ExcelScript.WorksheetProtection interface

シート オブジェクトの保護を表します。

メソッド

getOptions()

ワークシートの保護オプションを指定します。

getProtected()

ワークシートが保護される場合に指定します。

protect(options, password)

ワークシートを保護します。 ワークシートが既に保護されている場合は失敗します。

unprotect(password)

ワークシートの保護を解除します。

メソッドの詳細

getOptions()

ワークシートの保護オプションを指定します。

getOptions(): WorksheetProtectionOptions;

戻り値

getProtected()

ワークシートが保護される場合に指定します。

getProtected(): boolean;

戻り値

boolean

protect(options, password)

ワークシートを保護します。 ワークシートが既に保護されている場合は失敗します。

protect(options?: WorksheetProtectionOptions, password?: string): void;

パラメーター

options
ExcelScript.WorksheetProtectionOptions

省略可能です。 シートの保護のオプション。

password

string

省略可能です。 シート保護パスワード。

戻り値

void

unprotect(password)

ワークシートの保護を解除します。

unprotect(password?: string): void;

パラメーター

password

string

シート保護パスワード。

戻り値

void