エンタープライズ モードのログとデータ収集のセットアップSet up Enterprise Mode logging and data collection

重要

Microsoft 365 アプリとサービスは、Internet Explorer 11 (2021 年8月17日) をサポートしていません (Microsoft Teams は、年11月 2020 30 日以降、Internet Explorer 11 より前のバージョンをサポートしていません)。Microsoft 365 apps and services will not support Internet Explorer 11 starting August 17, 2021 (Microsoft Teams will not support Internet Explorer 11 earlier, starting November 30, 2020). 詳しくはこちらをご覧くださいLearn more. Internet Explorer 11 はサポートされているブラウザーにとどまりますのでご注意ください。Please note that Internet Explorer 11 will remain a supported browser. Internet Explorer 11 は Windows オペレーティングシステムのコンポーネントであり、インストールされている製品の ライフサイクルポリシーに従い ます。Internet Explorer 11 is a component of the Windows operating system and follows the Lifecycle Policy for the product on which it is installed.

適用対象:Applies to:

  • Windows 10Windows10
  • Windows 8.1Windows8.1
  • Windows7Windows7
  • Windows Server2012R2Windows Server2012R2
  • Windows Server2008R2 Service Pack1 (SP1)Windows Server2008R2 with Service Pack1 (SP1)

グループ ポリシーを使うと、Internet Explorer のエンタープライズ モードを有効にし、Administrative Templates\Windows Components\Internet Explorer カテゴリ パスにある [ユーザーが [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使うことができるようにする] 設定を通じてローカル ユーザーによる制御を有効にすることができます。Using Group Policy, you can turn on Enterprise Mode for Internet Explorer and then you can turn on local user control using the Let users turn on and use Enterprise Mode from the Tools menu setting, located in the Administrative Templates\Windows Components\Internet Explorer category path. この設定を有効にすると、ユーザーは IE の [ツール] メニューからエンタープライズ モードをローカルで有効にすることができます。After you turn this setting on, your users can turn on Enterprise Mode locally, from the IE Tools menu.

[ツール] メニューの [エンタープライズ モード] オプション

[[ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使用できるようにする] 設定では、ユーザー レポートの送信先 (URL) を指定することもできます。The Let users turn on and use Enterprise Mode from the Tools menu setting also lets you decide where to send the user reports (as a URL). カスタムの HTTP ポート 81 を作成し、着信したユーザー情報を専用サイトに送ることをお勧めします。We recommend creating a custom HTTP port 81 to let your incoming user information go to a dedicated site. 他の Web サイトのトラフィックからエンタープライズ モードのトラフィックをすばやく抽出するには、専用のサイトが重要です。A dedicated site is important so you can quickly pick out the Enterprise Mode traffic from your other website traffic.

エンタープライズ モードを有効にするグループ ポリシー

これらのレポートを取得することで、正しく動作していないサイトを自分で探すことなく検出し、これらをエンタープライズ モード サイト一覧に追加できます。Getting these reports lets you find out about sites that aren’t working right, so you can add them to your Enterprise Mode site list, without having to locate them all yourself. サイト一覧の作成と使用について詳しくは、お使いのオペレーティング システムに応じて「ファイルと Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.2) を使ってエンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを追加する」または「ファイルと Enterprise Mode Site List Manager (スキーマ v.1) を使ってエンタープライズ モード サイト一覧に複数のサイトを追加する」をご覧ください。For more information about creating and using a site list, see the Add multiple sites to the Enterprise Mode site list using a file and the Enterprise Mode Site List Manager (schema v.2) or the Add multiple sites to the Enterprise Mode site list using a file and the Enterprise Mode Site List Manager (schema v.1) topic, based on your operating system.

ASP を使ってデータを収集するUsing ASP to collect your data

ログを有効にするには、更新をリッスンすることができるサーバーをポイントする有効な URL がユーザーのレジストリ キーに必要です。When you turn logging on, you need a valid URL that points to a server that can be listened to for updates to a user’s registry key. つまり、ユーザーが [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効または無効に設定するたびに送信される POST メッセージの着信用のエンドポイント サーバーをセットアップする必要があります。This means you need to set up an endpoint server for the incoming POST messages, which are sent every time the user turns Enterprise Mode on or off from the Tools menu.

エンドポイント サーバーをセットアップするにはTo set up an endpoint server

  1. IIS サーバーを構成して、エンタープライズ モードのデータ収集プロセスと連携するように指定します。Configure an IIS server to work with your Enterprise Mode data collection process. IIS の設定方法がわからない場合は、 IIS のインストールに関する Web ページをご覧ください。If you’re unsure how to set up IIS, see the IIS installation webpage.

  2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) を開き、 役割および機能の追加ウィザード[サーバーの役割] ページで ASP コンポーネントを有効にします。Open Internet Information Services (IIS) and turn on the ASP components from the Add Roles and Features Wizard, Server Roles page.

