iOS の証明書とトークンの更新Renew iOS certificate and tokens

Apple MDM プッシュ証明書、MDM サーバートークン、および VPP トークンは、作成後、365日後に有効期限が切れます。Apple MDM Push certificates, MDM server tokens, and VPP tokens expire 365 days after you create them. 証明書またはトークンの有効期限が近づいているか過去に近づいたときに、Intune for Education によってアラートが通知されます。Intune for Education will alert you when a certificate or token is close to or past its expiration date.

Intune for Education アカウントと Apple アカウントの間の接続を維持するために、必ずそれらを更新してください。Make sure to renew them to maintain the connection between your Intune for Education account and Apple account.

Apple MDM 証明書の更新Renew Apple MDM certificate

重要

Apple MDM 証明書の有効期限が切れた場合、または削除された場合は、新しい証明書を使用してデバイスをリセットして再登録する必要があります。If the Apple MDM certificate expires or is deleted, you will need to reset and re-enroll devices with a new certificate.

MDM プッシュ証明書は、作成に使用した Apple ID に関連付けられています。The MDM push certificate is associated with the Apple ID you used to create it. 同じ Apple ID で証明書を更新してください。Renew the certificate with this same Apple ID.

  1. Intune for Education ダッシュボードで、[テナント設定] [ > iOS デバイス管理] の順にクリックします。From the Intune for Education dashboard, click Tenant settings > iOS Device Management.
  2. [ MDM プッシュ通知証明書] タブをクリックします。Click the MDM Push Certificate tab.
  3. [証明書の更新] をクリックします。Click Renew certificate.
  4. MDM プッシュ通知証明書のページに記載されている手順に従います。Follow the instructions on the MDM Push Certificate page. MDM プッシュ証明書を更新するには、Apple Push Certificates portal にアクセスする必要があります。You'll be required to visit the Apple Push Certificates portal to renew your MDM push Certificate. 元の証明書の作成に使用した Apple ID を使用して、Apple プッシュ証明書ポータルにサインインします。Remember, sign in to the Apple Push Certificates portal with the Apple ID you used to create your original certificate.
  5. Apple Push Certificates portal で、期限切れの証明書を更新するオプションをクリックします。When you're in the Apple Push Certificates portal, click the option to renew the expiring certificate.
  6. Apple ポータルの手順を完了します。Complete the steps in the Apple portal. 証明書の状態が再度 [アクティブ] になったら、クリックしてダウンロードし、保存します。When your certificate's status reads Active again, click to download and save it.
  7. Intune for Education ポータルに戻り、Apple Push Certificates portal へのサインインに使用した Apple ID を入力します。Return to the Intune for Education portal and enter the Apple ID you used to sign in to the Apple Push Certificates portal.
  8. ダウンロードした証明書をアップロードします。Upload the certificate you downloaded.
  9. [保存] をクリックします。Click Save.

MDM サーバートークンの更新Renew MDM server token

MDM サーバートークンを1年に1回更新して、Intune for Education 常に iOS デバイスの一覧が更新されていることを確認します。Renew the MDM server token annually to make sure that Intune for Education always has an updated list of your iOS devices.

MDM サーバートークンは、サーバーの追加に使用した Apple ID に関連付けられています。The MDM server token is associated with the Apple ID you used to add the server. この同じ Apple ID を使用してトークンを更新してください。Renew the token with this same Apple ID.

  1. Intune for Education ダッシュボードで、[テナント設定] [ > iOS デバイス管理] の順にクリックします。From the Intune for Education dashboard, click Tenant settings > iOS Device Management.
  2. [ MDM サーバートークン] タブをクリックします。Click the MDM Server Tokens tab.
  3. 更新するトークンを選択します。Select the token that you want to renew.
  4. [トークンの更新] をクリックします。Click Renew token.
  5. [ MDM サーバートークン] ページの指示に従います。Follow the instructions on the MDM Server Tokens page. 新しい MDM サーバートークンを生成するには、Apple School Manager にアクセスする必要があります。You'll be required to visit Apple School Manager to generate a new MDM Server Token. 元のトークンを取得するために使用した Apple ID を使用して、Apple School Manager にサインインしてください。Remember, sign in to Apple School Manager with the Apple ID you used to get your original token.
  6. Apple School Manager から新しいトークンをダウンロードして保存した後、Intune for Education ポータルに戻ります。After you download and save the new token from Apple School Manager, return to the Intune for Education portal. 元のトークンの作成に使用した Apple ID を入力します。Type in the Apple ID used to create the original token.
  7. ダウンロードしたトークンをアップロードします。Upload the token you downloaded.
  8. [保存] をクリックします。Click Save.

VPP トークンの更新Renew VPP token

Vpp トークンを毎年更新して、VPP で購入したアプリを Intune for Education から表示し、割り当てることができるようにします。Renew your VPP tokens annually to make sure your VPP-purchased apps can be viewed and assigned from Intune for Education.

VPP トークンは、作成に使用した Apple ID に関連付けられています。The VPP token is associated with the Apple ID you used to create it. この同じ Apple ID を使用してトークンを更新してください。Renew the token with this same Apple ID.

  1. [ IOS デバイス管理] ページで、[ VPP トークン] タブをクリックします。On the iOS Device Management page, click the VPP Tokens tab.
  2. 更新するトークンを選択します。Select the token that you want to renew.
  3. [ VPP トークン: Microsoft Intuneで、[トークンの更新] をクリックします。Under VPP Token: Microsoft Intune, click Renew token.
  4. [ VPP トークン] ページの指示に従います。Follow the instructions on the VPP Token page. 新しいトークンを取得するには、Apple School Manager にアクセスする必要があります。You'll be required to visit Apple School Manager to get a new token. 元のトークンを取得するために使用した Apple ID でサインインしてください。Remember, sign in with the Apple ID you used to get your original token.
  5. Apple School Manager の手順に従って、トークンを作成してダウンロードします。Follow the steps in Apple School Manager to create and download the token. 次に、トークンをコンピューターに保存します。Then save the token to your computer.
  6. Intune for Education ポータルに戻ります。Return to the Intune for Education portal. Apple School Manager にサインインするために使用した Apple ID を入力します。Enter the Apple ID that you used to sign in to Apple School Manager.
  7. フォルダーアイコンをクリックして、コンピューターのファイルを参照します。Click the folder icon to browse your computer's files. 以前にダウンロードして保存したトークンファイルを選択します。Select the token file that you downloaded and saved earlier.
  8. 学校のデバイスの場所を選択します。Choose the location of your school's devices.
  9. アプリの自動更新を有効にしない場合は、設定を切り替えて無効にします。If you don't want to enable automatic app updates, switch the setting to disable them.
  10. [保存] をクリックします。Click Save.

次のステップNext steps

証明書とトークンが更新されたので、グループ設定が最新であることを確認してください。Now that your certificates and tokens are renewed, make sure your group settings are up-to-date. Intune でグループの現在の状態を確認するには、レポートを表示する方法に関するページを参照してください。To see the current status of your groups in Intune, learn how to view reports.

最新の更新プログラムと機能については、「 Intune for Education の新機能」を参照してください。Read What's new in Intune for Education to find out about the latest updates and features.