Microsoft Graph の新機能What's new in Microsoft Graph

この 2 か月の Microsoft Graph の最新機能、以前に追加された機能、および アイデアを共有する 方法を説明します。See highlights of what's new in the recent two months in Microsoft Graph, what's added earlier, and how you can share your ideas. API レベルの更新の詳細な一覧については、API 変更ログ を参照してください。For a detailed list of API-level updates, see the API changelog.

重要

プレビュー ステータスの機能 (API とツールを含む) は予告なしに変更されることがあり、一部の機能は一般公開 (GA) ステータスに昇格されずに終わります。Features, including APIs and tools, in preview status may change without notice, and some may never be promoted to generally available (GA) status. プレビュー機能は製品版アプリでは使用しないでください。Do not use preview features in production apps.

2020 年 10 月: プレビューのみの新機能October 2020: New in preview only

ID とアクセス | ID とサインインIdentity and access | Identity and sign-in

  • 認証方法ポリシー を管理して、特定の多要素認証方法を使用して Azure Active Directory にサインインできるユーザーを識別します。Manage authentication method policies to identify users who can use specific multi-factor authentication methods to sign into Azure Active Directory. ポリシーを構成して、次のように定義します:Configure policies to define the following:
    • Azure AD テナントで使用できる FIDO2 セキュリティ キーの種類。The types of FIDO2 security keys that can be used in the Azure AD tenant.
    • FIDO2 セキュリティ キーまたはパスワードなしの電話によるサインインを使用して Azure AD にサインインすることを許可されているユーザーまたはユーザーのグループ。The users or groups of users who are allowed to use FIDO2 Security Keys or Passwordless Phone Sign-in to sign in to Azure AD.
  • ユーザーがセルフサービスによるパスワードのリセットを行うために、メール認証方法 を構成します。Configure an email authentication method for users to self-serve password resets.
  • Azure AD B2C を使用し、エンド ユーザーがローカル アカウント経由で認証できるように構成するメカニズムを選択しますUse Azure AD B2C and choose a mechanism to configure and let end users authenticate via local accounts.
  • Policy.ReadWrite.AuthenticationMethod を使用し、サインイン ユーザーに代わって委任されたアクセス許可として、またはサインイン ユーザーが存在しないアプリケーションのアクセス許可として、組織の認証方法ポリシーを読み書きします。Use Policy.ReadWrite.AuthenticationMethod to read or write an organization's authentication method policies, as a delegated permission on behalf of a signed-in user, or as an application permission without a signed-in user present.
  • 外部ユーザーを組織に招待できるかどうか、および誰を招待できるかを 認証ポリシー で指定します。Specify in an authorization policy if and who can invite external users to an organization.

2020 年 9 月: 新機能および一般公開September 2020: New and generally available

予定表Calendar

イベント リソースの transactionId プロパティの GAで、クライアントが同じイベントの作成を再試行した場合に発生する冗長な POST 操作を回避するために、クライアント アプリによって必要に応じて設定されます。GA of the transactionId property of the event resource, which is optionally set by a client app to avoid redundant POST operations in case of client retries to create the same event. これは、ネットワーク接続が低いと、クライアントが以前のイベント作成要求に対するサーバーからの応答を受信する前にタイムアウトする場合に役立ちます。This is useful when low network connectivity causes the client to time out before receiving a response from the server for the client's prior create-event request.

クラウド コミュニケーションCloud communications

通話から参加者を削除します。Delete a participant from a call. この操作は、アクティブな通話から参加者を削除する必要がある場合にも使用できます。You can use this operation even in situations where it's necessary to delete a participant from an active call.

デバイスとアプリ | 企業管理Devices and apps | Corporate management

Intune v1.0 バージョンの 9 月の更新プログラム。Intune September updates for the v1.0 version.

ID とアクセス | ディレクトリの管理Identity and access | Directory management

管理単位 API である GA を使用すると、組織は Azure Active Directory を分割して、サブ部門に管理業務を委任できます。GA of the administrative units API that allow organizations to subdivide their Azure Active Directory, manage and delegate administrative duties to these subdivisions. これらのサブ部門は、地域、部署、コスト センターなどを表します。These subdivisions can represent regions, departments, cost centers, and so on.

レポートReports

Outlook 2019 と、Microsoft 365 の Outlook の固有のユーザー数を含むレポートを取得するGet a report that includes the count of unique users for Outlook 2019 and for Outlook on Microsoft 365.

チームワークTeamwork

SDK を使うUse the SDKs

Microsoft Graph PowerShell SDK の GA により、Microsoft Graph の表面全体へのアクセスが簡単で一貫した方法でアクセスできます。GA of the Microsoft Graph PowerShell SDK which enables access to the entire surface of Microsoft Graph in a straightforward and consistent way.

ツールキットを使うUse the Toolkit

Microsoft Graph ツールキットを少しずつ試すことができる新しいチュートリアルを使って、ツールキットがどれほど便利か体験してみてください。Try the new step-by-step getting-started tutorials for Microsoft Graph Toolkit and experience the convenience the toolkit brings:

ユーザーUsers

メール プロパティを使用して ユーザーの SMTP アドレスを取得する以外に、そのプロパティを設定し、ユーザーのメールアドレスを更新することができます。Aside from getting the SMTP address of a user through the mail property, you can now set that property and update the user's email address.

2020 年 9 月: プレビューのみの新機能September 2020: New in preview only

アプリケーションApplication

サービス プリンシパル が公開する 委任されたアクセス許可の分類 を作成、一覧表示、または削除します。Create, list, or delete classifications of delegated permissions that a service principal exposes. 委任されたアクセス許可の分類を ユーザーの同意設定 と組み合わせて使用して、エンドユーザーがアプリに同意を付与できるようにするときに制限を設定します。Use delegated permission classifications in combination with user consent settings to set limits on when end-users are allowed to grant consent to apps.

