ユニバーサル印刷のクラウド印刷 API の概要Universal Print cloud printing API overview

ユニバーサル印刷は、組織が Microsoft のクラウドサービスを使用して印刷インフラストラクチャを管理するために使用できる最新の印刷ソリューションです。Universal Print is a modern print solution that organizations can use to manage their print infrastructure through cloud services from Microsoft.

ユニバーサル印刷 Azure のポータル ホーム ページのスクリーンショット

ユニバーサル印刷を使用する理由Why use Universal Print?

ユニバーサル印刷は、Windows Server の主要な印刷機能を Microsoft 365 クラウドに移行します。このため、組織はオンプレミスの印刷サーバーが不要になり、デバイスにプリンター ドライバーをインストールする必要がなくなります。Universal Print moves key Windows Server print functionality to the Microsoft 365 cloud, so organizations no longer need on-premises print servers and do not need to install printer drivers on devices. さらに、ユニバーサル印刷では、プリンター アクセス用のセキュリティ グループ、場所ベースのプリンター検出、豊富な管理者エクスペリエンスなどの主要な機能が追加されています。In addition, Universal Print adds key functionality like security groups for printer access, location-based printer discovery, and a rich administrator experience.

ユニバーサル印刷を導入している組織と独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) は、Microsoft Graph のユニバーサル印刷 API を使用して、新しいシナリオをサポートするアプリケーションを構築および拡張できます。As organizations adopt Universal Print, organizations and independent software vendors (ISVs) can use the Universal Print API in Microsoft Graph to build and extend applications to support new scenarios.

印刷インフラストラクチャをクラウドに移行することで、Web およびモバイル アプリから直接ドキュメントを印刷できます。Moving print infrastructure to the cloud enables printing documents directly from web and mobile applications.

ユニバーサル印刷 API を利用するには:To get started with the Universal Print API:

  1. 印刷ジョブを作成し、作成されたドキュメント ID を保存します。Create a print job and store the resulting document ID.
  2. ドキュメントにドキュメント データをアップロードします。Upload document data to the document.
  3. 印刷ジョブを開始しますStart the print job.

プリンターを管理するManage printers

組織のプリンター、プリンターの構成、およびプリンターの使用状況を把握することは、複雑な作業です。Keeping track of an organization's printers, printer configurations, and printer usage is a complex task. ユニバーサル印刷 API は、3 つの領域すべてで統合を可能にします。The Universal Print API enables integration in all three areas.

プリンター ハードウェアをシームレスに交換または更新するSeamlessly replace or update printer hardware

プリンターは共有されるまでユーザーには表示されません。管理者は、所定の時間に使用できるプリンター ハードウェアをきめ細かく制御できます。Printers are not visible to users until they are shared, providing administrators fine-grained control over which printer hardware is available at a given time.

プリンターを共有すると、printerShare リソースが作成され、いつでも更新して別のプリンターを指定できます。そのため、破損したプリンター ハードウェアを簡単に交換したり、メンテナンスのためにプリンターをオフラインにしたりできます。Sharing a printer creates a printerShare resource that can be updated at any time to point to a different printer, making it easy to replace broken printer hardware or take printers offline for maintenance.

アプリケーションで使用するには、printerShare の更新を使用して printerShare の printer リファレンスを更新します。To use this in your application, use Update printerShare to update the printerShare's printer reference.

プル印刷をサポートするユニバーサル印刷の拡張Extending Universal Print to support pull printing

Microsoft Graph のユニバーサル印刷 API を使うと、アプリケーションでプル印刷をサポートできます。The Microsoft Graph Universal Print API enables your application to support pull printing. プル印刷を設定するには、印刷ジョブの開始などの特定の印刷イベントが発生したときに (サービス間の通信を介して) アプリケーションに通知するトリガーを登録します。To set up pull printing, you will register triggers that notify your application (via service-to-service communication) when certain print events happen, such as a print job being started.

