エンタープライズ モード スキーマ v.2 ガイダンスEnterprise Mode schema v.2 guidance

重要

Microsoft 365 アプリとサービスは、Internet Explorer 11 (2021 年8月17日) をサポートしていません (Microsoft Teams は、年11月 2020 30 日以降、Internet Explorer 11 より前のバージョンをサポートしていません)。Microsoft 365 apps and services will not support Internet Explorer 11 starting August 17, 2021 (Microsoft Teams will not support Internet Explorer 11 earlier, starting November 30, 2020). 詳しくはこちらをご覧くださいLearn more. Internet Explorer 11 はサポートされているブラウザーにとどまりますのでご注意ください。Please note that Internet Explorer 11 will remain a supported browser. Internet Explorer 11 は Windows オペレーティングシステムのコンポーネントであり、インストールされている製品の ライフサイクルポリシーに従い ます。Internet Explorer 11 is a component of the Windows operating system and follows the Lifecycle Policy for the product on which it is installed.

適用対象:Applies to:

  • Windows 10Windows10
  • Windows 8.1Windows8.1
  • Windows7Windows7

エンタープライズモードのサイトリストマネージャーを使用して、エンタープライズモードスキーマのバージョン 2.0 (Windows 10) を使用して、Windows 7、Windows 8.1、およびを実行しているデバイスのサイトリストを作成し、更新します。Use the Enterprise Mode Site List Manager to create and update your site list for devices running Windows 7, Windows 8.1, and Windows10, using the version 2.0 (v.2) of the Enterprise Mode schema. Enterprise Mode Site List Manager を使わない場合は、メモ帳や他の XML 編集アプリを使って、XML スキーマを更新することもできます。If you don't want to use the Enterprise Mode Site List Manager, you also have the option to update your XML schema using Notepad, or any other XML-editing app.

重要

Windows 7 または Windows 8.1 を実行しており、スキーマ バージョン 1.0 (v.1) を使っている場合、引き続き使用することもできますが、更新されたスキーマのメリットを得ることはできません。If you're running Windows 7 or Windows 8.1 and you've been using the version 1.0 (v.1) of the schema, you can continue to do so, but you won't get the benefits that come with the updated schema. v.1 スキーマについて詳しくは、「エンタープライズ モード スキーマ v.1 ガイダンス」をご覧ください。For info about the v.1 schema, see Enterprise Mode schema v.1 guidance.

エンタープライズ モード スキーマ v.2 の更新Enterprise Mode schema v.2 updates

スキーマ変更のために、スキーマの古いバージョン (v.1) と新しいバージョン (v.2) を組み合わせることはできません。Because of the schema changes, you can't combine the old version (v.1) with the new version (v.2) of the schema. XML ファイルの場合、次の項目から使っているバージョンを確認できます。If you look at your XML file, you can tell which version you're using by:

  • <rules>: <rules>. スキーマのルート ノードにこのキーが含まれる場合は、スキーマの v.1 バージョンを使っています。If your schema root node includes this key, you're using the v.1 version of the schema.

  • <site-list>: <site-list>. スキーマのルート ノードにこのキーが含まれる場合は、スキーマの v.2 バージョンを使っています。If your schema root node includes this key, you're using the v.2 version of the schema.

Windows 10 では引き続き v. バージョンのスキーマを使用できますが、新しい v. バージョンのスキーマ更新と新機能の利点はありません。You can continue to use the v.1 version of the schema on Windows10, but you won't have the benefits of the new v.2 version schema updates and new features. さらに、新しい Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) で v.1 バージョンのスキーマを保存すると、ファイルは v.2 バージョンのスキーマを使用するように自動的に更新されます。Additionally, saving the v.1 version of the schema in the new Enterprise Mode Site List Manager (schema v.2) automatically updates the file to use the v.2 version of the schema.

エンタープライズ モード v.2 スキーマの例Enterprise Mode v.2 schema example

次に、エンタープライズ モード スキーマの v.2 バージョンの例を示します。The following is an example of the v.2 version of the Enterprise Mode schema.

