[互換表示] ボタンが見当たらないMissing the Compatibility View Button

適用対象:Applies to:

  • Windows 10Windows10
  • Windows 8.1Windows8.1
  • Windows7Windows7
  • Windows Server2012R2Windows Server2012R2
  • Windows Server2008R2 Service Pack1 (SP1)Windows Server2008R2 with Service Pack1 (SP1)

互換表示は、従来の相互運用可能な web 標準をサポートするために、既存のコンテンツを更新するために、Windows Internet Explorer8 で導入されました。Compatibility View was introduced in Windows Internet Explorer8 to help existing content continue to work with Windows Internet Explorer7, while developers updated their content to support modern interoperable web standards. それ以降、Internet Explorer Web プラットフォームだけでなく Web 自体も変化し、ほとんどのパブリック Web コンテンツでは IE 7 互換の動作ではなく、標準ベースの機能が求められています。Since then, the Internet Explorer web platform, and the web itself, have changed so that most public web content looks for standards-based features instead of IE 7-compatible behavior.

このような変更により、最新の標準モードでインターネット Explorer11 を使用すると、以前よりも web との互換性が高まります。Thanks to these changes, using Internet Explorer11 in the latest standards mode is more compatible with the web than ever before. その結果、IE11 では [互換表示] ボタンの使用を止め、開発者向けの F12 開発者ツールの互換性オプションの数を減らして、ユーザー向けの Web ページの互換性機能を簡略化しています。As a result, IE11 simplifies web page compatibility for users by removing the Compatibility View button and reducing the number of compatibility options in the F12 developer tools for developers.

[互換表示] ボタンに関する変更What happened to the Compatibility View button?

以前のバージョンの IE では、[互換表示] ボタンを使用すると、インターネット Explorer7 の場合と同じようにページが表示されるため、破損した標準ベースの web サイトを解決することができます。In previous versions of IE, the Compatibility View button would attempt to fix a broken standards-based website, by getting the page to appear like it did in Internet Explorer7. ただし、現在のところ、標準ベースの web サイトは、インターネット Explorer7 の場合と同じように表示されています。Today however, more standards-based websites are broken by attempting to appear like they did in Internet Explorer7. そのため、開発者は、互換表示を実装して使う代わりに、サーバーの構成を更新しています。つまり、コンテンツを強制的に "Edge" モードにする X-UA-Compatible メタ タグを追加して、 [互換表示] ボタンを非表示にしています。So instead of implementing and using Compatibility View, developers are updating their server configuration to add X-UA-Compatible meta tags, which forces the content to the “edge”, making the Compatibility View button disappear. これらの変化をサポートするために、IE11 では [互換表示] ボタンが完全に削除されました。In support of these changes, the Compatibility View button has been completely removed for IE11.

互換表示が必要な場合の対処方法What if I still need Compatibility View?

会社の事情に応じて、場合によっては互換表示を引き続き使う必要があります。There might be extenuating circumstances in your company, which require you to continue to use Compatibility View. この場合、このプロセスを回避策として厳密に表示する必要があります。In this situation, this process should be viewed strictly as a workaround. Web サイト ベンダーと協力のうえ、影響を受けるページを最新の Web 標準に対応させる必要があります。You should work with the website vendor to make sure that the affected pages are updated to match the latest web standards. 次に示す機能は、現在推奨されておらず、将来削除されます。The functionality described here is currently deprecated and will be removed at a time in the future.

重要Important
この機能は、デスクトップ用 Internet Explorer でのみ利用できます。This functionality is only available in Internet Explorer for the desktop.

互換表示設定を変更するにはTo change your Compatibility View settings

  1. デスクトップ用 Internet Explorer を開き、 [ツール][互換表示設定] の順にクリックします。Open Internet Explorer for the desktop, click Tools, and then click Compatibility View settings.

  2. [互換表示設定] ボックスに、問題のある Web サイトの URL を追加し、 [追加] をクリックします。In the Compatibility View Settings box, add the problematic website URL, and then click Add.

    特定のコンピューター用に、この Web サイトでのみ [互換表示] がオンになります。Compatibility View is turned on for this single website, for this specific computer.

  3. 互換表示を使ってイントラネット サイトを表示するかどうかと、Microsoft 互換性リストを使うかどうかを決定し、 [閉じる] をクリックします。Decide if you want your intranet sites displayed using Compatibility View, decide whether to use Microsoft compatibility lists, and then click Close.