SharePoint プロバイダーSharePoint provider

Sharepoint web パーツ内の SharePoint プロバイダーを使用して、Microsoft Graph access でコンポーネントの電源を入れます。Use the SharePoint provider inside your SharePoint web parts to power the components with Microsoft Graph access.

詳細については、「 Providers」を参照してください。To learn more, see Providers.

概要Get started

Web パーツのメソッド内でプロバイダーを初期化 onInit() します。Initialize the provider inside the onInit() method of your web part.


// import the providers at the top of the page
import {Providers, SharePointProvider} from '@microsoft/mgt';

// add the onInit() method if not already there in your web part class
protected async onInit() {
    Providers.globalProvider = new SharePointProvider(this.context);
}

これで、メソッドにコンポーネントを追加 render() し、SharePoint コンテキストを使用して Microsoft Graph にアクセスすることができます。Now you can add any component in your render() method and it will use the SharePoint context to access Microsoft Graph.


public render(): void {
    this.domElement.innerHTML = `
      <mgt-agenda></mgt-agenda>
      `;
  }

注: Microsoft Graph ツールキットには、Typescript 3 .x が必要です。Note: The Microsoft Graph Toolkit requires Typescript 3.x. 適切なコンパイラをインストールして、サポートされているバージョンの Typescript を使用していることを確認してください。Make sure you're using a supported version of Typescript by installing the right compiler.

サンプルSample

SharePoint web パーツのさまざまなコンポーネントの使用方法を示す例については、Microsoft Graph Toolkit リポジトリの sharepoint webpart サンプル を参照してください。For an example that shows you how to use the various components in your SharePoint web parts, see the SharePoint webpart sample in the Microsoft Graph Toolkit repository.

ワークベンチでテストするTest in the workbench

SharePoint web パーツの使用を開始しているばかりの場合は、「 最初の web パーツ のガイダンスを構築する」を参照してください。If you're just getting started with SharePoint web parts, you can follow the Build your first web part guidance.

Web パーツを作成した後、コンポーネントを使用する準備ができたら、web パーツが Microsoft Graph にアクセスするための適切なアクセス許可を持っていることを確認する必要があります。After you've created a web part, and you're ready to use the components, you will need to make sure that your web part has the right permissions to access Microsoft Graph. 詳細については、「 SharePoint Framework で Microsoft Graph を使用する」を参照してください。For details, see Consume Microsoft Graph in the SharePoint Framework.

簡単に言えば、に適切なアクセス許可を追加することが重要です package-solution.jsonIn short, it's important to add the right permission to your package-solution.json. Web パーツのパッケージを SharePoint にアップロードし、管理者が要求されたアクセス許可を承認する必要があります。You will need to upload a package of your web part to SharePoint and have an administrator approve the requested permissions.

ヒント: 追加するアクセス許可がわからない場合は、各コンポーネントのドキュメントに必要なすべてのアクセス許可が含まれています。Tip: if you're not sure what permissions to add, the documentation for each component includes all the permissions it needs.

Polyfills.tsPolyfills

SPFx web パーツで IE11 をサポートすることを計画している場合は、polyfills.ts を使用する必要があります。If you plan to support IE11 in your SPFx webparts, you must use polyfills.

詳細については、「 Microsoft Graph Toolkit の概要」を参照してください。To learn more, see Getting started with Microsoft Graph Toolkit.