ADAL 認証用のアプリの構成Configure your app for ADAL authentication

このトピックでは、アプリケーションを Azure Active Directory Authentication Library (ADAL) ベースの認証用に構成する手順について説明しています。This topic describes the steps for configuring your app for Azure Active Directory Authentication Library (ADAL) based authentication.

Azure 認証のセットアップAzure authentication setup

以下のものが必要です。You will need the following:

注意

IT 管理者に、Microsoft Azure Rights Management のサブスクリプションがあるかどうかを問い合わせ、以下の手順の実行を依頼します。Ask your IT Admin whether or not you have a subscription for Microsoft Azure Rights Management and, have your IT Admin perform the steps below. 組織にサブスクリプションがない場合、IT 管理者に作成してもらいます。If your organization does not have a subscription, you should have your IT admin create one. また、IT 管理者は、Microsoft アカウント (Hotmail など) ではなく、職場または学校アカウントでサブスクライブする必要があります。Also, your IT Admin should subscribe with a Work or school account, rather than a Microsoft account (i.e. Hotmail).

Microsoft Azure にサインアップした後:After signing up for Microsoft Azure:

Azure にログインする

  • ポータルの左下にある [Active Directory] アプリケーションを参照します。Browse down to the Active Directory application on the left side of the portal.

[Active Directory] を選択する

  • ディレクトリをまだ作成していない場合は、ポータルの左下隅にある [新規] ボタンを選択します。If you haven’t created a directory already, choose the New button located in the bottom left corner of the portal.

[新規] を選択する

  • [Rights Management] タブを選択し、[Rights Management のステータス][アクティブ][不明]、または [許可されていません] であることを確認します。Select the Rights Management tab and ensure that the Rights Management Status is either Active, Unknown or Unauthorized. ステータスが [非アクティブ] の場合は、ポータル中央下部にある [アクティブ化] ボタンを選択し、選択を確認します。If the status is Inactive, choose the Activate button at the bottom, center portion of the portal and confirm your selection.

[アクティブ化] を選択する

  • 次に、ディレクトリを選択して [アプリケーション] を選択し、ディレクトリに新しいネイティブ アプリケーションを作成します。Now, create a new Native Application in your directory by selecting your directory, choosing Applications.

[アプリケーション] を選択する

  • ポータル中央下部の [追加] ボタンを選択します。Then choose the Add button located in the bottom, center portion of the portal.

[追加] を選択する

  • メッセージが表示されたら、[組織で開発中のアプリケーションを追加] を選択します。At the prompt choose Add an application my organization is developing.

[組織で開発中のアプリケーションを追加] の選択

  • [ネイティブ クライアント アプリケーション] を選択して [次へ] ボタンを選択し、アプリケーションの名前を指定します。Name your application by selecting NATIVE CLIENT APPLICATION and choosing the Next button.

アプリの名前を指定する

  • リダイレクト URI を追加し、[次へ] を選択します。Add a redirection URI and choose next. リダイレクト URI は、有効な URI で、ディレクトリに対して一意である必要があります。The redirection URI needs to be a valid URI and unique to your directory. たとえば、https://contoso.azurewebsites.net/.auth/login/done のような URI を使用します。For example, you could use something like https://contoso.azurewebsites.net/.auth/login/done.

リダイレクト URI を追加する

  • ディレクトリでアプリケーションを選択し、[構成] を選択します。Select your application in the directory and choose CONFIGURE.

[構成] を選択する

注意

[クライアント ID][リダイレクト URI] をコピーし、後で RMS クライアントを構成するときのために保存します。Copy the CLIENT ID and REDIRECT URI and store them for future use when configuring the RMS client.

  • アプリケーション設定下部で [他のアプリケーションに対するアクセス許可][アプリケーションの追加] ボタンを選択します。Browse to the bottom of your application settings and choose the Add application button under permissions to other applications.

注意

Windows Azure Active Directory に表示される [デリゲートされたアクセス許可] は既定では正しく、オプションは 1 つだけ選択します。そのオプションは [サインインとユーザー プロファイルの読み取り] になります。The Delegated Permissions that are shown for Windows Azure Active Directory are correct by default – only one option should be selected and that option is Sign in and read user profile.

[アプリケーションの追加] を選択する

  • [Microsoft Rights Management] の隣の [+] ボタンを選択します。Choose the plus button next to Microsoft Rights Management.

[+] ボタンの選択

  • ダイアログの左下隅にあるチェック マークを選択します。Now, choose the check mark located on the bottom left corner of the dialog.

チェック マークを選択する

  • Azure RMS 用アプリケーションに依存関係を追加する準備ができました。You’re now ready to add a dependency to your application for Azure RMS. 依存関係を追加するには、[他のアプリケーションに対するアクセス許可] で新しい [Microsoft Rights Management サービス] エントリを選択し、[デリゲートされたアクセス許可] ドロップ ボックスで [ユーザー用の保護されたコンテンツを作成してアクセスする] チェック ボックスをオンにします。To add the dependency, select the new Microsoft Rights Management Services entry under permissions to other applications and choose the Create and access protected content for users checkbox under the Delegated Permissions: drop box.

アクセス許可を設定する

  • ポータル中央下部の [保存] アイコンを選択して、アプリケーションを保存します。Save your application to persist the changes by choosing the Save icon located on the bottom, center of the portal.

[保存] を選択する

コメントComments

コメントを投稿する前に、内部ルールを参照してください。Before commenting, we ask that you review our House rules.