メッセージの作成、送信、処理の自動化Automate creating, sending, and processing messages

Microsoft Graph では、メールは message リソースで表されます。Emails are represented by the message resource in Microsoft Graph.

既定で、メッセージは id プロパティの一意のエントリ ID で識別されます。By default, messages are identified by a unique entry ID in the id property. ストア プロバイダーは、メッセージが最初に作成されて、下書きとして保存されるか送信されるときに、そのメッセージにエントリ ID を割り当てます。When a message is initially created and saved as a draft or sent, the store provider assigns the message an entry ID. 既定でこの ID は、メッセージを別のフォルダー、ストア、.PST ファイルにコピーしたり移動したりすると、変更されます。By default, that ID changes when the message is copied or moved to another folder, store, or .PST file. 今後の処理のために、メッセージは現在の ID で参照されます。You reference the message by its current ID for further processing.

メールの作成と送信Creating and sending mail

Outlook では、同じ sendMail アクションでメールを作成および送信できます。また、下書きを作成してからコンテンツを追加し、その下書きを送信することもできます。In Outlook, you can create and send an email in the same sendMail action, or you can create a draft, subsequently add content and send the draft.

同様に、メールに返信する場合も、同じアクションで返信を送信できます (返信全員に返信、または転送)。Similarly, when responding to an email, you can create and send the response in the same action (reply, reply-all, or forward). また、返信の下書きを作成 (返信全員に返信、または転送) してからコンテンツを追加し、その下書きを後で送信することもできます。Or, you can create a draft for the response (reply, reply-all, or forward), add content, and then send the draft at a later time.

下書きと送信済みメッセージをプログラムで区別するには、isDraft プロパティを確認します。To distinguish between a draft and a sent message programmatically, check the isDraft property.

既定では、下書きメッセージは Drafts フォルダーに保存され、送信済みメッセージは Sent Items フォルダーに保存されます。By default, draft messages are saved in the Drafts folder, sent messages are saved in the Sent Items folder. 利便性のため、Drafts フォルダーと SentItems フォルダーを、それぞれに対応するわかりやすいフォルダー名で指定することもできます。For convenience, you can identify the Drafts folder and SentItems folder by their corresponding well-known folder names.

from プロパティと sender プロパティの設定Setting the from and sender properties

メッセージの作成中、Outlook はたいてい from プロパティと sender プロパティを同じサインイン ユーザーに設定しています。When a message is being composed, in most cases, Outlook sets the from and sender properties to the same signed-in user. 次のシナリオでは、これらのプロパティを更新できます。You can update these properties in the following scenarios:

  • From プロパティは、Exchange 管理者がメールボックスの SendAs 権限を他のユーザーに割り当てた場合には変更が可能です。管理者は、Azure ポータルでメールボックス所有者の メールボックスのアクセス許可 を選択するか、Exchange 管理センターまたは Windows PowerShell Add-ADPermission コマンドレットを使用してこれを行えます。その後、プログラムを使用して、From プロパティを、対象メールボックスの SendAs 権限を持ついずれかのユーザーに自動的に設定できます。The from property can be changed if the Exchange administrator has assigned sendAs rights of the mailbox to some other users. The administrator can do this by selecting Mailbox Permissions of the mailbox owner in the Azure portal, or by using the Exchange Admin Center or a Windows PowerShell Add-ADPermission cmdlet. Then, you can programmatically set the from property to one of these users who have sendAs rights for that mailbox.
  • sender プロパティは、メールボックス所有者が 1 人以上のユーザーにそのメールボックスからメッセージを送信する権限を委任すると、変更できます。The sender property can be changed if the mailbox owner has delegated one or more users to be able to send messages from that mailbox. メールボックス所有者は、Outlook で委任できます。The mailbox owner can delegate in Outlook. 代理人がメールボックス所有者に代わってメッセージを送信する場合、Outlook は sender プロパティを代理人のアカウントに設定し、from プロパティはメールボックス所有者のままになります。When a delegate sends a message on behalf of the mailbox owner, Outlook sets the sender property to the delegate’s account, and the from property remains as the mailbox owner. プログラムを使用して、対象メールボックスの委任アクセス許可を取得したユーザーに sender プロパティを設定することができます。Programmatically, you can set the sender property to a user who has got delegate permissions for that mailbox.

