Outlook メッセージを整理するOrganize Outlook messages

Outlook を利用することによりユーザーは、自分の好みの方法でメッセージを整理できます。同じ受信トレイ フォルダーに全メッセージを入れたままにしたり、受信トレイの下に各自の必要に合うようなフォルダーのツリー構造を作成してその中にメッセージを分類保存したりできます。Outlook lets customers organize their messages the way they like it, be it leaving all messages in the same Inbox folder, or organizing messages in a tree-like folder structure under the Inbox to fit their specific needs. ユーザーのメールボックス全体または特定のフォルダー内のメッセージに対してフィルター処理、検索、またはソートを便利に実行することができます。You can conveniently filter, search, or sort messages in the user's entire mailbox or in specific folders.

メール フォルダーへのアクセスAccessing mail folders

プログラム的には、メッセージ フォルダーは mailFolder リソースによって表されており、受信トレイはフォルダー構造のルートにあるフォルダーの 1 つに含まれています。Programmatically, message folders are represented by the mailFolder resource, and the Inbox is one of the folders at the root of the folder structure.

mailFolder は、そのフォルダー ID によって識別され、書き込み可能な displayName プロパティがあります。Each mailFolder is identified by its folder ID, and has a writable displayName property. 既定では、それ以外にいくつかのフォルダーが、Outlook によりユーザーのために作成されます。Outlook creates a few other folders for customers by default. それらの既定フォルダーは、フォルダー ID により参照するか、または既知の名前によって参照できます。You can reference these default folders by their folder IDs, or by their well-known names. 使用可能な既知のフォルダー名の一覧については、「mailFolder リソースの種類」を参照してください。For a list of available well-known folder names, see mailFolder resource type.

既定以外のカスタム フォルダーの場合、そのフォルダー パスがわかっている場合は、まず /users/{id}/mailfolders ショートカットを使用してルート レベルを取得したり最上位レベルのすべてのフォルダーを取得したりして、フォルダーにアクセスできます:For a custom, non-default folder, if you know its folder path, you can access the folder by first using the /users/{id}/mailfolders shortcut to get to the root level and get all the top level folders:

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/users/{id}/mailFolders

その後、フォルダー ツリーの各レベルに移動する際に、該当するフォルダー ID ({folder_id}) を指定します:Then, specify the appropriate folder ID ({folder_id}) as you navigate each level of the folder tree:

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/users/{id}/mailFolders/{folder_id}/childfolders

最終的にツリー内のカスタム フォルダーに達するまで繰り返します。Repeat until you finally get to the custom folder in the tree.

フォルダー ツリーの作成と整理Creating and organizing the folder tree

受信トレイの下にメール フォルダーを作成したり、他のフォルダーの子フォルダーとして作成したりすることができます。You can create mail folders under the Inbox, or as child folders of other folders. フォルダーとその内容を作成、コピー、または移動する際、Outlook は、関係するフォルダーの読み取り専用の parentFolderId および childFolderCount のプロパティを更新します。When you create, copy, or move a folder and its contents, Outlook updates the read-only parentFolderId and childFolderCount properties of the involved folders. フォルダーの内容が別のフォルダーにコピーされたり移動したりする際には、既定ではその内容である個々のエントリ ID も変化します。When the contents of a folder are copied or moved to another folder, by default, the individual entry IDs of the contents also change.

内容のレベルで、totalItemCount および unreadItemCount は、メール フォルダー内のアイテム数と未読アイテム数をそれぞれ示します。At the contents level, totalItemCount and unreadItemCount respectively tell you the number of items and number of unread items in a mail folder. 子フォルダーのレベルでは、受信トレイまたは他のフォルダーの下の子フォルダーのリストを取得することができます。At the child folders level, you can list the child folders under the Inbox or any other folder. childFolderCount プロパティは、直下の子フォルダーの数を表します。The childFolderCount property represents the number of immediate child folders.

Outlook メール フォルダーには、メッセージと共に、イベントや連絡先などのメッセージ以外のアイテムも含めることができることに注意してください。Be aware that Outlook mail folders can contain messages and non-message items such as events and contacts. 一般に Outlook フォルダーでは、異なるアイテムが混在可能です。In general, Outlook folders can contain heterogeneous items.

メッセージのコピーまたは移動を自動化するためのルールの使用Using rules to automate copying or moving messages

Outlook を使用することによりユーザーは、事前に決められた条件が満たされた時点で、受信メッセージに対して特定のアクションを自動化するためのルールを設定できます。Outlook lets customers set up rules to automate specific actions on incoming messages when some pre-determined conditions are met. 特定の条件が満たされた場合に、メッセージを特定のフォルダーにコピーまたは移動するには、messageRule として受信トレイのルールを作成することができます。You can create a rule for the Inbox as a messageRule to copy or move a message to a specific folder upon certain conditions. 条件は、messageRulePredicates です。Conditions are messageRulePredicates. それには、特定のテキストが含まれるメッセージの件名または本文、特定のメール アドレスから送信されたメッセージ、重要マークが付けられたメッセージなどがあります。They can include the message subject or body containing certain text,the message sent from certain email addresses, or the message marked important, and so on.

