Microsoft Graph API で Postman を使用するUse Postman with the Microsoft Graph API

Microsoft Graph Postman のコレクションを使用して、Microsoft Graph API をすぐに開始できます。You can use the Microsoft Graph Postman collection to get started with Microsoft Graph APIs in minutes.

Postman の画像

この記事では、Postman と Microsoft Graph の使用方法について説明します。This article explains how to get up and running with Postman and Microsoft Graph. Graph Explorer を使用して、web ブラウザーで直接 Microsoft Graph API を検索することもできます。You can also explore Microsoft Graph APIs directly in your web browser by using Graph Explorer.

コレクションへのアクセスAccessing the collection

Postman のコレクションにアクセスするには、2 つの方法があります。使用する方法、付与する方法です。You can access the collection in Postman in two ways: by consuming it or by contributing to it. 最初にコンピューターで Postman を実行している必要があります。You will need to have Postman running on your computer first.

コレクションを使用するConsume the collection

Microsoft Graph API の使用を開始するには、コレクションを使用するのが最も簡単な方法です。Consuming the collection is the easiest way to get started with Microsoft Graph APIs. Postman コレクションをインポートするには:To import the Postman collections:

  1. Postman をダウンロードして登録します。Download and register for Postman.

  2. [ファイル | インポート ...] を選択します。Choose File | Import ....

  3. [URL からインポートする] を選択します。Select Import From Link.

  4. 次の 2 つの URL を貼り付けて [インポート] を選択します。Paste the following two URLs and choose Import after each.

      https://raw.githubusercontent.com/microsoftgraph/microsoftgraph-postman-collections/master/Microsoft%20Graph.postman_collection.json
    
    
      https://raw.githubusercontent.com/microsoftgraph/microsoftgraph-postman-collections/master/Microsoft%20Graph.postman_environment.json
    
    

右上のドロップダウンに目のアイコンで Microsoft Graph 環境 が表示されます。You should now see the Microsoft Graph environment in the top right environment drop down by the eye icon. 次に、環境の設定をする必要があります。Now you need to set up your environment.

コレクションの使用Using the collection

Postman に Microsoft Graph コレクションと Microsoftr Graph 環境 を取得したら、次の手順を実行します。After you have the Microsoft Graph collection and the Microsoftr Graph environment in Postman, follow these steps.

アプリケーション API の呼び出しを設定するSet up application API calls

  1. 右上隅の [環境なし] ドロップダウンを選択します。Choose the No environment drop down in top right corner.

  2. [Microsoft Graph 環境] を選択します。Select Microsoft Graph environment.

  3. 右の のアイコンを選択し、[編集] を選択します。Choose the eye icon to the right and then choose Edit.

  4. カレント (非初期) 変数で Microsoft ID アプリケーションを入力します: ClientIDClientSecretTenantIDEnter your Microsoft Identity Application in the current (not initial) variables: ClientID, ClientSecret and TenantID. アプリケーションの作成方法、およびアプリのみのフローの管理方法の詳細については、Postman を使用して Microsoft Graph を呼び出す ブログの投稿を参照してください。For more information about how to create an application and to admin consent the app-only flow, see the Use Postman to make Microsoft Graph calls blog post.

  5. [更新] を選択します。Select Update. [環境の管理] ダイアログボックスを閉じます。Close the Manage Environments dialog box. 左側にある MicrosoftGraph | アプリケーション コレクションで、[Get App-only Access Token (アプリ専用アクセス トークンの取得)] を選択します。In the MicrosoftGraph | Application collection on left side, choose Get App-only Access Token. 右側の [送信] を選びます。Then choose Send on the right.

  6. アプリケーション | ユーザー フォルダーを展開し、[ユーザーの取得] を選択します。Expand the Application | Users folder and choose Get Users. 次に [送信] を選択します。Then choose Send.

これで、Microsoft Graph コレクションが稼働状態になります。You are now up and running with the Microsoft Graph collections.

Note: コレクション内の他の API を実行する場合は、アプリケーションに必要なアクセス許可に同意する必要があります。Note: If you want to run other APIs in the collection, you will need to consent the required permissions for your application.

代理として API 呼び出しを設定するSet up on-behalf-of API calls

代理として API 呼び出しを設定するには、環境設定で、ユーザー名ユーザー パスワード を設定し、**ユーザーの代理 | ユーザーのアクセス トークンを取得 ** を使用します。The simplest way to set up on-behalf-of API calls is to provide a UserName and UserPassword in the environment settings and use the On Behalf of a User | Get User Access Token.

重要: この情報は Postman に直接格納されるため、実稼働ユーザーアカウントを使用することはお勧めしません。Important: We don't recommend using production user accounts because this information is stored directly in Postman. また、この方法を使用して、運用環境でアクセス トークンを取得することもお勧めしません。We also don't recommend using this approach to obtain access tokens in production. テスト目的にのみ使用ください。Use it only for testing purposes.

ユーザー名とパスワードを Postman cloud アカウントに同期する環境変数に格納しない場合は、[新しいアクセス トークンの取得] 機能を使用して、Postman を終了せずにトークンを取得できます。If you don't want to store user names and passwords in environment variables that sync to your Postman cloud account, you can use the Get New Access Token capability to get a token without leaving Postman.

  1. **ユーザーの代理 | Postman を使用してアクセス トークンを取得する ** を選択します。Select On behalf of a User | Get Access Token using Postman.

  2. [承認] タブを選択します。Choose the Authorization tab.

  3. [アクセス トークンを取得する] ボタン選択します。Choose the get access token button.

  4. 実際のテナントとアプリケーションの値を、次のボックスに入力します。Fill out the following boxes with your real tenant and application values. ここでは環境変数を使用できません。実際の値を使用する必要があります。Note that you cannot use the environment variables here; you have to use the actual values. Portal.azure.com のアプリケーションブレードで EndPoints を選ぶと、値を見つけることができます。You can find them by selecting EndPoints in the application blade in portal.azure.com.

  5. トークンを要求するを選択する。Choose Request Token. サインインと同意の許可を求める UI プロンプトが表示されます。You should see a UI prompt to sign in and consent permissions.

  6. アクセス トークンをコピーし、環境変数を開いて、 UserAccessToken フィールドに貼り付けます。Copy the access token, open your environment variables, and paste it into the UserAccessToken field.

すべての依頼が機能するようになりました。Now all your requests will work.

コレクションに付与するContribute to the collection

独自の要求を付与する場合は、Microsoft Graph Postman コレクションの github リポジトリにフォークする必要があります。If you want to contribute your own requests, you will need to fork the Microsoft Graph Postman collections github repo.

詳細については、次のビデオをご覧ください。For details about how to do this, watch the following video.