Outlook 個人用連絡先 API の概要Outlook personal contacts API overview

Outlook の連絡先を利用すると、個人用連絡先のデータを保存することができます。これは、Office 365 の Outlook メッセージング ハブの一部です。Outlook contacts lets you store personal contacts' data, and is part of the Outlook messaging hub in Office 365. Outlook により、メールの管理、会議のスケジュール管理、組織内のユーザーに関する情報の検索、オンライン会話の開始、ファイルの共有、およびグループでの共同作業をすることができます。Through Outlook, you can manage emails, schedule meetings, find information about users in an organization, initiate online conversations, share files, and collaborate in groups.

Outlook 個人用連絡先を統合する理由Why integrate with Outlook personal contacts?

何億人もの顧客を対象としたメッセージングと予定管理のシナリオを補完Complement messaging and calendaring scenarios for hundreds of millions of customers

Outlook は、何億人という消費者および何千万という組織ユーザーによりメール クライアントとして選ばれています。Hundreds of millions of consumers and tens of millions of organization customers choose Outlook as their email client. Outlook 内の連絡先データのための便利な統合保存場所をユーザーに提供する連絡先は、メッセージングおよび予定管理のための補助機能を提供します。Contacts provide a complementary function for messaging and calendaring by letting customers maintain a convenient, integrated store of contacts data within Outlook. 開発者にとっては、メール予定表の豊富な機能を利用することにより、ユーザーの連絡先データに関するシナリオをさらに充実させることができます。For developers, tapping into the rich functionality of mail or calendar means opening up richer scenarios with the user's contacts data.

連絡先の整理を自動化Automate contact organization

連絡先 API を利用することにより、顧客が Outlook により自分で情報を整理するのに伴って、顧客情報を常に整理された状態に維持することができます:The contacts API lets you keep your customers organized, in close parity as the customers do it themselves through Outlook:

  • 顧客エクスペリエンスに対するのと同じように、連絡先インスタンスを作成し、それを contactFolder オブジェクトに割り当てることができます。Similarly to the customer experience, you can create contact instances and assign them to contactFolder objects.
  • 連絡先 API を利用すると、カテゴリ連絡先と共に、イベント、メッセージ、タスク、およびグループ投稿を一貫した方法で割り当てられるので、組織力の強化と検出の向上ができます。The contacts API lets you assign categories contacts, as well as events, messages, tasks, and group posts in a consistent way to enhance organization and discovery. 加えて、カテゴリのユーザー マスター リストを定義することができ、それによりクリエイティブなシナリオがさらに豊富になります。In addition, you can define a user's master list of categories, which can open up additional creative scenarios.
  • フォローアップのためのフラグを連絡先に設定できます。You can set a flag on a contact for follow-up. (現時点で Microsoft Graph のフラグの機能はプレビュー段階です。)(Flagging is currently in preview in Microsoft Graph.)

連絡先情報を共有するShare contact information

連絡先 API を利用することにより、サインイン ユーザー、またはサインイン ユーザーと連絡先を共有または委任しているユーザーの連絡先項目を入手することができます。The contacts API lets you get contact items of the signed-in user, or of the users who have shared or delegated their contacts to the signed-in user. たとえば、Garth が連絡先フォルダーを John と共有している場合、または Garth がアクセスを John に委任している場合、John からのアクセス許可委任により Garth が共有に設定している予定表およびコンテンツにも読み取りアクセスが可能になります。For example, if Garth has shared a contact folder with John, or if Garth has delegated access to John, then delegated permissions from John would give you read access to Garth's shared calendar and contents as well.

Microsoft Graph の連絡先 API 利用であらゆる連絡先データをさらに有効利用Leverage people API in Microsoft Graph to make better use of all people data

Outlook 連絡先のための典型的な CRUD 操作を使用することにより、連絡先を作成したり管理したりすることができます。You can use the typical CRUD operations for an Outlook contact to create and manage contacts. Microsoft Graph の一部として、連絡先 API を使用することができます。それにより、ユーザーの Outlook 連絡先、ソーシャル ネットワーク、組織ディレクトリ、最近の通信での連絡先情報を調べることができ、ユーザーにとって最も関連性の高い情報源すべてから連絡先情報を得ることができます。As part of Microsoft Graph, you can also use the people API that looks at a user's Outlook contacts, as well as social networks, organization directory, and people from recent communication, and return information about people from all these sources that are most relevant to the user. 連絡先検出シナリオでは、インテリジェントなこの付加機能を活用してください。Take advantage of this additional intelligence in people picker scenarios.

Microsoft Graph でのその他の共有機能や便利機能の活用Take advantage of other shared features and conveniences in Microsoft Graph

  • 連絡先エンティティでは、Exchange Online や Azure Active Directory に保存されたユーザーの写真と同じ profilePhoto エンティティとして実装されている連絡先写真がサポートされています。The contact entity supports a contact photo which is implemented as the same profilePhoto entity as a user photo stored in Exchange Online or Azure Active Directory. これにより、連絡先とユーザー プロファイル写真の間で変換するというオーバーヘッドを回避できます。This eliminates the overhead in converting between contact and user profile photos.
  • 変更通知のサブスクリプションを取得し、連絡先および連絡先フォルダーに対する変更を追跡することにより、アプリのローカル ストアの同期を維持することができます。You can keep the app local store synchronized by subscribing to change notifications and tracking changes to contacts and contact folders.
  • 連絡先インスタンスのアプリ ストレージをオープン拡張として拡張したり、厳密に型指定されたカスタム データを連絡先スキーマにスキーマ拡張として追加したりすることができます。You can extend app storage in a contact instance as an open extension, or add strongly typed custom data to the contact schema as a schema extension.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?

次のステップNext steps