Microsoft Graph SDK

Microsoft Graph SDK は、Microsoft Graph にアクセスする高品質で効率的で復元力のあるアプリケーションの構築を簡素化するように設計されています。 SDK には、サービス ライブラリとコア ライブラリの 2 つのコンポーネントが含まれています。

サービス ライブラリには、Microsoft Graph メタデータから生成されたモデルとリクエスト ビルダーが含まれており、Microsoft Graph で利用可能な多くのデータ セットを操作するときに、豊富で厳密に型指定された、検出可能なエクスペリエンスを提供します。

コアライブラリは、すべての Microsoft Graph サービスとの連携を強化する一連の機能を提供します。 再試行処理、安全なリダイレクト、透過的な認証、およびペイロード圧縮の組み込みサポートにより、アプリケーションと Microsoft Graph との対話の品質が向上し、複雑さが増すことなく、完全に制御できます。 コア ライブラリは、コレクションのページングやバッチ リクエストの作成などの一般的なタスクのサポートも提供します。

サポートされるプラットフォーム

SDKは現在、次の言語とプラットフォームで利用できます。

Microsoft 365 開発者 サブスクリプション

Microsoft Graph を使用してアプリケーションを構築する場合は、Microsoft 365 開発者プログラムにサインアップして、無料の Microsoft 365 開発者 サブスクリプションを取得することをお勧めします。

関連項目

SDK 設計要件ドキュメントには、SDK の機能に関する詳細が記載されています。 開発者プラットフォームのアイデア フォーラムで追加機能を要求Microsoft 365投票します。 Microsoft Graph の SDK とサンプルのリストについては、Microsoft Graph のリソース ページを参照してください。