MailTips を使用して受信者の状態を確認し、時間を節約する (プレビュー)Using MailTips to check recipient status and save time (preview)

MailTips を使用すると、メールを送信する前にスマートに意思決定できます。Use MailTips to make smart decisions before sending an email. MailTips を使用すると、受信者のメールボックスが特定の送信者のみに制限されているかどうかや、その受信者にメールを送信するには承認が必要かなどの情報を取得できます。MailTips can tell you information such as the recipient's mailbox is restricted to specific senders, or approval is required for emailing the recipient.

返される本文の形式を制御したメッセージの読み取りReading messages with control over the body format returned

ID を参照してメールボックス内のメッセージを読み取ることができます。You can read a message in a mailbox by referencing its ID:

GET /me/messages/AAMkADhMGAAA=

または、特定のフォルダー内のメッセージを取得することができます。 たとえば、サインインしたユーザーの下書きフォルダーにあるメッセージを読み取るには、以下を行います。For example, to read messages in the signed-in user's Drafts folder:

GET /me/mailfolders('Drafts')

Outlook メッセージの本文には、HTML 形式かテキスト形式を使用できます。GET 応答で返される既定のメッセージ本文の種類は HTML 形式です。The body of an Outlook message can be either HTML or text, with HTML as the default message body type returned in a GET response.

メッセージを取得する際に、次の要求ヘッダーで、body プロパティと uniqueBody プロパティがテキスト形式で返されるように指定できます。When getting a message, you can specify the following request header to return the body and uniqueBody properties in text format:

Prefer: outlook.body-content-type="text"

HTML 形式でメッセージ本文を取得するには、次のヘッダーを指定するか、単にこのヘッダーをスキップします。You can specify the following header, or, just skip the header, to get the message body in HTML format:

Prefer: outlook.body-content-type="html"

いずれかのヘッダーを指定した場合、成功応答には対応する Preference-Applied ヘッダーが含まれます。When you specify either header, a successful response would include the corresponding Preference-Applied header:

  • テキスト形式要求の場合: Preference-Applied: outlook.body-content-type="text"For text format requests: Preference-Applied: outlook.body-content-type="text"
  • HTML 形式要求の場合: Preference-Applied: outlook.body-content-type="html"For HTML format requests: Preference-Applied: outlook.body-content-type="html"

本文が HTML の場合、既定では、Outlook は body プロパティに埋め込まれている安全でない可能性のある HTML (JavaScript など) を削除してから、本文の内容を REST 応答で返します。If the body is HTML, by default, Outlook removes any potentially unsafe HTML (for example, JavaScript) embedded in the body property before returning the body content in a REST response.

元の HTML コンテンツ全体を取得するには、次の HTTP 要求ヘッダーを含めます。To get the entire, original HTML content, include the following HTTP request header:

Prefer: outlook.allow-unsafe-html

@ ソーシャル ジェスチャとの統合 (プレビュー)Integrating with '@' social gesture (preview)

@ メンションとは、それらがメッセージに含まれている場合にユーザーに警告する通知のことです。@-mentions are notifications to alert users if they are mentioned in messages. mention リソースを使用すると、メールに含まれる一般的なオンライン ソーシャル ジェスチャである @ プレフィックスを、アプリで設定および取得できます。The mention resource enables apps to set and get the common online social gesture, the '@' prefix, in emails. 次の操作を実行できます。You can:

その他の共有機能Other shared capabilities

Microsoft Graph エンティティ間で共有されている次の一般的な機能を活用します。Take advantage of the following common capabilities that are shared among Microsoft Graph entities:

次の手順Next steps

詳細情報:Find out more about: