最新の認証を使用していないアプリをブロックする (ADAL)Block apps that do not use modern authentication (ADAL)

アプリ保護ポリシーを使用したアプリ ベースの条件付きアクセスは、OAuth2 の実装である最新の認証を使用するアプリケーションに依存しています。App-based conditional access with app protection policies rely on applications using modern authentication which is an implementation of OAuth2. 最新の Office モバイル アプリとデスクトップ アプリケーションでは最新の認証を使用していますが、基本認証やフォームベースの認証など、他の認証方式を使用しているサードパーティ製アプリや古い Office アプリもあります。Most current Office mobile and desktop applications use modern authentication, however there are third-party apps and older Office apps that user other authentication methods like basic authentication and forms-based authentication.

このようなアプリに対するアクセスをブロックする場合は、次のようにすることをお勧めします。To block access to these apps, we recommend the following:

重要

アプリ ベースの CA は、Azure Active Directory (Azure AD) 証明書ベースの認証と併用することはできません。App-based CA must not be used with Azure Active Directory (Azure AD) certificate-based authentication. 同時に使用できるのは、いずれかの構成のみです。You can only have one of these configured at a time.

関連項目See also

Intune を使用したアプリ ベースの条件付きアクセスApp-based conditional access with Intune