エンタープライズ モード スキーマ v.2 ガイダンス

重要

2022 Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは廃止され、2022 年 6 月 15 日にサポートが終了します。 スコープ内の一覧については 、「FAQ」を参照してください。 現在使用しているものと同じ IE11 アプリとサイトを、Internet Explorer モードの Microsoft Edge で開くことができます。 詳細については、こちらを参照してください

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7

Enterprise Mode Site List Manager を使って、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 を実行し、エンタープライズ モード スキーマのバージョン 2.0 (v.2) を使用するデバイス向けのサイト一覧を作成および更新します。 Enterprise Mode Site List Manager を使わない場合は、メモ帳や他の XML 編集アプリを使って、XML スキーマを更新することもできます。

重要

Windows 7 または Windows 8.1 を実行しており、スキーマ バージョン 1.0 (v.1) を使っている場合、引き続き使用することもできますが、更新されたスキーマのメリットを得ることはできません。 v.1 スキーマについて詳しくは、「エンタープライズ モード スキーマ v.1 ガイダンス」をご覧ください。

エンタープライズ モード スキーマ v.2 の更新

スキーマ変更のために、スキーマの古いバージョン (v.1) と新しいバージョン (v.2) を組み合わせることはできません。 XML ファイルの場合、次の項目から使っているバージョンを確認できます。

  • <rules>: スキーマのルート ノードにこのキーが含まれる場合は、スキーマの v.1 バージョンを使っています。

  • <site-list>: スキーマのルート ノードにこのキーが含まれる場合は、スキーマの v.2 バージョンを使っています。

Windows 10 でスキーマの v.1 バージョンを継続して使うことはできますが、新しい v.2 バージョンのスキーマの更新プログラムや新しい機能のメリットは受けられません。 さらに、新しい Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) で v.1 バージョンのスキーマを保存すると、ファイルは v.2 バージョンのスキーマを使用するように自動的に更新されます。

エンタープライズ モード v.2 スキーマの例

次に、エンタープライズ モード スキーマの v.2 バージョンの例を示します。

重要

URL を追加する場合は、プロトコルが指定されていないことを確認します。 のような URL を使用 <url="contoso.com"> すると、自動的に両方に http://contoso.com 適用されます https://contoso.com

<site-list version="205">
    <!-- File creation header -->
    <created-by>
        <tool>EnterpriseSitelistManager</tool>
        <version>10240</version>
        <date-created>20150728.135021</date-created>
    </created-by>
    <!-- Begin Site List --> 
    <site url="www.cpandl.com">
        <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
        <open-in>MSEdge</open-in>
    </site>
    <site url="www.woodgrovebank.com">
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="adatum.com">
        <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="contoso.com">
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="relecloud.com"/>  
        <compat-mode>Default</compat-mode>
        <open-in>None</open-in>
    <site url="relecloud.com/about">  
        <compat-mode>IE8Enterprise"</compat-mode>
        <open-in>None</open-in>
    </site>
    <site url="contoso.com/travel">
        <compat-mode>IE7</compat-mode>
        <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="fabrikam.com">
         <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
         <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    <site url="fabrikam.com/products">
         <compat-mode>IE7</compat-mode>
         <open-in>IE11</open-in>
    </site> 
</site-list>

更新されたスキーマ要素

次の表には、エンタープライズ モード スキーマの v.2 バージョンで使われる要素が記載されています。

要素 説明 サポートされているブラウザー
<site-list> このテキストを含む新しいルート ノードでは、更新された v.2 バージョンのスキーマを使います。 <rules> を置き換えます。

<site-list version="205">
<site url="contoso.com">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<open-in>IE11</open-in>
</site>
</site-list>
Internet Explorer 11 と Microsoft Edge
<site> エンタープライズ モード サイト一覧に加える各サイトに追加された固有のエントリ。 最初の <site> 要素は、<url> 要素に対して同じ値を使う他の <site> 要素よりも優先されます。
<site url="contoso.com">
<compat-mode>default</compat-mode>
<open-in>none</open-in>
</site>

または IPv4 範囲の場合:
<site url="10.122.34.99:8080">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>


または IPv6 範囲の場合:

<site url="[10.122.34.99]:8080">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>


また、自己終了バージョンの <url="contoso.com" /> を使うこともできます。これは次の項目も設定します。

  • <compat-mode>default</compat-mode>
  • <open-in>none</open-in>
Internet Explorer 11 と Microsoft Edge
<compat-mode> 特定のサイトまたはドメインに使われる互換性設定を制御する子要素。 この要素は、IE11 でのみサポートされます。

<site url="contoso.com">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
</site>
or
IPv4 の範囲の場合:
<site url="10.122.34.99:8080">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

または IPv6 範囲の場合:

<site url="[10.122.34.99]:8080">
<compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
<site>

[場所]

  • IE8Enterprise。 IE8 エンタープライズ モードでサイトを読み込みます。
    この要素は、v.1 スキーマの EmIE セクションに含まれたサイトに必要で、IE8 エンタープライズ モードで読み込む必要があります。
  • IE7Enterprise。 IE7 エンタープライズ モードでサイトを読み込みます。
    この要素は、v.1 スキーマのEmIEセクションに含まれるサイトに必要であり、IE7 Enterprise モードで読み込むEnterpriseです。

