Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンスの概要Overview of people and workplace intelligence in Microsoft Graph

Microsoft Graph では、Microsoft 365 のクラウド サービスを使用する何千万人ものユーザーが中核的な役割を果たします。The hundreds of millions of users of Microsoft 365 cloud services form part of the core of Microsoft Graph. ユーザーのデータは、慎重に管理、保護されており、適切な権限があれば、Microsoft Graph サービスでビジネスの生産性や創造性を促進するために利用できます。The users' data is carefully managed, protected, and with proper authorization, made available by Microsoft Graph services to drive productivity and creativity in businesses. ユーザーのデータは Microsoft Graph のあらゆる部分に存在しますが、ユーザーの社会的な交流から得られたデータは特に興味深いものがあります。As ubiquitous the user's data is in Microsoft Graph, data derived from the user's social interactions is particularly interesting. たとえば、次のような質問への答えを導く知的なインサイトを得ることができます。It provides intelligent insights that can answer questions such as the following:

  • 「このユーザーはこのトピックの情報を誰に問い合わせればよいか?」"Who should this user contact for information on this topic?"
  • 「このユーザーにとって最も関心があるドキュメントはどれか?」"Which documents are most interesting to this person?"

Microsoft Graph では、People API と Insights API を使用してユーザーに関連する人物とドキュメントにアクセスできる、よりスマートなアプリを構築できます。You can use the people API and insights API in Microsoft Graph to build smarter apps that can, respectively, access the relevant people and documents for a user.

People API は、人物をユーザーとの関連性が高い順に返します。これらの人物は、そのユーザーの連絡先、ソーシャル ネットワーク、組織の人名簿、およびメールや Skype で行われた最近のコミュニケーションに基づいて収集されます。The people API returns people ordered by relevance to a user, based on that user's contacts, social networks, organization directory, and recent communications on email and Skype. これは、人物を選択するシナリオで特に有用です。This is particularly useful for people-picking scenarios.

Insights API は、高度な分析と機械学習を使用して、ユーザーが 1 日の作業時間を通して必要とする最も関連性の高いファイルを提供します。The insights API uses advanced analytics and machine learning to provide the most relevant files users need throughout their work day. この API により、Office Delve、SharePoint ホーム、OneDrive for Business の [Discover] ビュー、Outlook on the web などの使い慣れた Office 365 のエクスペリエンスが強化されます。The API powers familiar Office 365 experiences, including Office Delve, SharePoint Home, the Discover view in OneDrive for Business, and Outlook on the web.

People API と Insights API は、あるユーザーに関連する人物とドキュメントを返します

人物のデータと統合する理由Why integrate with people data?

People API は、1 つのエンティティ (person) のデータを返します。このエンティティには、今日のビジネスの世界における個人の一般的なデータが含まれています。The people API returns data of a single entity, person, which includes typical data of an individual in today's business world. Microsoft Graph ユーザーにとって、この person データを特に便利なものにしているのが、その_関連性_です。What makes this person data especially useful is its relevance with respect to a Microsoft Graph user. 関連性は、ユーザーのコミュニケーションやコラボレーションのパターン、およびビジネス リレーションシップに基づいて計算される各人物の関連性スコアで示されます。Relevance is noted in a relevance score of each person, calculated based on the user's communication and collaboration patterns and business relationships. この_関連性_データの用途には 3 つのタイプがあります。There are 3 main types of application of this relevance data.

関連性による人物の参照Browse people by relevance

適切な権限を取得すると、サインインしているユーザー、またはサインインしているユーザーの組織内の他のユーザーに関連する人物を参照できます。You can browse people who are related to the signed-in user or to some other user in the signed-in user's organization, provided you have got the appropriate authorization. ユーザーは、関連性の順に並べられた person オブジェクトのコレクションを取得します。You get a collection of person objects that are ordered by relevance. 応答で返された person オブジェクトのコレクションは、クエリ パラメーター topskiporderbyselect、および filter を指定することでさらにカスタマイズできます。You can further customize the collection of person objects that is returned in the response by specifying the query parameters top, skip, orderby, select, and filter.