    これにより、着信した POST メッセージを受け入れる ASP フォームを作成することができます。This lets you create an ASP form that accepts the incoming POST messages.

  3. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを開き、[バインド] をクリックして、[ポート 81] を強調表示します。次に、[編集] をクリックし、カスタム作成したポートに合わせてポート 81 を指すように Web サイトの情報を変更します。Open the Internet Information Services (IIS) Manager, click Bindings, highlight Port 81, click Edit, and then change the website information to point to Port 81 so it matches your custom-created port.

    IIS マネージャーでの Web サイト バインドの編集

  4. [ログ記録] 機能を開き、形式として [W3C] を選びます。次に、[フィールドの選択] をクリックして、[W3C ログ記録フィールド] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Logging feature, pick W3C for the format, and click Select Fields to open the W3C Logging Fields box.

    IIS マネージャーでのログ記録オプションの設定

  5. W3C ログ記録フィールドを変更して、標準の [日付][クライアント IP アドレス][ユーザー名][URI クエリ] の各フィールドのみが含まれるように指定し、[OK] をクリックします。Change the WC3 logging fields to include only the Date, Client IP, User Name, and URI Query standard fields, and then click OK.

    これらのフィールドのみを使うことでログ ファイルを見やすくし、ユーザーによって変更されたサイトについて、日付、クライアント IP アドレス、Web サイトの URI 情報を得ることができます。Using only these fields keeps the log file simple, giving you the date, client IP address, and the website URI information for any site changed by your users.

  6. これらの変更を既定の Web サイトに適用して、IIS マネージャーを閉じます。Apply these changes to your default website and close the IIS Manager.

  7. 次のコマンドを使って、Web サーバーのルートに EmIE.asp ファイルを配置します。Put your EmIE.asp file into the root of the web server, using this command:

    <% @ LANGUAGE=javascript %>
    <%
    Response.AppendToLog(" ;" + Request.Form("URL") + " ;" + Request.Form("EnterpriseMode"));
    %>
    

    このコードでは、収集されたデータすべてを確認できる IIS ログ ファイルに POST フィールドが記録されます。This code logs your POST fields to your IIS log file, where you can review all of the collected data.

IIS ログ ファイル情報IIS log file information

すべてのセットアップを完了した後、1 人以上のユーザーが [ツール] メニューからローカルでエンタープライズ モードを有効にすると、ログ ファイルは次のようになります。This is what your log files will look like after you set everything up and at least one of your users has turned on Enterprise Mode locally from the Tools menu. 問題のある Web サイトの URL と、エンタープライズ モードを有効にしたユーザーのクライアント IP アドレスを確認できます。You can see the URL of the problematic website and client IP address of the user that turned on Enterprise Mode.

エンタープライズ モードのログ ファイル

GitHub サンプルを使ってデータを収集するUsing the GitHub sample to collect your data

Microsoft では、エンタープライズ モードのレポートを収集する方法を示す、EMIE-Data-Collection_Sample を作成しました。Microsoft has created the EMIE-Data-Collection_Sample that shows how to collect your Enterprise Mode reports. このサンプルでは、データの収集方法のみを示しています。データをエンタープライズ モード サイト一覧に集約する方法は示されません。This sample only shows how to collect data, it doesn’t show how to aggregate the data into your Enterprise Mode site list.

このサンプルを使うには、まず、ユーザーがエンタープライズ モードをローカルで使うことができるように、エンタープライズ モードとログを有効にする必要があります (グループ ポリシーを使うか、EnterpriseMode レジストリ キーを手動で設定します)。This sample starts with you turning on Enterprise Mode and logging (either through Group Policy, or by manually setting the EnterpriseMode registry key) so that your users can use Enterprise Mode locally. 方法について詳しくは、「エンタープライズ モードのローカル制御とログを有効にする」をご覧ください。For the steps to do this, go to Turn on local control and logging for Enterprise Mode.

Note
手動でレジストリ キーを変更する場合は、Enable 設定を [deployment url]/api/records/ に変更できます。これにより、レポートが自動的にこのページに送信されます。If you decide to manually change the registry key, you can change the Enable setting to [deployment url]/api/records/, which automatically sends your reports to this page.

レポートのセットアップ、収集、表示Setting up, collecting, and viewing reports

ログ記録を行うには、更新をリッスンすることができるサーバーをポイントする有効な URL がユーザーのレジストリ キーに必要になります。For logging, you’re going to need a valid URL that points to a server that can be listened to for updates to a user’s registry key. つまり、ユーザーが [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効または無効に設定するたびに送信される POST メッセージの着信用のエンドポイント サーバーをセットアップする必要があります。This means you need to set up an endpoint server for the incoming POST messages, which are sent every time the user turns Enterprise Mode on or off from the Tools menu. これらの POST メッセージはデータベースに記録され、URL ごとにレポート データが集約されます。これにより、ユーザーがエンタープライズ モードを有効にした場所でのレポートの数、ユーザーがエンタープライズ モードを無効にした場所でのレポートの数、前回のレポートの日付を確認することができます。These POST messages go into your database, aggregating the report data by URL, giving you the total number of reports where users turned on Enterprise Mode, the total number of reports where users turned off Enterprise Mode, and the date of the last report.