    重要
    このタグは、"forceCompatView"="true" 属性と、v.1 バージョンのスキーマの EmIE セクションで指定されたサイトの一覧の組み合わせを置き換えます。

  • **IE [x] **. [x] はサイトが読み込まれるドキュメント モードの番号です。
  • 既定または未指定。 ページの既定の互換モードを使ってサイトを読み込みます。 この場合、X-UA-compatible meta タグまたは HTTP ヘッダーが優先されます。
Internet Explorer 11
<open-in> サイトに使われるブラウザーの種類を制御する子要素。 この要素は、Windows 10 を実行するデバイスで、[Open in IE11] (IE11 で開く) または [Open in Microsoft Edge] (Microsoft Edge で開く) の操作をサポートします。
<site url="contoso.com">
<open-in>none</open-in>
</site>


[場所]

  • IE11。 従業員が開いたブラウザーに関係なく、IE11 でサイトを開きます。
  • MSEdge。 従業員が開いたブラウザーに関係なく、Microsoft Edge でサイトを開きます。
  • none または未指定。 従業員が選択したブラウザーで開きます。
Internet Explorer 11 と Microsoft Edge

更新されたスキーマ属性

v.2 バージョンのスキーマの <site> 要素に含まれる <url> 属性は、v.1 バージョンのスキーマの <domain> 要素を置き換えます。

属性 説明 サポートされているブラウザー
allow-redirect リダイレクトされたサイトの動作を制御する <open-in> 要素のブール属性。 この属性を "true" に設定した場合、HTTP またはメタ更新リダイレクト チェーンの一部としてサイトに移動する場合でも、IE11 または Microsoft Edge でサイトが開かれることを示します。 この属性を省略することは "false" に設定することと同じです (リダイレクト チェーン内のサイトは別のブラウザーでは開かれません)。
<site url="contoso.com/travel">
<open-in allow-redirect="true">IE11 </open-in>
</site>
この例では、サーバー内のリダイレクト チェーンで検出された場合Microsoft Edgeで開 https://contoso.com/travel Internet Explorer。
  • Internet Explorer 11 と Microsoft Edge
    version エンタープライズ モード サイト一覧のバージョンを指定します。 この属性は <site-list> 要素でサポートされます。 Internet Explorer 11 と Microsoft Edge
    url 子要素を適用する URL (および標準的なポート規則を使うポート番号) を指定します。 URL には、ドメイン、サブドメイン、または任意のパス URL が含まれます。

    プロトコルが指定されていないことを確認します。 サイト < url="contoso.com" の使用 > は、 と の両方に https://contoso.com 適用されます https://contoso.com
    <site url="contoso.com:8080">
    <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
    <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    この例では、IE11 https://contoso.com:8080 でサイトMicrosoft Edge開き、IE8 モードで読み込Enterpriseします。
    Internet Explorer 11 と Microsoft Edge

    推奨されなくなった属性

    次の v.1 バージョンのスキーマの属性は、v.2 バージョンのスキーマで推奨されなくなりました。

    推奨されなくなった属性 新しい属性 置換の例
    forceCompatView <compat-mode> <forceCompatView="true">を < compat-mode > IE7Enterprise/compat-mode <>
    docMode <compat-mode> <docMode="IE5"> を <compat-mode>IE5</compat-mode> に置換する
    doNotTransition <open-in> 次の内容
    <doNotTransition="true" オープン > < イン > なし < /open-in>
    <domain> と <path> <site> 次の内容
    <emie>
    <domain>contoso.com</domain>
    </emie>
    を、次の内容に置き換えます。
    <site url="contoso.com"/> 
    <compat-mode>IE8Enterprise</compat-mode>
    <open-in>IE11</open-in>
    </site>
    さらに
    次の内容
    <emie> 
    <domain exclude="true" donotTransition="true">contoso.com
    <path forceCompatView="true">/about</path>
    </domain>
    </emie>

    を、次の内容に置き換えます。
    <site url="contoso.com/about">
    <compat-mode>IE7Enterprise</compat-mode>
    <open-in>IE11</open-in>
    </site>

    以前の置換された属性は v.2 バージョンのスキーマでサポートされていませんが、v.1 バージョンのスキーマで引き続き動作します。 ただし、v.2 バージョンのスキーマを使っており、これらの属性がそのまま残っている場合は、v.2 バージョンのスキーマが優先されます。 2 つのスキーマを組み合わせることはお勧めしません。その代わり、v.2 バージョンのスキーマに移行して、新機能を活用することをお勧めします。

    重要

    新しい Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) を使って v.1 バージョンのファイルを保存しても、XML が新しい v.2 バージョンのスキーマに自動的に更新されます。

    スキーマに含めないもの

    次の項目はスキーマに追加しないことをお勧めします。これらの情報によって互換性リストが予想しない動作を行う場合があるためです。

    • プロトコルは使用しないでください。 たとえば、http://https://、またはカスタム プロトコルです。 これらによって解析が中断されます。
    • ワイルドカードは使用しないでください。
    • クエリ文字列は使用しないでください。アンパサンドによって解析が中断されます。

    関連トピック