地理的に分散されたアプリ パターンGeo-distributed app pattern

複数のリージョンにアプリ エンドポイントを提供し、場所とコンプライアンスのニーズに基づいてユーザー トラフィックをルーティングする方法について説明します。Learn how to provide app endpoints across multiple regions and route user traffic based on location and compliance needs.

コンテキストと問題Context and problem

広い地理的範囲にまたがる組織は、必要なレベルのセキュリティ、コンプライアンス、およびパフォーマンスを、境界を越えてユーザー、場所、およびデバイスごとに確保しながら、データへのアクセスを安全かつ正確に分散させて実現するために努力します。Organizations with wide-reaching geographies strive to securely and accurately distribute and enable access to data while ensuring required levels of security, compliance and performance per user, location, and device across borders.

解決策Solution

Azure Stack Hub の地理的トラフィック ルーティング パターン (地理的に分散されたアプリ) では、さまざまなメトリックに基づいてトラフィックを特定のエンドポイントに送信できます。The Azure Stack Hub geographic traffic routing pattern, or geo-distributed apps, lets traffic be directed to specific endpoints based on various metrics. 地理的ベースのルーティングとエンドポイント構成を使用して Traffic Manager を作成すると、リージョンの要件、企業および国際的な規制、およびデータ ニーズに基づいてトラフィックをエンドポイントにルーティングできます。Creating a Traffic Manager with geographic-based routing and endpoint configuration routes traffic to endpoints based on regional requirements, corporate and international regulation, and data needs.

地理的に分散されたパターン

ComponentsComponents

クラウドの外部Outside the cloud

Traffic ManagerTraffic Manager

この図では、Traffic Manager はパブリック クラウドの外部にありますが、ローカル データセンターとパブリック クラウドの両方でトラフィックを調整できる必要があります。In the diagram, Traffic Manager is located outside of the public cloud, but it needs to able to coordinate traffic in both the local datacenter and the public cloud. バランサーは地理的な場所にトラフィックをルーティングします。The balancer routes traffic to geographical locations.

ドメイン ネーム システム (DNS)Domain Name System (DNS)

ドメイン ネーム システム (DNS) は、Web サイトまたはサービスの名前をその IP アドレスに変換する (または解決する) 役割を担います。The Domain Name System, or DNS, is responsible for translating (or resolving) a website or service name to its IP address.

パブリック クラウドPublic cloud

クラウド エンドポイントCloud Endpoint

パブリック IP アドレスは、受信トラフィックをトラフィック マネージャー経由でパブリック クラウド アプリのリソース エンドポイントにルーティングするために使用されます。Public IP addresses are used to route the incoming traffic through traffic manager to the public cloud app resources endpoint.  

ローカル クラウドLocal clouds

ローカル エンドポイントLocal endpoint

パブリック IP アドレスは、受信トラフィックをトラフィック マネージャー経由でパブリック クラウド アプリのリソース エンドポイントにルーティングするために使用されます。Public IP addresses are used to route the incoming traffic through traffic manager to the public cloud app resources endpoint.

問題と注意事項Issues and considerations

このパターンの実装方法を決めるときには、以下の点に注意してください。Consider the following points when deciding how to implement this pattern:

スケーラビリティScalability

このパターンでは、トラフィックの増加に合わせてスケールするのではなく、地理的なトラフィック ルーティングを処理します。The pattern handles geographical traffic routing rather than scaling to meet increases in traffic. ただし、このパターンを他の Azure およびオンプレミスのソリューションと組み合わせることができます。However, you can combine this pattern with other Azure and on-premises solutions. たとえば、このパターンはクラウド間スケーリング パターンと一緒に使用できます。For example, this pattern can be used with the cross-cloud scaling Pattern.

可用性Availability

オンプレミス ハードウェア構成およびソフトウェア デプロイを通じて高可用性をもたらすように、ローカルでデプロイされたアプリが構成されていることを確認します。Ensure locally deployed apps are configured for high-availability through on-premises hardware configuration and software deployment.

管理の容易性Manageability

パターンは、複数の環境にわたるシームレスな管理と使い慣れたインターフェイスを実現します。The pattern ensures seamless management and familiar interface between environments.

このパターンを使用する状況When to use this pattern

  • 組織には、リージョンのセキュリティおよび分散に関するカスタム ポリシーが必要な支店が世界中にあります。My organization has international branches requiring custom regional security and distribution policies.
  • 組織の支店それぞれは、従業員、ビジネス、および施設のデータをプルしますが、これには地域の規制やタイム ゾーンに従ったレポート アクティビティが必要になります。Each of my organization's offices pulls employee, business, and facility data, requiring reporting activity per local regulations and time zone.
  • 高スケール要件を満たすには、極端に負荷の大きい要件に対応できるように、単一のリージョン内、および複数のリージョンにわたって、複数のアプリ デプロイを使用してアプリを水平方向に拡張します。High-scale requirements can be met by horizontally scaling out apps, with multiple app deployments being made within a single region and across regions to handle extreme load requirements.
  • 1 つのリージョンで障害が発生した場合でも、アプリは高可用性とクライアント要求への応答性を実現する必要があります。The apps must be highly available and responsive to client requests even in single-region outages.

次のステップNext steps

この記事で紹介したトピックの関連情報:To learn more about topics introduced in this article:

ソリューションの例をテストする準備ができたら、地理的に分散されたアプリのソリューション デプロイ ガイドに進んでください。When you're ready to test the solution example, continue with the Geo-distributed app solution deployment guide. デプロイ ガイドでは、コンポーネントをデプロイしてテストするための詳細な手順について説明します。The deployment guide provides step-by-step instructions for deploying and testing its components. 地理的に分散されたアプリ パターンを使用し、さまざまなメトリックに基づいて特定のエンドポイントにトラフィックを送信する方法を学習します。You learn how to direct traffic to specific endpoints, based on various metrics using the geo-distributed app pattern. 地理的ベースのルーティングとエンドポイント構成で Traffic Manager プロファイルを作成すると、リージョンの要件、企業および国際的な規制、およびデータ ニーズに基づいて、情報がエンドポイントにルーティングされます。Creating a Traffic Manager profile with geographic-based routing and endpoint configuration ensures information is routed to endpoints based on regional requirements, corporate and international regulation, and your data needs.