エンタープライズ モードのローカル制御とログを有効にする

適用対象:

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows7
  • Windows Server2012R2
  • Windows Server2008R2 Service Pack1 (SP1)

エンタープライズ モードのローカル制御を有効にすると、ユーザーが [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にできます。 この機能を有効にすると、F12 開発者ツールの [エミュレーション] タブにも [エンタープライズ] ブラウザー プロファイルが追加されます。

この機能を有効にできるだけでなく、エンタープライズ モードのログの URL も指定できます。 ログを有効にした場合、Internet Explorer は指定されたアドレスへの単純なポスト バックを開始します (URL と、 [ツール] メニューを通じて EnterpriseMode が有効または無効になったことの指定が含まれます)。

グループ ポリシーを使ってエンタープライズ モードのローカル制御を有効にする

  1. グループ ポリシー エディターを開き、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Internet Explorer] の順にクリックして展開し、[[ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使用できるようにする] 設定に移動します。

    EmIE 設定が指定されたグループ ポリシー エディター

  2. [有効] をクリックし、[オプション] 領域に、従業員がいつこの機能を使って [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効または無効にしたかに関するレポートを受け取る場所を入力します。

    レジストリを使ってエンタープライズ モードのローカル制御を有効にする

  3. regedit.exe などのレジストリ エディターを開き、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\EnterpriseModeに移動します。

  4. 右側のウィンドウで右クリックし、 [新規][文字列値] の順にクリックして、新しい値の名前として「 Enable」を指定します。

  5. Enable キーを右クリックし、[修正] をクリックして、更新をリッスンできるサーバーの場所を [値のデータ] に入力します。

    データ収集の場所に関するレジストリ文字列の編集

[値のデータ] には、次の種類の場所を指定できます。

  • URL の場所 (like https://www.emieposturl.com/api/records 、 https://localhost:13000)または. [ツール] メニューからエンタープライズ モードに変更が加えられるたびに、IE は、URL に POST メッセージを送信します。

    重要
    https://www.emieposturl.com/api/records の例は、「エンタープライズ モードのログとデータ収集のセットアップ」で説明されているサンプルをダウンロードした場合のみ動作します。 このサンプルがない場合は、Web API も存在しません。

  • ローカルネットワークの場所 (https://emieposturl/)[ツール] メニューからエンタープライズ モードに変更が加えられるたびに、IE は、指定されたローカル ネットワークの場所に POST メッセージを送信します。
  • 空の文字列[値のデータ] ボックスを空のままにした場合、従業員は [ツール] メニューからエンタープライズ モードの有効/無効を切り替えることができますが、ログ データは収集されません。

従業員が [ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効または無効にしたときに提供されるデータを収集する方法について詳しくは、「 エンタープライズ モードのログとデータ収集のセットアップ」をご覧ください。