スタート メニューと Mixed Reality ホームを使用する

Windows PC のエクスペリエンスがデスクトップから始まるように、Windows Holographic では Mixed Reality ホームが最初に表示されます。 Mixed Reality ホームでは、スタート メニューを使ってアプリ ウィンドウ、イマーシブ アプリ起動ツール、または 3D コンテンツを開いたり、配置したりすることができます。また、物理空間での配置を記憶しておくことができます。

スタート メニューを使用する

HoloLens のスタート メニューは、アプリを開き、重要な状態情報を確認し、カメラなどのツールにアクセスする場所です。

HoloLens の使用中にスタート ジェスチャを使うと、いつでも、どこからでもスタート メニューを開くことができます。 HoloLens (第 1 世代) のスタート ジェスチャはブルームです。 HoloLens 2 のスタート ジェスチャは、手首に表示される [スタート] アイコンのタップです。 音声を使って (「スタートに移動」と言う) スタート メニューを開くこともできます。

ヒント

開いているスタート メニューを閉じるには、スタート ジェスチャを使うか、スタート メニューを見て「閉じる」と言います。

スタート メニューの上部には、Wi-Fi、バッテリー、音量、時計の状態インジケーターが表示されます。 HoloLens 2 には、デバイスが音声認識に対応していて音声コマンドを聞き取っているかどうかを示すリスニング インジケーターもあります。 下部には、写真の撮影やビデオの録画に使用できる [フォト] ボタンおよび [ビデオ] ボタンがあります。 また、見ているものを Miracast で他のデバイスに投影できる [接続] ボタンもあります。

スタート メニューでアプリを見つける

スタート メニューには、[ピン留めされたアプリ][すべてのアプリ] の一覧があります。

  • [ピン留めされたアプリ] の一覧には、ピン留めされているアプリが表示されます。 アプリ タイルを長押ししたときに表示されるコンテキスト メニューを使うと、[ピン留めされたアプリ] の一覧にアプリを追加することも、一覧からアプリを削除することもできます。

  • [すべてのアプリ] の一覧には、デバイスにインストールされているすべてのアプリが表示されます。 この一覧を表示するには、スタート メニューの右側にある [すべてのアプリ] ボタンを選択します。

両方のアプリ一覧で、一覧内のすべてのアプリをページ表示で確認するには、スタート メニューの右側にある PageUp ボタンと PageDown ボタンを使用します。 どちらのアプリ一覧でも、デバイス セッション中に最後に使用されたページが自動的に開きます。

ヒント

HoloLens 2 では、人差し指を使用してアプリの一覧を直接スクロールできます。 指先で一覧にタッチし、上方向または下方向へドラッグします。

スタート メニューからアプリを開く

スタート メニューからアプリを開くには、アプリ タイル選択します。 アプリの名前を言って開くこともできます。

スタート メニューからアプリを開くと、アプリがどのように設計されているかによって、次のいずれかが行われます。

  • アプリ ウィンドウが配置されます。 その後、アプリがウィンドウに読み込まれ、タッチ スクリーンと同じように使用できます。
  • イマーシブ アプリ用の 3D アプリ起動ツールが配置されます。 この場合、イマーシブ アプリを開くには、起動ツールを選択する必要があります。
  • イマーシブ アプリの起動ツールとして機能するアプリ ウィンドウが配置されます。 この場合、イマーシブ アプリは自動的に起動されます。

Mixed Reality ホームに配置されたアプリ ウィンドウとアプリ起動ツールは、削除しない限り維持されます。 これにより、スタート メニューから再度開くことなく、アプリ ウィンドウを使用したり、イマーシブ アプリを起動したりできる便利なショートカットが提供されます。

注意

スマートフォンの場合と同様、HoloLens ではシステム リソースが自動的に管理されます。 たとえば、新しいイマーシブ アプリを開くと、実行中の他のアプリはすべて、直ちに非アクティブになります。 システム リソースを解放するために、Mixed Reality ホームでアプリ ウィンドウや起動ツールを削除する必要はありません。

HoloLens でアプリを使用する

HoloLens 上のアプリでは、アプリ ウィンドウ ビューまたはイマーシブ ビューを使用できます。 アプリ ウィンドウ ビューでは、アプリのコンテンツがウィンドウ内にを表示されます。 イマーシブ ビューを使用するアプリでは、Mixed Reality ホームが非表示になり、ユーザーを取り巻く物理環境にコンテンツが表示されます。 アプリで両方のビューを使用するように選択することもできます。

アプリ ウィンドウを使用する

HoloLens (第 1 世代) のアプリ ウィンドウは、Mixed Reality ホームに配置され、使用されます。ここで、必要に応じてアプリ ウィンドウを移動、サイズ変更、回転することもできます。 アプリ ウィンドウは、視線入力とジェスチャで使用する以外にも、Bluetooth で接続されたマウスとキーボードで操作することもできます。

HoloLens 2 では、Mixed Reality ホームでアプリ ウィンドウを使用する以外にも、イマーシブ アプリ内でアプリ ウィンドウを (一度に 1 つずつ) 使用することもできます。 アプリ ウィンドウを [一緒に移動する] モードにすることもできます。このモードでは、ユーザーが歩き回っても、アプリ ウィンドウが常にユーザーの目の前に表示されます。 イマーシブ アプリ内でアプリ ウィンドウを開くと、自動的に [一緒に移動する] モードになります。 Mixed Reality ホームでもイマーシブ アプリ内でも、直接手を使ってアプリ ウィンドウを移動、サイズ変更、および回転できます。

注意

  • Mixed Reality ホームで同時にアクティブにできるアプリ ウィンドウは、最大 3 つです。 さらに開くこともできますが、アクティブな状態が維持されるのは 3 つのみです。
  • アクティブでないアプリ ウィンドウで表示されたコンテンツは、アクティブなウィンドウと比べて暗く見えます。 コンテンツではなく、アプリ アイコンのみが表示される場合もあります。 アクティブでないウィンドウは、そのウィンドウを選択するとアクティブになります。
  • 開いているそれぞれのアプリでアクティブにできるウィンドウは一度に 1 つだけです。ただし、Microsoft Edge では最大 3 つのウィンドウをアクティブな状態にしておくことができます。

アプリを閉じる

アプリ ウィンドウが使用されているアプリを閉じるには、タイトル バーの [閉じる] ボタンを使用します。 ウィンドウを見て「閉じる」と言うこともできます。

イマーシブ ビューが使用されているアプリを終了するには、スタート ジェスチャを使用してスタート メニューを表示し、[Mixed Reality ホーム] ボタンを選択します。

イマーシブ アプリが破損状態になっていて、再起動する必要がある場合は、まず Mixed Reality ホームで起動ツールを閉じることにより、アプリを完全にシャットダウンします。その後、スタート メニューからアプリを起動します。

関連項目

Microsoft Store のアプリケーションの検索、インストール、アンインストール