Microsoft Graph を使って UWP アプリを構築する

このチュートリアルでは、Microsoft Graph API を使用してユーザーの予定表情報を取得する、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリを構築する方法について説明します。This tutorial teaches you how to build a Universal Windows Platform (UWP) app that uses the Microsoft Graph API to retrieve calendar information for a user.

ヒント

完成したチュートリアルをダウンロードするだけで済む場合は、 GitHub リポジトリをダウンロードするか、クローンを作成できます。If you prefer to just download the completed tutorial, you can download or clone the GitHub repository.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、開発モードがオンになっている Windows 10 を実行しているコンピューターにVisual Studioをインストールしておく必要があります。Before you start this tutorial, you should have Visual Studio installed on a computer running Windows 10 with Developer mode turned on. Visual Studio を持っていない場合は、「ダウンロードオプション」の前のリンクにアクセスしてください。If you do not have Visual Studio, visit the previous link for download options.

また、Outlook.com 上のメールボックスを持つ個人の Microsoft アカウント、または Microsoft 職場または学校のアカウントを所有している必要があります。You should also have either a personal Microsoft account with a mailbox on Outlook.com, or a Microsoft work or school account. Microsoft アカウントを持っていない場合は、無料のアカウントを取得するためのオプションがいくつかあります。If you don't have a Microsoft account, there are a couple of options to get a free account:

注意

このチュートリアルは、Visual Studio 2019 version 16.5.0 を使用して作成されています。This tutorial was written with Visual Studio 2019 version 16.5.0. このガイドの手順は、他のバージョンでは動作しますが、テストされていません。The steps in this guide may work with other versions, but that has not been tested.

チュートリアルを見るWatch the tutorial

このモジュールは、Office 開発 YouTube チャネルで記録されており、利用できます。This module has been recorded and is available in the Office Development YouTube channel.


フィードバックFeedback

このチュートリアルに関するフィードバックは、 GitHub リポジトリに記入してください。Please provide any feedback on this tutorial in the GitHub repository.