重要

URL を追加する場合は、プロトコルが指定されていないことを確認します。Make sure that you don't specify a protocol when adding your URLs. などの URL を使用する <url="contoso.com"> と、の両方に自動的に適用さ http://contoso.com https://contoso.com れます。Using a URL like <url="contoso.com">, automatically applies to both http://contoso.com and https://contoso.com.

<site-list version="205">
    <!-- File creation header -->
    <created-by>
        <tool>EnterpriseSitelistManager</tool>
        <version>10240</version>
        <date-created>20150728.135021</date-created>
    </created-by>
    <!-- Begin Site List --> 
    <site url="www.cpandl.com">
        <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
        <open-in>MSEdge</open-in>
    </site>
    <site url="www.woodgrovebank.com">
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="adatum.com">
        <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="contoso.com">
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="relecloud.com"/>  
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>None</open-in>
    <site url="relecloud.com/about">  
        <compat-mode>IE8Enterprise"</compat-mode>
        <open-in>None</open-in>
    </site>
    <site url="contoso.com/travel">
        <compat-mode>IE7</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="fabrikam.com">
         <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
         <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="fabrikam.com/products">
         <compat-mode>IE7</compat-mode>
         <open-in>IE11</open-in>
    </site> 
</site-list>

更新されたスキーマ要素Updated schema elements

次の表には、エンタープライズ モード スキーマの v.2 バージョンで使われる要素が記載されています。This table includes the elements used by the v.2 version of the Enterprise Mode schema.

要素Element 説明Description サポートされているブラウザーSupported browser
<site-list><site-list> このテキストを含む新しいルート ノードでは、更新された v.2 バージョンのスキーマを使います。A new root node with this text is using the updated v.2 version of the schema. <rules> を置き換えます。It replaces <rules>.

Example

<site-list version="205">
  <site url="contoso.com">
    <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
    <open-in>IE11</open-in>
  </site>
</site-list>
インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge
<site><site> エンタープライズ モード サイト一覧に加える各サイトに追加された固有のエントリ。A unique entry added for each site you want to put on the Enterprise Mode site list. 最初の <site> 要素は、<url> 要素に対して同じ値を使う他の <site> 要素よりも優先されます。The first <site> element will overrule any additional <site> elements that use the same value for the <url> element.

Example

<site url="contoso.com">
  <compat-mode>default</compat-mode>
  <open-in>none</open-in>
</site>
- または --or-

IPv4 の範囲の場合:For IPv4 ranges:

<site url="10.122.34.99:8080">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

または-or-

IPv6 の範囲の場合:For IPv6 ranges:

<site url="[10.122.34.99]:8080">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

また、自己終了バージョンの url = contoso.com を使用することもでき < " " / > ます。これは、次のようにも設定されます。You can also use the self-closing version, <url="contoso.com" />, which also sets:

  • <compat-mode>default</compat-mode><compat-mode>default</compat-mode>
  • <open-in>none</open-in><open-in>none</open-in>
インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge
<compat-mode><compat-mode> 特定のサイトまたはドメインに使われる互換性設定を制御する子要素。A child element that controls what compatibility setting is used for specific sites or domains. この要素は、IE11 でのみサポートされます。This element is only supported in IE11.

Example

<site url="contoso.com">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
</site>
- または --or-

IPv4 の範囲の場合:For IPv4 ranges:

<site url="10.122.34.99:8080">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

または-or-

IPv6 の範囲の場合:For IPv6 ranges:

<site url="[10.122.34.99]:8080">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

各値の意味は次のとおりです。Where:

  • IE8Enterprise。IE8Enterprise. IE8 エンタープライズ モードでサイトを読み込みます。Loads the site in IE8 Enterprise Mode.
    この要素は、v.1 スキーマの EmIE セクションに含まれたサイトに必要で、IE8 エンタープライズ モードで読み込む必要があります。This element is required for sites included in the EmIE section of the v.1 schema and is needed to load in IE8 Enterprise Mode.
  • IE7Enterprise。IE7Enterprise. IE7 エンタープライズ モードでサイトを読み込みます。Loads the site in IE7 Enterprise Mode.
    この要素は、v.1 スキーマの EmIE セクションに含まれたサイトに必要で、IE7 エンタープライズ モードで読み込む必要があります。This element is required for sites included in the EmIE section of the v.1 schema and is needed to load in IE7 Enterprise Mode.