サンプルをセットアップするにはTo set up the sample

  1. エンタープライズ モードの情報をユーザーから収集するサーバーをセットアップします。Set up a server to collect your Enterprise Mode information from your users.

  2. GitHub の Internet Explorer/EMIE-Data_Collection_Sample ページを開き、[Download ZIP] (ZIP のダウンロード) ボタンをクリックして、プロジェクト全体をダウンロードします。Go to the Internet Explorer/EMIE-Data_Collection_Sample page on GitHub and tap or click the Download ZIP button to download the complete project.

  3. Microsoft Visual Studio 2013 Update 2 を開き、PhoneHomeSample.sln ファイルを開きます。Open Microsoft Visual Studio 2013 with Update 2, and then open the PhoneHomeSample.sln file.

  4. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をタップまたはクリックします。On the Build menu, tap or click Build Solution.

    必要なパッケージがソリューションに自動的にダウンロードされ、ソリューションに含められます。The required packages are automatically downloaded and included in the solution.

    エンドポイント サーバーをセットアップするにはTo set up your endpoint server

  5. 名前 (PhoneHomeSample) を右クリックし、[発行] をクリックします。Right-click on the name, PhoneHomeSample, and click Publish.

    Visual Studio の [発行] メニュー

  6. Web の発行ウィザードで、組織で使う適切な発行ターゲットとオプションを選びます。In the Publish Web wizard, pick the publishing target and options that work for your organization.

    重要Important
    発行ターゲットにデータベースが関連付けられていることを確認してください。Make sure you have a database associated with your publishing target. データベースが関連付けられていないと、レポートが収集されず、Web サイトの展開に問題が生じます。Otherwise, your reports won’t be collected and you’ll have problems deploying the website. 

    Visual Studio の Web の発行ウィザード

    発行プロセスの完了後、アプリが正しく展開されているかテストする必要があります。After you finish the publishing process, you need to test to make sure the app deployed successfully.

    アプリをテスト、展開、使用するにはTo test, deploy, and use the app

  7. アプリを展開したコンピューターでレジストリ エディターを開き、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\EnterpriseMode キーに移動して、Enable 文字列を次のように変更します。Open a registry editor on the computer where you deployed the app, go to the HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\EnterpriseMode key, and change the Enable string to:

    <deploy_URL> は、展開 URL を指します。Where <deploy_URL> points to your deployment URL.

  8. 展開の動作を確認したら、次のいずれかを使ってユーザーへの展開を行うことができます。After you’re sure your deployment works, you can deploy it to your users using one of the following:

    • [ユーザーが [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使うことができるようにする] というグループ ポリシー設定を有効にし、<deploy_URL> の情報を [オプション] ボックスに入力します。Turn on the Let users turn on and use Enterprise Mode from the Tools menu Group Policy setting, putting your <deploy_URL> information into the Options box.

    • System Center またはその他の管理ソフトウェアを使って、手順 3 のレジストリ キーを展開します。Deploy the registry key in Step 3 using System Center or other management software.

  9. Web サイトをユーザーが訪問できるように、必要に応じてエンタープライズ モードをローカルで有効または無効にします。Get your users to visit websites, turning Enterprise Mode on or off locally, as necessary.

    レポートの結果を確認するにはTo view the report results

  • https://<deploy_URL>/List に移動して、レポートの結果を確認します。Go to https://<deploy_URL>/List to see the report results.

    この Web ページを既に開いている場合、結果を表示するには、ページを更新する必要があります。If you’re already on the webpage, you’ll need to refresh the page to see the results.

    エンタープライズ モードの結果レポートと詳細情報

発行エラーのトラブルシューティングTroubleshooting publishing errors

プロジェクトを発行するときにエラーが発生した場合は、パッケージの更新を試す必要があります。If you have errors while you’re publishing your project, you should try to update your packages.

パッケージを更新するにはTo update your packages

  1. Microsoft Visual Studio で、[ツール] メニューの [NuGet パッケージ マネージャー] をクリックし、[ソリューションの NuGet パッケージの管理] をクリックします。From the Tools menu of Microsoft Visual Studio, click NuGet Package Manager, and click Manage NuGet Packages for Solution.

    パッケージ更新用の NuGet パッケージ マネージャー

  2. ツールの左側にある [更新] をクリックし、[すべてを更新] をクリックします。Click Updates on the left side of the tool, and click the Update All button.

    場合によっては、追加のパッケージ クリーンアップを実行して、以前のパッケージ バージョンを削除する必要があります。You may need to do some additional package cleanup to remove older package versions.

関連トピックRelated topics