人物の抽出条件に基づくあいまい検索Fuzzy searches based on people criteria

アプリがサインインしているユーザーによるアクセス許可を取得している場合は、People API でそのユーザーに関連する人物を検索できます The people API lets you search for people relevant to the signed-in user, provided that your app has got permissions by that user. (詳細については、「People のアクセス許可」を参照してください)。(Read more on people permissions.)

あいまい検索により、完全に一致する項目と、検索目的の推論に基づく結果が返されます。Fuzzy searches return results based on an exact match and also on inferences about the intent of the search. これを具体的に示す次の例では、サインインしているユーザーに関連し、名前_またはメール アドレス_に「j」で始まる単語が含まれている person オブジェクトが返されます。To illustrate this, the following example returns person objects relevant to the signed-in user whose name, or email address, contains a word that starts with 'j'.

GET /me/people/?$search=j

トピックの抽出条件に基づくあいまい検索Fuzzy searches based on topic criteria

People API では、サインインしているユーザーに関連し、そのユーザーと特定の「トピック」についてやり取りしたいと言っている人物を検索することもできます。The people API also lets you perform searches for people who are relevant to the signed-in user, and have expressed an interest in communicating with that user over certain "topics". トピックとは、ユーザーが電子メールの会話で最もよく使用している単語のことです。Topics are just words that have been used most by users in email conversations. Microsoft はそのような単語を抽出し、コンテキストを取り除き、そのデータのインデックスを作成してあいまい検索を容易にします。Microsoft extracts such words, free of their contexts, and creates an index for this data to facilitate fuzzy searches.

次の例は、「カブトムシ」というトピックの検索目的の推論を示しています。The following example illustrates inferences about the intent of a search on the topic "beetle":

GET /me/people/?$search="topic:beetle" 

トピック データのインデックスのあいまい検索により、昆虫のカブトムシ、フォルクス ワーゲンの象徴的な車であるビートル、バンドのビートルズ、およびその他の定義のインスタンスが返されます。A fuzzy search in the topic data index return instances that mean the beetle insect, the iconic Volkswagen Beetle car, the Beatles band, and other definitions.

ドキュメントベースのインサイトと統合する理由Why integrate with document-based insights (preview)?

インテリジェンスを使用したコラボレーションの改善Use intelligence to improve collaboration

ユーザーは多くの場合、通常の 1 日の作業時間中に、多くのドキュメントに保存されている大量の情報を操作し、さまざまな方法で他のユーザーと共同作業を行います。During a typical work day, users often interact with large amounts of information stored across many documents and collaborate with other users in many different ways. 必要な情報が必要なときに常に見つかることが重要です。It's important that they can always can find what they need, when they need it.

trendingshared、および used API を含む Insights API を使用して、ユーザーの現在のコンテキストとニーズに基づいて Office 365 全体からファイルを抽出することにより、ユーザーの生産性が向上し、組織内のコラボレーションが改善されます。You can use the insights API, which includes the trending, shared, and used APIs, to surface files from across Office 365 based on your users' current context and needs, making users more productive and improving collaboration in your organization.

アプリでは、Insights API の結果を簡単にレンダリングできます。It is easy to render the results from the insights API in your app. すべての結果には、プレビュー イメージの URL やプレビュー テキストなどの一般的な視覚化プロパティのセットが付属しています。Every result comes with a set of common visualization properties, like a preview image URL or preview text.

関連するコンテンツの視覚化Make relevant content visible

Office 365 の Delve では、trending のインサイトを使用して、ユーザーが現在最も興味を持っているドキュメントを見つけることができます。In Office 365, Delve uses the trending insight to help users discover the documents that are most interesting to them right now. 図 1 を参照してください。See figure 1.

プログラムの中で Insights API の trending エンティティを使用すると、アプリの顧客に同じようなエクスペリエンスを提供できます。Programmatically, you can use the trending entity in the insights API to provide your app customers a similar experience. trending エンティティを使用して、ユーザーが最近話題にしているドキュメントやユーザーに関連するドキュメントに接続します。Use the trending entity to connect to documents that are trending around and relevant to the user. 人気上昇中のドキュメントの一覧表示では、OneDrive または SharePoint のチーム サイトに保存されているファイルが、関連性の最も高いものから順に並べ替えて返されます。Listing trending documents returns those files stored on OneDrive or SharePoint team sites, sorted by relevance with the most important ones first.