クラウド コミュニケーションCloud communications

  • onlineMeetingautoAdmittedUsers プロパティの廃止。Deprecation of the autoAdmittedUsers property of onlineMeeting. 代わりに、新しい lobbyBypassSettings プロパティとその を使用します。Instead, use the new lobbyBypassSettings property and its values.
  • オンライン会議へのコーラーの参加と退出をアナウンスするかどうか (isEntryExitAnnounced プロパティ)、特定の発表者の会議への参加を許可するかどうか(allowedPresentersプロパティ)についての追加の設定を使用します。Use additional settings about announcing callers joining or leaving an online meeting (isEntryExitAnnounced property), and allowing specific presenters in the meeting (allowedPresenters property).

デバイスとアプリ | クラウド印刷Devices and apps | Cloud printing

デバイスとアプリ | 企業管理Devices and apps | Corporate management

Intuneの 9 月のベータ版更新プログラム。Intune September updates for the beta version.

ID とアクセス | ディレクトリの管理Identity and access | Directory management

  • デバイスの所有者または適切な役割を持ちサインインしたユーザーに代わって、BitLocker 回復キーを取得します。Get a BitLocker recovery key on behalf of the signed-in user who's the device owner or in an appropriate role. 回復キーを取得すると、エンド ユーザー エクスペリエンスと同等の監査ログが生成されます。Getting a recovery key generates an audit log, in parity with the end user experience.
  • directorySizeQuota プロパティを使用して、組織ディレクトリ クォータ の合計と使用量を取得します。Get the total and used amount of the directory quota of an organization, through the directorySizeQuota property.

ID とアクセス | 社内Identity and access | Governance

グループ、アプリケーション、または SharePoint サイトへのアクセスを指定するアクセスパッケージの割り当ての要求または削除をするときに、スケジュール を含めることができます。Be able to include a schedule when requesting or removing an assignment of a user to an access package, that specifies access to groups, applications, or SharePoint sites.

ID とアクセス | ID とサインインIdentity and access | Identity and sign-in

組織は 継続的アクセス評価ポリシー取得または更新して、認証セッションをリアルタイムで管理することができます。Organizations can get or update a continuous access evaluation policy to manage authentication sessions in real time.

  • OneDrive、SharePoint、Microsoft Graph のコネクタである Microsoft Search API のその他の機能を使用します。Use additional capabilities in the Microsoft Search API for OneDrive, SharePoint, Microsoft Graph connectors:

  • Microsoft Graph コネクタによって取り込まれた外部データのクエリを、複数の接続を介して実行します。Query external data ingested by Microsoft Graph connectors across more than one connection.

  • Microsoft Graph のコネクタの拡張コンテンツを活用して、次の情報を入手できます。Take advantage of enhanced content for Microsoft Graph connectors to learn about:

  • Microsoft Graph の接続の状態を追跡します。Track the state of a Microsoft Graph connection.

  • 外部グループを定義して、Microsoft Graph の接続に追加された外部アイテム オブジェクトにアクセス許可を設定します。Define an external group to set permissions on external item objects added to a Microsoft Graph connection. 外部グループは、Azure Active Directory 以外のグループ、または外部データ ソースのコンテンツに対するアクセス許可を決定するビジネス ユニットなどのグループのような構造を表すことができます。External groups can represent non-Azure Active Directory groups or group-like constructs, such as business units, that determine permissions over the content in the external data source.

チームワークTeamwork

最新情報を常に把握するにはWant to stay in the loop?

皆様と Microsoft が連携する方法をいくつか示します。Here are some ways we can engage:

  • Microsoft Graph でのサポートを希望するシナリオがある場合は、Are there scenarios you'd like Microsoft Graph to support? Microsoft Graph User Voice (Microsoft Graph のユーザーの声) で新機能の提案と投票を行ってください。Suggest and vote for new features at Microsoft Graph User Voice. 新機能の中には、開発者コミュニティでの要望が高かったことがきっかけとなり開発されたものがあります。Some new features originate as popular requests from the developer community. Microsoft Graph チームでは、お客様のニーズを定期的に評価して、次の順序で新機能をリリースします。The Microsoft Graph team regularly evaluates customer needs and releases new features in the following order:

    1. プレビュー ステータスでデビューします。Debut in preview status. 関連するすべての REST API の更新プログラムは、ベータ版のエンドポイントに含まれます(https://graph.microsoft.com/beta)。Any related REST API updates are in the beta endpoint (https://graph.microsoft.com/beta).

    2. フィードバックで十分に実行可能性が示されるようであれば、 一般提供 (GA) ステータスに昇格させます。Promoted to general availability (GA) status, if sufficient feedback indicates viability. 関連するすべての REST API の更新プログラムは、v1.0 エンドポイントに追加されます (https://graph.microsoft.com/v1.0)。Any related REST API updates are added to the v1.0 endpoint (https://graph.microsoft.com/v1.0).

  • Microsoft Graph コミュニティで活発に活動してください。Be an active member in the Microsoft Graph community! 毎月の Microsoft Graph コミュニティ コールに参加してみてください。Join the monthly Microsoft Graph community call.

  • Microsoft 365 開発者プログラムに登録すると、Microsoft 365 サブスクリプションを無料で入手し、開発を開始できます。Sign up for the Microsoft 365 developer program, get a free Microsoft 365 subscription, and start developing!

関連項目See also