気になるメッセージだけを優先受信トレイに入れるDirecting only the messages you care for to the Focused Inbox

優先受信トレイを使用すると、ユーザーは、[優先] タブで指定する送信元からの受信メッセージのみを表示し、[その他] タブで指定するものを残りのメッセージとするように Outlook に指示することができます。最初、Outlook の分類システムでは、既定の方法で受信トレイのメッセージが整理されます。Focused Inbox lets customers train Outlook to show only the incoming messages from senders you care for in the Focused tab, and the rest in the Other tab. Initially, Outlook's classification system organizes Inbox messages in a default way. 時間が経過するにつれて、ユーザー インターフェイスまたはプログラムを介して、システムを修正し、学習させることができます。Over time, you can correct and train the system through the user interface or programmatically. 優先受信トレイを使用すればするほど、どの受信メッセージを [優先] タブに表示することが望ましいかに関する分類システムの推論が向上していきます。The more you use the Focused Inbox, the better the classification system can infer which incoming message you want to see in the Focused tab.

プログラムにより、メッセージinferenceClassification プロパティを更新して、メッセージを [優先] タブに入れるのか、それとも [その他] タブに入れるのかを指示できます。これは、特定のメッセージのための 1 回限りの指定です。Programmatically, you can update the inferenceClassification property of a message to indicate whether you want to see the message in the Focused or Other tab. This is a one-off designation for a specific message. 一方、特定の送信元からのメッセージが常に [優先] タブまたは [その他] タブに表示されるようにするには、Outlook 用の命令を設定することができます。If, on the other hand, you want to see messages from a specific sender always in the Focused tab or Other tab, you can set an instruction for Outlook. 各命令は、送信元の名前、およびその送信元からのメッセージの保存先を常に focused または other として指定する inferenceClassificationOverride インスタンスです。Each instruction is an inferenceClassificationOverride instance specifying the sender's name and your designation for messages from that sender to be always focused or other. ユーザーの優先受信トレイのための各ユーザーの命令は、user オブジェクトの inferenceClassificationOverride インスタンスのコレクションとして保存されます。Each user's instructions for the user's Focused Inbox are stored as a collection of inferenceClassificationOverride instances on the user object.

アプリの中でメッセージとメール フォルダーを最新の状態に保つKeeping messages and mail folders up to date in apps

しばしばアプリでは、アプリのローカル ストアの中でユーザーのメール データを同期し、最新の状態に保つことが必要です。Apps often have to synchronize and keep a user's mail data up-to-date in the app local store. Microsoft Graph を利用すれば、変更通知をサブスクライブでき、データが変化した場合に通知を受け取り、変更発生後なるべく早い時点で実際の変更内容についてクエリを実行することができます。Microsoft Graph lets you subscribe to change notifications to get notified when data changes, and query for actual changes as soon as they happen.

通知は webhooks により非同期に配信されるため、頻繁にポーリングするオーバーヘッドを回避できます。Notifications are delivered via webhooks asynchronously when the changes happen, saving apps the overhead to poll frequently. ユーザーのメール データに対する追加、更新、または削除に関する変更通知をサブスクライブすることができます。You can subscribe to change notifications about additions, updates, or deletions to a user's mail data. たとえば、特定のフォルダー (/me/mailFolders('{folderId'}')) のメッセージ、またはルート レベル (/me/messages) のメッセージのサブスクリプションを作成できます。For example, you can create a subscription to messages in a specific folder (i.e., /me/mailFolders('{folderId'}')), or at the root level (i.e., /me/messages). サブスクリプションでは、notificationUrl を指定します。これは、要求された種類の変更が発生した場合に、Microsoft Graph からアプリに通知される通知先となるものです。The subscription specifies a notificationUrl where Microsoft Graph notifies the app when the requested types of changes happen.

ユーザーのメールボックスの初期同期を実行するには、まず メール フォルダーの差分クエリをルート レベルで実行することにより、すべてのメール フォルダーを同期し、次いで各フォルダー内のメッセージについての差分クエリを実行して、個々のメッセージを同期します。To initially synchronize a user's mailbox, first do delta query for mail folders starting at the root level to synchronize all mail folders, followed by delta query for messages in each folder to synchronize individual messages.

通知ごとにリソース全体を読むことなく、変更のあったエンティティを正確に検出するには、差分クエリを使用して、自分にとって気になる変更を追跡し、それらの変更内容によりローカル ストアを同期することができます。To find the exact entities that have been changed without reading the entire resource with every notification, you can use delta query to track those changes that matter to you, and synchronize your local store with those changes. 特定のフォルダー内のメッセージへの変更内容を追跡することができます。You can track changes to messages in a specific folder. また、ルート レベル (/me/mailfolders) にあるメール フォルダーに対する変更内容を追跡することもできます。You can also track changes to mail folders at the root level (i.e., /me/mailfolders).

次の手順Next steps

詳細情報:Find out more about: