[互換表示] ボタンが見当たらない

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows7
  • Windows Server2012R2
  • Windows Server2008R2 Service Pack1 (SP1)

互換表示は、従来の相互運用可能な web 標準をサポートするために、既存のコンテンツを更新するために、Windows Internet Explorer8 で導入されました。 それ以降、Internet Explorer Web プラットフォームだけでなく Web 自体も変化し、ほとんどのパブリック Web コンテンツでは IE 7 互換の動作ではなく、標準ベースの機能が求められています。

このような変更により、最新の標準モードでインターネット Explorer11 を使用すると、以前よりも web との互換性が高まります。 その結果、IE11 では [互換表示] ボタンの使用を止め、開発者向けの F12 開発者ツールの互換性オプションの数を減らして、ユーザー向けの Web ページの互換性機能を簡略化しています。

[互換表示] ボタンに関する変更

以前のバージョンの IE では、[互換表示] ボタンを使用すると、インターネット Explorer7 の場合と同じようにページが表示されるため、破損した標準ベースの web サイトを解決することができます。 ただし、現在のところ、標準ベースの web サイトは、インターネット Explorer7 の場合と同じように表示されています。 そのため、開発者は、互換表示を実装して使う代わりに、サーバーの構成を更新しています。つまり、コンテンツを強制的に "Edge" モードにする X-UA-Compatible メタ タグを追加して、 [互換表示] ボタンを非表示にしています。 これらの変化をサポートするために、IE11 では [互換表示] ボタンが完全に削除されました。

互換表示が必要な場合の対処方法

会社の事情に応じて、場合によっては互換表示を引き続き使う必要があります。 この場合、このプロセスを回避策として厳密に表示する必要があります。 Web サイト ベンダーと協力のうえ、影響を受けるページを最新の Web 標準に対応させる必要があります。 次に示す機能は、現在推奨されておらず、将来削除されます。

重要
この機能は、デスクトップ用 Internet Explorer でのみ利用できます。

互換表示設定を変更するには

  1. デスクトップ用 Internet Explorer を開き、 [ツール][互換表示設定] の順にクリックします。

  2. [互換表示設定] ボックスに、問題のある Web サイトの URL を追加し、 [追加] をクリックします。

    特定のコンピューター用に、この Web サイトでのみ [互換表示] がオンになります。

  3. 互換表示を使ってイントラネット サイトを表示するかどうかと、Microsoft 互換性リストを使うかどうかを決定し、 [閉じる] をクリックします。