概要Overview

Microsoft Information ProtectionMicrosoft Information Protection

Microsoft Information Protection (MIP) は、Microsoft の分類、ラベル作成、および保護の各サービスを統合したものです。Microsoft Information Protection (MIP) is the unification of Microsoft's classification, labeling, and protection services:

  • Microsoft 365、Azure Information Protection、Windows Information Protection、およびその他の Microsoft サービスの全体で統一された管理が提供されます。Unified administration is provided across Microsoft 365, Azure Information Protection, Windows Information Protection, and other Microsoft services.
  • サード パーティは、標準的で一貫性のあるデータ ラベル スキーマと保護サービスを使用しているアプリケーションと統合するために、この MIP SDK を使用することができます。Third parties can use the MIP SDK to integrate with applications, using a standard, consistent data labeling schema and protection service.

Microsoft Information Protection SDKMicrosoft Information Protection SDK

MIP SDK では、Office 365 セキュリティとコンプライアンス センターからサード パーティ製のアプリケーションとサービスに、ラベル作成サービスと保護サービスが公開されます。The MIP SDK exposes the labeling and protection services from Office 365 Security and Compliance Center, to third-party applications and services. 開発者は SDK を使用して、ファイルにラベルと保護を適用するためのネイティブ サポートを構築することができます。Developers can use the SDK to build native support for applying labels and protection to files. 開発者は、特定のラベルが検出されたときにどのアクションを実行する必要があるかを推論したり、MIP で暗号化された情報に対して推論したりすることができます。Developers can reason over which actions should be taken when specific labels are detected, and reason over MIP-encrypted information.

一連の Microsoft サービス全体に適用されるラベルと保護には、一貫性があります。The labels and protection applied to information across the suite of Microsoft services are consistent. 一貫性が、MIP をサポートするアプリケーションとサービスが、共通の予測可能な方法でラベルを読み書きすることを可能にします。Consistency allows applications and services that support MIP to read and write the labels in a common, predictable manner.

高度な MIP SDK のユース ケースには次のものがあります。High-level MIP SDK use cases include:

  • エクスポート時に分類ラベルをファイルに適用する基幹業務アプリケーション。A line-of-business application that applies classification labels to files on export.
  • CAD/CAM 設計プリケーションが、Microsoft Information Protection のラベル作成に対して、ネイティブ サポートを提供する。A CAD/CAM design application provides native support for Microsoft Information Protection labeling.
  • Cloud Access Security Broker またはデータ損失防止ソリューションが、Azure Information Protection で暗号化されたデータに対して推論する。A cloud access security broker or data loss prevention solution reasons over data encrypted with Azure Information Protection.

より網羅された一覧は、API の概念に関するページを参照してください。For a more exhaustive list, review API concepts.

MIP SDK は、次のプラットフォームで使用できます。The MIP SDK is supported on the following platforms:

オペレーティング システムOperating system バージョンVersions ダウンロードDownloads Notes
UbuntuUbuntu 16.0416.04 C++ tar.gzC++ tar.gz
UbuntuUbuntu 18.0418.04 C++ tar.gzC++ tar.gz
Java (プレビュー) tar.gzJava (Preview) tar.gz
.NET Core NuGet (プレビュー).NET Core NuGet (Preview)
RedHat Enterprise LinuxRedHat Enterprise Linux 7 と devtoolset-77 with devtoolset-7 C++ tar.gzC++ tar.gz
DebianDebian 99 C++ tar.gzC++ tar.gz
macOSmacOS High Sierra 以降High Sierra and later C++ .zipC++ .zip Xcode の開発には 9.4.1 以上が必要です。Xcode development requires 9.4.1 or greater.
WindowsWindows サポートされているすべてのバージョン、32/64 ビットAll supported versions, 32/64 bit C++/.NET Framework 4.6 .zipC++/.NET Framework 4.6 .zip
C++/.NET NuGetC++/.NET NuGet
Java (プレビュー) .zipJava (Preview) .zip
AndroidAndroid 7.0 以降7.0 and later C++ .zipC++ .zip 保護/ポリシー API のみ。Protection and Policy APIs only.
iOSiOS サポートされているすべてのバージョンAll supported versions C++ .zipC++ .zip 保護/ポリシー API のみ。Protection and Policy APIs only.

次のステップNext Steps

これで SDK を使用する準備ができました。Now you're ready to get started with the SDK. 最初に、MIP SDK の設定と構成の手順を完了する必要があります。The first thing you'll need to do is complete the MIP SDK setup and configuration steps. このステップにより、Microsoft 365 サブスクリプションとクライアント マシンが正しく設定されます。These steps will ensure your Microsoft 365 subscription and client machine are set up correctly.