登録したアプリケーションのクロスデバイスアプリ id として動作します。This acts like a cross-device app identity for the application or applications you registered, as shown.

    ドメインの検証

手順は以上です。That’s it! 通知を受信するアプリケーションが登録されました。You've now registered your applications to receive notifications. 次に、アプリ サービスをセットアップする方法を確認して、通知の送信を開始します。Next, learn how to set up your app service and start sending notifications.