OneNote API 開発者向けのブランドに関するガイドラインBranding guidelines for OneNote API developers

適用対象 OneDrive のコンシューマー ノートブック | Office 365 のエンタープライズ ノートブックApplies to Consumer notebooks on OneDrive | Enterprise notebooks on Office 365

この記事のガイドラインに従って、OneNote ブランドを最適な方法で製品に統合し、OneNote ブランド化の要件を満たしてください。Follow the guidance in this article to best integrate the OneNote brand within your product and satisfy OneNote branding requirements.

ダウンロード可能なロゴDownloadable logos

この記事に示すロゴとガイドラインの PDF コピーは、「OneNote API 開発者向けのブランドに関するガイドライン」のダウンロード ページからダウンロードできます。You can download the logos shown in this article and a PDF copy of these guidelines from our Branding guidelines for OneNote API developers download page.

ロゴのバリエーションLogo variations

アイコンと名称の一体化 (推奨)Icon and name lockup (preferred)

アイコン シンボルと名称は一体化されています。The icon symbol is locked with the name. これが、OneNote ロゴに推奨されるグラフィック表現です。This is the preferred graphic representation of the OneNote logo.

Logos that includes both the icon and the name.

アイコン シンボルIcon symbol

小型デバイスなどの特定の環境には、完全なロゴの一体化のために十分なスペースが用意できません。このような場合は、アプリやデジタル マーケティングにアイコン シンボルのみを使用してもかまいません。アプリで使用する際には、OneNote を表すアイコンまたはファビコンが必要なときにのみ、アイコン シンボルだけを単独で使用します。Certain environments, such as on small devices, don't provide enough room for the entire logo lockup. In those cases, the icon symbol alone may be used in an app or in digital marketing. When used in an app, use the icon symbol alone only when you need an icon or favicon to represent OneNote.

Logo that includes only the icon.  Versions with purple on white and reversed.

クリア スペースClear space

ロゴは丁寧に扱い、周囲に空きスペースを取ってください。最小クリア スペースは、ロゴの周囲にアイコン シンボルをちょうど配置できるスペースです。Treat the logo with respect and give it room to breathe. A minimum clear space equivalent to the height of the symbol must surround the logo.

シンボルの高さであるクリア psace を示すロゴ

最小サイズMinimum size

ロゴは、画面に表示する場合は最低 16 ピクセルの高さにします。また、印刷物に表示する場合は最低 5 mm (0.2 インチ) の高さにします。The logo should be at least 16 pixels high when it appears on-screen and at least 5 mm (0.2 inches) high when it appears in print.

Screen:  16 pixelsScreen:  16 pixels

印刷:  5 mm (0.2 インチ)Print:  5 mm (0.2 inches)

画面および印刷の最小サイズを示すロゴ

Color

OneNote ロゴを白色または明るい色の背景で使用する場合、推奨されるロゴの色はブランド カラー—紫色です。紫色の背景に表示する場合は、ロゴを白抜きにします。When the OneNote logo is used on white or light backgrounds, the preferred logo color is purple—its brand color. When it appears on a purple background, the logo should be knocked out to white.

画面:  R128 G57 B123 または Hex #80397BScreen:  R128 G57 B123 or Hex #80397B

印刷: C75 M100 Y0 K0Print:  C75 M100 Y0 K0

ロゴ shwoing の推奨ブランドカラーを白とブランドの色の背景と共に使用する

色の限られた環境や単色のデザインの場合は、ロゴを黒で表示することができます。ただし、ロゴを決して灰色では表示しないでください。 However, the logo should never appear in gray. In color-limited environments and one-color designs, the logo can appear in black. However, the logo should never appear in gray.

ロゴの注意事項Logo don’ts

ロゴまたはアイコンを色付きの背景に配置しないでください。Don’t place the logo or icon on a color background

色付きの背景に配置したロゴ


スケールや縦横比を変更しないでくださいDon’t change the scale or the proportions

歪んだアイコン


影付きでは使用しないでください。Don’t use a drop shadow

影付きのアイコン


色を変えないでください。ただし、黒色または白色を除きます (「配色」を参照)。Don’t change the color, except to black or white (see Color)

緑色のアイコン


ロゴまたはアイコンを回転させないでくださいDon’t rotate the logo or icon

回転したアイコン


ロゴ内の要素の配置を変えないでください。Don’t rearrange the logo elements

名称の上にあるアイコン


押し出しや傾斜などの効果を使用しないでください。Don’t use an effect such as extrude and bevel

特殊効果を付けたアイコン


新しいロゴやアイコンを作成しないでください。Don’t create a new logo or icon

カスタム アイコン

OneNote の名称についてReferencing the OneNote name

Full name:  Microsoft OneNoteFull name:  Microsoft OneNote

短い名前:  OneNoteShort name:  OneNote

さまざまなコンテキストで OneNote を指し示す方法の詳細について、次の表で説明します。See the following table for details about how to refer to OneNote in various contexts.

ContextContext 使用例Usage
アプリ名App names アプリ ストアで消費者が混乱しないように、アプリ名に OneNote を含めないようにすることをお勧めします。To avoid confusing consumers within the app stores, we prefer that OneNote not be included in the name of your app. OneNote をアプリ名で使用する場合、OneNote に前置詞を付ける必要があります (たとえば、for OneNotewith OneNote のようにします)。If it’s determined that OneNote must be used in the app name, OneNote must be modified by a preposition (for example, for OneNote or with OneNote).

例:  Proseware for OneNoteExample:  Proseware for OneNote

アプリの名前を OneNote から始めることはできません。Under no circumstances can the name of your app begin with OneNote.
発行者の名前Publisher names 発行者の名前に OneNote を含めてはなりません。発行者の名前が Microsoft の商標権を侵害するものであってはなりません。The publisher’s name may not include a reference to OneNote. The publisher’s name may not infringe upon any Microsoft trademarks.
OneNote との相互運用性を示す場合Indicating interoperability with OneNote Recommended:  Send to OneNoteRecommended:  Send to OneNote

許容範囲:  Share with OneNoteAcceptable:  Share with OneNote
他のアプリケーションと "共有する" ことを意味する場合、許容範囲となります。たとえば、Share with OneNote、Facebook、Twitter は許容範囲です。Acceptable when used in reference to "sharing" with other applications—for example, Share with OneNote, Facebook, or Twitter.)

禁止:  Save to OneNoteNever:  Save to OneNote
これは技術的には正しくありません。This is technically incorrect.
一般的なマーケティング (アプリの説明を含む)General marketing (including app descriptions) 最初の言及箇所では完全な名前 (onnvlong) を使用する必要があります。The first mention in a communication should use the full name: Microsoft OneNote.

それ以後の言及箇所では短い名前 (onnvshort) を使用することができます。Subsequent references in the communication can use the short name: OneNote.

Examples

アプリケーションApplications

モバイル アプリのロゴの良い例


広告Advertising

宣伝する場合のロゴの良い例


Web サイトWebsite

Web サイトのロゴの良い例


パッケージPackaging

パッケージングのロゴの良い例

パッケージ化されたロゴの適切な例のもう1つのビュー

ここで説明したガイドラインについて質問がある場合や、ここで説明したブランド資産を使用した新しい伝達文書を作成している場合は、@onenotedev までお問い合わせください。If you have any questions about these guidelines or are creating new communications using the brand assets shown here, contact us at @onenotedev.

関連項目See also