エンタープライズにおける Microsoft HoloLens: 要件とよく寄せられる質問

HoloLens 用の開発を行う場合、必要なシステム要件とツールがあります。 エンタープライズ環境では、以下に示す HoloLens を使用および管理するためのいくつかの要件もあります。

要件

一般的な用途

  • Microsoft アカウントまたは Azure Active Directory (Azure AD) アカウント
  • HoloLens をセットアップするための Wi-Fi ネットワーク

注意

HoloLens をセットアップした後はオフラインで使うことができますが、いくつかの制限があります。

サポートされているワイヤレス ネットワーク EAP メソッド

  • PEAP-MS-CHAPv2
  • PEAP-TLS
  • TLS
  • TTLS-CHAP
  • TTLS-CHAPv2
  • TTLS-MS-CHAPv2
  • TTLS-PAP
  • TTLS-TLS

デバイス管理

  • Intune ライセンスが割り当てられた Azure AD アカウントをユーザーが持っている
  • Wi-Fi ネットワーク
  • Microsoft MDM API を使う Intune またはサード パーティ モバイル デバイス管理 (MDM) プロバイダー

Windows Holographic for Business にアップグレードする

  • HoloLens Enterprise ライセンスの XML ファイル

HoloLens についてよく寄せられる質問

Windows Hello for Business は HoloLens でサポートされていますか。

Windows Hello for Business (サインインに PIN を使用) は、HoloLens でサポートされています。 HoloLens で Windows Hello for Business PIN のサインインを許可するには、次の操作を行います。

  1. HoloLens デバイスはMDM によって管理されている必要があります。
  2. デバイスに対して Windows Hello for Business を有効にする必要があります。 (「Microsoft Intune 用の手順」を参照してください)。
  3. HoloLens では、ユーザーは、[設定 > ] > から pin を設定できます。 [pin の追加] を選びます。

注意

Microsoft アカウントでサインインしたユーザーは、*[*設定 > ] の [サインインオプション] > で pin を設定することもできます。 この PIN は、 Windows hello For businessではなく、 windows helloに関連付けられています。

アカウントの種類によって、サインインの動作は変更されますか。

はい、アカウントの種類による動作がサインインの動作に影響します。 サインイン用のポリシーを適用する場合、ポリシーは常に考慮されます。 サインイン用のポリシーが適用されていない場合、各アカウントの種類での既定の動作は次のとおりです。

  • Microsoft アカウント: 自動的にサインインします。
  • ローカルアカウント: 常にパスワードを要求します。設定では構成できません。
  • Azure AD: 既定でパスワードが要求されます。設定により、パスワードを求めるメッセージが表示されなくなりました。

注意

非アクティブ タイマーは現在サポートされていません、つまり、AllowIdleReturnWithoutPassword ポリシーは、デバイスがスタンバイ モードになる場合にのみ考慮されます。

Intune のダッシュボードから HoloLens デバイスを削除するにはどうすればよいですか。

Intune からリモートで HoloLens を登録解除することはできません。 管理者が MDM を使用してデバイスを登録解除する場合、デバイスは Intune ダッシュボードから削除されます。

関連リソース

Azure Active Directory Premium の概要

Intune の概要

Intune への管理用デバイスの登録

Azure AD のエディション