これらのトリガーを使用すると、アプリケーションは印刷ワーク フローを中断して、ジョブを別のプリンターにリダイレクトしたり、ドキュメント ペイロードを変更したりできます。These triggers enable your application to interrupt the print workflow to do things such as redirecting jobs to different printers and modifying the document payload.

次の手順に従って、プル印刷を有効にします。Follow these steps to enable pull printing:

  1. アプリケーションのアクセス権限を使用して printTaskDefinition を作成します。Create a printTaskDefinition using application permissions. この抽象タスク定義は、アプリケーションのジョブを保持するタスクを作成するために使用されます。This abstract task definition will be used to create task that will hold the job for your application. テナントごとに、少なくとも 1 つのタスク定義を定義する必要があります。これにより、タスク トリガーを使用してテナントの任意の数のプリンターに関連付けることができます (手順4を参照)。You need to define at least one task definition per tenant, which can be associated with any number of printers in the tenant using task triggers (see step 4).

  2. 管理者認証トークンと null** physicalDeviceId** を使用して 1 つ以上の仮想プリンターを登録しますRegister one or more virtual printers using an administrator authentication token and a null physicalDeviceId. "仮想プリンター" は、物理デバイスが接続されていない、ユニバーサル プリントのプリンター オブジェクトです。A "virtual printer" is just a printer object in Universal Print without a physical device attached. 通常は、ユーザーは仮想プリンターに印刷し、後で物理プリンター デバイスで印刷ジョブを受け取ります。Usually, users will print to virtual printers and later pick up their print jobs at a physical print device. 手順 6 を参照してください。See step 6.

  3. アプリケーションのアクセス許可とapplication/ippメディアの種類を使用して、仮想プリンターの属性を更新します (例を参照)。Update the attributes of your virtual printer by using application permissions and an application/ipp media type (see examples).

  4. タスクの定義を仮想プリンターに関連付ける管理者認証トークンを使用し、仮想プリンターのタスクトリガーを作成します。Create a task trigger for your virtual printer using an administrator authentication token that will associate your task definition with virtual printer.

  5. 印刷ジョブが仮想プリンターに送信されると、 printTaskTrigger によって一時停止します。When a print job is submitted to the virtual printer, it will be paused due to the printTaskTrigger. 関連付けられている printTaskDefinition に基づいて、processing状態が分かる printTask が作成されます。A printTask with processing state will be created based on the associated printTaskDefinition.

  6. ユーザーが物理プリンター デバイスでバッジをスワイプすると、プリンターはアプリケーションに通知します。When the user swipes a badge at a physical printer device, the printer will notify your application. この時点で、アプリケーションは、関連する仮想プリンターのジョブをフェッチ して、現在のユーザーによって作成されたジョブのリストをフィルター処理することが ます。At that time, your application can fetch the jobs of the associated virtual printer and filter the list to jobs created by the current user.

  7. ユーザーが 1 つ以上の印刷ジョブを選択した場合、アプリケーションは印刷ジョブを物理プリンターにリダイレクトする ことができ、印刷が開始されます。When the user selects one or more jobs to print, your application can redirect the print job(s) to the physical printer and the job will start printing! リダイレクト呼び出しは、このアプリが手順 4 で作成したトリガーによって開始された、関連付けられたプリンターに printTaskprocessingの状態の場合にのみ成功します。The redirect call will only succeed if there is a printTask in processing state on the associated printer started by a trigger that this app created in step 4. このタスクは、リダイレクト後に自動的に completed 状態に設定されます。The task will automatically be set to completed state after redirecting it.

    注: 2 日以内にリダイレクトされない一時停止された印刷ジョブは削除されます。NOTE: Paused print jobs that are not redirected within 2 days will be deleted.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?

フィードバックの提供Provide feedback

ユニバーサル印刷 API に関するご意見をお聞かせください。We'd love to hear your feedback about the Universal Print APIs. UserVoice に提案を入力します。Provide your suggestions on UserVoice.

関連項目See also