図 1 あるユーザーに人気のあるドキュメントが表示されている Office 365 の DelveFigure 1. Delve in Office 365 showing popular documents for a user

あるユーザーに人気のあるドキュメントが表示されている Office 365 の Delve のスクリーンショット

ユーザーが共同作業の後で作業に戻れるようにするAllow users to collaborate and get back to work

新しい Office 365 の人物カードは、used および shared のインサイトを利用して人物と知識単位を結びます。The new Office 365 people cards tap into the used and shared insights to connect the dots between people and units of knowledge. 人物カードは、あるユーザーに関連するドキュメントを識別し、表示します。The people card identifies and displays relevant documents about a person. ユーザーは、Outlook on the web など、スイート全体で人物カードを表示できます。Users can see people cards across the suite, for example, in Outlook on the web. 図 2 を参照してください。See figure 2.

Insights API は、used および shared エンティティと同様の機能を提供します。The insights API provides a similar functionality with the used and shared entities. Office 365 で、あるユーザーが最近表示または操作したもの、または同僚が最近そのユーザーと共有したものが返されます。They return what a user has been viewing or working on most recently, or what colleagues have shared with the user most recently in Office 365.

図 2 あるユーザーの人物カードが表示されている Outlook on the webFigure 2. Outlook on the web showing a people card for a user

最近使用したファイルが表示されている、Outlook on the web のあるユーザーの人物カードのスクリーン ショット

MyAnalytics (プレビュー) と統合する理由Why integrate with MyAnalytics (preview)?

Myanalyticsは、人々がどのように時間を費やし、誰と過ごすかについての分析情報を提供します。MyAnalytics provides insight into how people spend their time and who they spend it with. このデータは、人々が 1 日を計画し、さまざまな仕事のパターンを理解し、仕事と生活のバランスを取るのに役立ちます。This data can help people plan their day, gain insights into their different work patterns, and help them balance work and life.

Analytics API を使用すると、ユーザー分析データをカスタムのサード パーティ アプリと同期または統合して、ユーザーの生産性と共同作業の向上に役立つさまざまなシナリオをサポートすることができます。The analytics API enables you to synchronize or integrate user analytics data with a custom, third-party app to support a wide range of scenarios that can help improve user productivity and collaboration. たとえば、MyAnalytics データをモバイル デバイス アクティビティと統合して、ユーザーがすべての仕事とソーシャル アクティビティを追跡し、1 つのアプリ内で 1 日のすべてを計画できるようにすることができます。For example, you could integrate MyAnalytics data with mobile device activities to help users keep track of all their work and social activities and plan their day all within one app.

プロファイル API (プレビュー) との統合の理由Why integrate with the profile API (preview)?

プロファイル API は、次世代のモデリングであり、そして Microsoft 365 サービスのユーザーを表しています。The profile API represents the next generation in modeling and representing people in Microsoft 365 services. ユーザーデータと共にプロファイルデータを使用して、Microsoft Graph に基づいてカスタマイズした操作を作成できます。Profile data can be used together with people data to build customized experiences based on Microsoft Graph.

API リファレンスAPI reference

これらのサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for these services?

次の手順Next steps

  • Graph エクスプローラーを使用して、自分のファイルで People、Insights、Analytics API を試してみてください。Use the Graph Explorer to try out the people, insights, and analytics APIs with your own files. サインインして、左側の列の [サンプルをさらに表示] を選択します。Sign in, and choose Show more samples in the column on the left. メニューを使用して PeopleInsightsAnalytics を有効にします。Use the menu to turn on People, Insights (beta), and Analytics.
  • 詳細については、People API および person エンティティを参照してください。Find more about the people API and the person entity.
  • Insights API を使い始めるには、「Office Graph の洞察」を参照してください。To get started with insights API, see Use the insights API.
  • Analytics API の詳細については、こちらを参照してください。Find more about the analytics API.
  • プロファイル API の詳細について参照してください。Find more about the profile API.