ファイルと Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) を使ってエンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを追加する

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows7

問題のあるサイトのカスタム テキスト (TXT) ファイルか拡張マークアップ言語 (XML) ファイルを作り、それを Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) の [Bulk add from file] (ファイルから一括で追加) 領域に追加することで、エンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを追加できます。 特定の URL だけを追加できます。インターネット ゾーンやイントラネット ゾーンを追加することはできません。

Web サイトを 1 つずつ追加する場合は、「Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) を使ってエンタープライズ モードのサイト一覧にサイトを追加する」をご覧ください。

エンタープライズ モードのサイト一覧 (TXT) ファイルを作る

Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) でカスタム テキスト ファイルを作り、それを使ってエンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを同時に追加できます。

重要:
このテキスト ファイルでできるのは、複数のサイトを同時に追加することだけです。 このファイルを使って、エンタープライズ モードを会社に展開することはできません。

各サイトは、コンマまたは改行を使って区切る必要があります。 以下に例を示します。

microsoft.com, bing.com, bing.com/images

または

microsoft.com
bing.com
bing.com/images

エンタープライズ モード スキーマの v.2 バージョンを使ってエンタープライズ モード サイト一覧 (XML) ファイルを作成する

Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) でカスタム XML ファイルを作り、それを使ってエンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを同時に追加できます。

各 XML ファイルには、次の情報を含める必要があります。

  • サイト一覧のバージョン番号。 この番号は、一覧が最新かどうかを Internet Explorer に通知できるように、エンタープライズ モード サイト一覧のバージョンごとに大きくする必要があります。 約65秒間、インターネット Explorer11 が起動してから、サイトリストのバージョンが保存されているバージョン番号と比較されます。 ファイルの番号の方が大きい場合、新しいバージョンが読み込まれます。

    重要
    この確認の後、ブラウザーを再起動するまで、IE11 は更新された一覧を検索しません。

  • <compat-mode> タグ。 このタグは、特定のサイトまたはドメインに使う互換性設定を指定します。

  • <open-in> タグ。 このタグは、各サイトまたはドメインで開くブラウザーを指定します。

エンタープライズ モード v.2 XML スキーマの例

サイトの追加が完了したときに、どのような XML ファイルを作成する必要があるかを次の例に示します。 XML ファイルの作成方法について詳しくは、「エンタープライズ モード スキーマ v.2 ガイダンス」をご覧ください。

<site-list version="205">
    <!--- File creation header --->
    <created-by>
        <tool>EnterpriseSitelistManager</tool>
        <version>10240</version>
        <date-created>20150728.135021</date-created>
    </created-by>
    <!--- Begin Site List ---> 
    <site url="www.cpandl.com">
        <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
        <open-in>MSEdge</open-in>
    </site>
    <site url="www.cpandl.com/images">
        <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="contoso.com">
        <compat-mode>default</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
</site-list>

上の例では、次のことが当てはまります。

  • メイン ドメインである www.cpandl.com では、IE8 エンタープライズ モードを使う必要があります。 ただし、www.cpandl.com/images では IE7 エンタープライズ モードを使う必要があります。

  • contoso.com とそのドメインのすべてのパスでは、サイトの既定の互換モードを使うことができます。

サイト一覧を最新の状態に維持するためには、IE を開いた後 65 秒間待機してから、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\EnterpriseMode\ レジストリ キーの CurrentVersion 値がファイル内のバージョン番号と一致することを確認します。

重要
CurrentVersion が設定されていないか間違っている場合、XML の解析に失敗したことを意味します。 これは、XML ファイルがそこに存在しない、アクセスの問題が発生した、または XML ファイル形式が正しくないことを意味している可能性があります。 レジストリ設定 CurrentVersion を手動で変更しないでください。 サイト一覧に変更を加えて、一覧を更新するには、Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) のインポート機能を使う必要があります。

Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) に複数のサイトを追加する

.xml または .txt ファイルを作ったら、Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) にサイトを一括で追加できます。

複数のサイトを追加するには

  1. Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) で、[Bulk add from file](ファイルから一括で追加) をクリックします。

  2. 含まれているサイトをツールに追加するサイト一覧 (.txt または .xml) に移動し、[Open](開く) をクリックします。

    各サイトが検証され、成功した場合は、 [OK] をクリックしてメニューを閉じるとグローバル サイト一覧に追加されます。 サイトが検証に合格しない場合、問題の修正を試みるか、サイトを選び、 [Add to list] (一覧に追加) をクリックして検証の問題を無視することができます。 検証の問題の修正について詳しくは、「Enterprise Mode Site List Manager を使って検証の問題を解決する」をご覧ください。

  3. [OK] をクリックして [Bulk add sites to the list] (一覧にサイトを一括で追加) メニューを閉じます。

  4. [File] (ファイル) メニューの [Save to XML](XML に保存) をクリックし、ファイルを保存します。

    ファイルは、ローカルにもネットワーク共有にも保存できます。 ただし、必ずレジストリ キーで指定された場所に展開する必要があります。 レジストリ キーについて詳しくは、「 エンタープライズ モードを有効にしてサイト一覧を使う」をご覧ください。

次の手順

すべてのサイトをツールに追加し、XML にファイルを保存したら、他のエンタープライズ モード機能を構成して使うことができます。 エンタープライズ モードをローカルで有効にして、ユーザーが [ツール] メニューから個々の Web サイトでエンタープライズ モードを使うことを選ぶことができるようにすることもできます。 詳しくは、「エンタープライズ モードのローカル制御とログを有効にする」をご覧ください。

関連トピック