ビジネス向け Update for Business Windowsを使用してセーフガードを管理する

展開サービスで更新プログラムを展開すると、既知または可能性のある問題を持つデバイスが Windows Update によって更新プログラムを提供されるのを防ぐことで、展開が自動的に保護されます。

セーフガードは、11およびWindowsの展開Windows 10互換性があります。 既知の問題に対するセーフガードホールドは、Windows 11 および Windows 10 の機能更新プログラムの展開で利用できます。また、Windows 11 の展開では問題に対するセーフガードホールドが利用できます。

すべてのセーフガードを適用する

既定では、展開サービスは展開内のデバイスに適用可能なすべてのセーフガードを適用します。 セーフガードのメリットを得るために、展開を作成するときに追加で何も指定する必要はありません。

次の例では、すべてのセーフガードを適用して展開を作成する方法を示します。

要求

POST https://graph.microsoft.com/beta/admin/windows/updates/deployments
Content-type: application/json

{
    "@odata.type": "#microsoft.graph.windowsUpdates.deployment",
    "content": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.featureUpdateReference",
        "version": "20H2"
    }
}

応答

HTTP/1.1 201 Created
Content-Type: application/json

{
    "@odata.type": "#microsoft.graph.windowsUpdates.deployment",
    "id": "b5171742-1742-b517-4217-17b5421717b5",
    "state": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.deploymentState",
        "value": "offering",
        "reasons": [
            {
                "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.deploymentStateReason",
                "value": "offeringByRequest"
            }
        ],
        "requestedValue": "none",
        "effectiveSinceDate": "String (timestamp)"
    },
    "content": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.featureUpdateReference",
        "version": "20H2"
    },
    "settings": null,
    "createdDateTime": "String (timestamp)",
    "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)"
}

発生する可能性の高い問題に対するセーフガードのオプト アウト

セーフガード設定を構成することで、展開で発生する可能性がある問題に対するセーフガードを オプトアウトできます。 必要に応じて、disable safeguards ポリシーを使用して既知の問題に対するセーフガードホールド をオプトアウトできます

次の例は、可能性の高い問題に対するセーフガードなしで展開を作成する方法を示しています。 無効にする保護プロファイルの一覧の下のカテゴリに safeguardProfile を指定すると、更新プログラムの問題が発生する可能性がある場合でも、デバイスに更新プログラムを提供する展開を likelyIssues 構成します。

要求

POST https://graph.microsoft.com/beta/admin/windows/updates/deployments
Content-type: application/json

{
    "@odata.type": "#microsoft.graph.windowsUpdates.deployment",
    "content": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.featureUpdateReference",
        "version": "20H2"
    },
    "settings": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.windowsDeploymentSettings",
        "safeguard": {
            "disabledSafeguardProfiles": [
                {
                    "category": "likelyIssues"
                }
            ]
        }
    }
}

応答

HTTP/1.1 201 Created
Content-Type: application/json

{
    "@odata.type": "#microsoft.graph.windowsUpdates.deployment",
    "id": "b5171742-1742-b517-4217-17b5421717b5",
    "state": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.deploymentState",
        "value": "offering",
        "reasons": [
            {
                "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.deploymentStateReason",
                "value": "offeringByRequest"
            }
        ],
        "requestedValue": "none",
        "effectiveSinceDate": "String (timestamp)"
    },
    "content": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.featureUpdateReference",
        "version": "20H2"
    },
    "settings": {
        "@odata.type": "microsoft.graph.windowsUpdates.windowsDeploymentSettings",
        "monitoring": null,
        "rollout": null,
        "userExperience": null,
        "safeguard": {
            "disabledSafeguardProfiles": [
                {
                    "@odata.type": "#microsoft.graph.windowsUpdates.safeguardProfile",
                    "category": "likelyIssues"
                }
            ]
        }
    },
    "createdDateTime": "String (timestamp)",
    "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)"
}