    重要Important
    このタグは、"forceCompatView"="true" 属性と、v.1 バージョンのスキーマの EmIE セクションで指定されたサイトの一覧の組み合わせを置き換えます。This tag replaces the combination of the "forceCompatView"="true" attribute and the list of sites specified in the EmIE section of the v.1 version of the schema.

  • IE[x]IE[x]. [x] はサイトが読み込まれるドキュメント モードの番号です。Where [x] is the document mode number into which the site loads.
  • 既定または未指定。Default or not specified. ページの既定の互換モードを使ってサイトを読み込みます。Loads the site using the default compatibility mode for the page. この場合、X-UA-compatible meta タグまたは HTTP ヘッダーが優先されます。In this situation, X-UA-compatible meta tags or HTTP headers are honored.
インターネット Explorer11Internet Explorer11
<open-in><open-in> サイトに使われるブラウザーの種類を制御する子要素。A child element that controls what browser is used for sites. この要素は、Windows 10 を実行するデバイスで、[Open in IE11] (IE11 で開く) または [Open in Microsoft Edge] (Microsoft Edge で開く) の操作をサポートします。This element supports the Open in IE11 or Open in Microsoft Edge experiences, for devices running Windows 10.

Example

<site url="contoso.com">
  <open-in>none</open-in>
</site>

各値の意味は次のとおりです。Where:

  • IE11。IE11. 従業員が開いたブラウザーに関係なく、IE11 でサイトを開きます。Opens the site in IE11, regardless of which browser is opened by the employee.
  • MSEdge。MSEdge. 従業員が開いたブラウザーに関係なく、Microsoft Edge でサイトを開きます。Opens the site in Microsoft Edge, regardless of which browser is opened by the employee.
  • none または未指定。None or not specified. 従業員が選択したブラウザーで開きます。Opens in whatever browser the employee chooses.
インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge

更新されたスキーマ属性Updated schema attributes

v.2 バージョンのスキーマの <site> 要素に含まれる <url> 属性は、v.1 バージョンのスキーマの <domain> 要素を置き換えます。The <url> attribute, as part of the <site> element in the v.2 version of the schema, replaces the <domain> element from the v.1 version of the schema.

属性Attribute 説明Description サポートされているブラウザーSupported browser
allow-redirectallow-redirect リダイレクトされたサイトの動作を制御する <open-in> 要素のブール属性。A boolean attribute of the <open-in> element that controls the behavior for redirected sites. この属性を true に設定すると、 " " サイトが HTTP または meta refresh リダイレクションチェーンの一部として移動された場合でも、IE11 または Microsoft Edge でサイトが開かれることを示します。Setting this attribute to "true" indicates that the site will open in IE11 or Microsoft Edge even if the site is navigated to as part of a HTTP or meta refresh redirection chain. 属性を省略すると false になり " " ます (リダイレクトチェーンのサイトは、他のブラウザーでは開かれません)。Omitting the attribute is equivalent to "false" (sites in redirect chain will not open in another browser).

Example

<site url="contoso.com/travel">
  <open-in allow-redirect="true">IE11</open-in>
</site>
この例では、 https://contoso.com/travel Microsoft Edge のリダイレクトチェーンで発生した場合は、Internet Explorer で開かれます。In this example, if https://contoso.com/travel is encountered in a redirect chain in Microsoft Edge, it will be opened in Internet Explorer.
インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge
versionversion エンタープライズ モード サイト一覧のバージョンを指定します。Specifies the version of the Enterprise Mode Site List. この属性は <site-list> 要素でサポートされます。This attribute is supported for the <site-list> element. インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge
urlurl 子要素を適用する URL (および標準的なポート規則を使うポート番号) を指定します。Specifies the URL (and port number using standard port conventions) to which the child elements apply. URL には、ドメイン、サブドメイン、または任意のパス URL が含まれます。The URL can be a domain, sub-domain, or any path URL.
Note
プロトコルを指定'していないことを確認します。Make sure that you don't specify a protocol. <サイト url = " contoso.com " > は両方に適用さ http://contoso.com https://contoso.com れます。Using <site url="contoso.com"> applies to both http://contoso.com and https://contoso.com.

