Microsoft Graph の Microsoft Search API の概要

Microsoft Search は、組織に生産性の向上および関連性の高い検索結果を提供するエンタープライズ検索エンジンです。 組織の集合知と生産性を活用して、関連コンテンツを表面化することで、エンド ユーザーは最新の状態に維持されます。 Microsoft Search は、Office、SharePoint、Delve、Windows、Bing などのさまざまなエクスペリエンスで使用できます。 Microsoft Graph の Microsoft Search API を使用すると、Microsoft Search をアプリに拡張できます。

Microsoft Search API を使用する理由

Microsoft クラウド データに対応する 1 つの統合検索エンドポイント

Microsoft Search API は、Microsoft Search によって既にインデックスが作成されている Microsoft クラウド上のデータ —Outlook メールボックスのメッセージとイベント、OneDrive および SharePoint 上のファイルなど— をクエリする際に使用できる、1 つに統合されたエンドポイントを提供します。

検索エクスペリエンスにカスタムの外部データを含める

Microsoft Graph コネクタを使用して、Microsoft クラウドの外部にあるデータを検索エクスペリエンスに含めます。たとえば、組織の人事データベースや製品カタログに接続します。Microsoft Search API を使用してシームレスに外部データソースをクエリできるようになります。

Microsoft Graph コネクタ ギャラリーを閲覧して、すぐに使用できるコネクタを見つけてください。 独自のコネクタを作成する方法もあり、外部のカスタム アイテムのインデックスを作成して、特定の外部データ ソースに対してクエリを実行できます。

一貫性のある最新状態の検索エクスペリエンス

Microsoft Search API を使用することで、お客様の顧客は、Microsoft Graph により提供されるよりパーソナライズされた関連性の高い検索結果を得られるようになります。 アプリの検索エクスペリエンスで返される検索結果は、Office アプリケーションでの検索と一致します。

Microsoft Search API を使用して追加またはアクセスできるのは、どのようなデータですか?

Microsoft Search API では、Microsoft クラウド上の次のコンテンツの検索がサポートされています。

API リファレンス

このサービスの API リファレンスをお探しですか?

次のステップ