Example

<site url="contoso.com:8080">
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
  <open-in>IE11</open-in>
</site>
この例では、 https://contoso.com:8080 Microsoft Edge を使用して、IE11 でサイトを開き、IE8 エンタープライズモードで読み込みます。In this example, going to https://contoso.com:8080 using Microsoft Edge, causes the site to open in IE11 and load in IE8 Enterprise Mode.
インターネット Explorer11 と Microsoft EdgeInternet Explorer11 and Microsoft Edge

推奨されなくなった属性Deprecated attributes

次の v.1 バージョンのスキーマの属性は、v.2 バージョンのスキーマで推奨されなくなりました。These v.1 version schema attributes have been deprecated in the v.2 version of the schema:

廃止される要素/属性Deprecated element/attribute 新しい要素New element 置換の例Replacement example
forceCompatViewforceCompatView <compat-mode><compat-mode> ForceCompatView = " true " を < 、compat モードの > IE7Enterprise < /compat-mode に置き換えます。>Replace forceCompatView="true" with <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
docModedocMode <compat-mode><compat-mode> ドックモード = " ie5 " を < compat モードの > ie5 < /compat-mode に置き換えます。>Replace docMode="IE5" with <compat-mode>IE5</compat-mode>
doNotTransitiondoNotTransition <open-in><open-in> 画面切り替えを置換 = " true " をオープンインなしで置き換える < > < /open-in>Replace doNotTransition="true" with <open-in>none</open-in>
<domain> と <path><domain> and <path> <site><site> 次の内容Replace:
<emie>
  <domain>contoso.com</domain>
</emie>
を、次の内容に置き換えます。With:
<site url="contoso.com"/>
  <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
  <open-in>IE11</open-in>
</site>
さらに-AND-

次の内容Replace:

<emie>
  <domain exclude="true" doNotTransition="true">
    contoso.com
    <path forceCompatView="true">/about</path>
  </domain>
</emie>
を、次の内容に置き換えます。With:
<site url="contoso.com/about">
  <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
  <open-in>IE11</open-in>
</site>

以前の置換された属性は v.2 バージョンのスキーマでサポートされていませんが、v.1 バージョンのスキーマで引き続き動作します。While the old, replaced attributes aren't supported in the v.2 version of the schema, they'll continue to work in the v.1 version of the schema. ただし、v.2 バージョンのスキーマを使っており、これらの属性がそのまま残っている場合は、v.2 バージョンのスキーマが優先されます。If, however, you're using the v.2 version of the schema and these attributes are still there, the v.2 version schema takes precedence. 2 つのスキーマを組み合わせることはお勧めしません。その代わり、v.2 バージョンのスキーマに移行して、新機能を活用することをお勧めします。We don’t recommend combining the two schemas, and instead recommend that you move to the v.2 version of the schema to take advantage of the new features.

重要

新しい Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) を使って v.1 バージョンのファイルを保存しても、XML が新しい v.2 バージョンのスキーマに自動的に更新されます。Saving your v.1 version of the file using the new Enterprise Mode Site List Manager (schema v.2) automatically updates the XML to the new v.2 version of the schema.

スキーマに含めないものWhat not to include in your schema

次の項目はスキーマに追加しないことをお勧めします。これらの情報によって互換性リストが予想しない動作を行う場合があるためです。We recommend that you not add any of the following items to your schema because they can make your compatibility list behave in unexpected ways:

  • プロトコルは使用しないでください。Don’t use protocols. たとえば、http://https://、またはカスタム プロトコルです。For example, http://, https://, or custom protocols. これらによって解析が中断されます。They break parsing.
  • ワイルドカードは使用しないでください。Don’t use wildcards.
  • クエリ文字列は使用しないでください。アンパサンドによって解析が中断されます。Don’t use query strings, ampersands break parsing.

関連トピックRelated topics