Node.js 用 Azure Storage モジュールAzure Storage modules for Node.js

Azure Storage クライアント モジュールは、次のようなときに使用します。Use the Azure Storage client module to:

Node.js アプリから管理モジュールを使って、Azure ストレージ アカウントの作成、更新、管理のほか、アクセス キーの照会と再生成を行うことができます。Create, update, and manage Azure Storage accounts and query and regenerate access keys from your Node.js apps with the management modules.

クライアント パッケージClient Package

npm モジュールのインストールInstall the npm module

Azure Storage クライアントの npm モジュールをインストールします。Install the Azure storage client npm module

npm install azure-storage

Example

この例では、ストレージ コンテナーを作成し、そこにローカル ファイル data.txt をアップロードします。This example create a storage container and uploads a local file data.txt to it.

const azure = require('azure-storage');
const blobService = azure.createBlobService(storageConnectionString);

const container = 'taskcontainer';
const task = 'taskblob';
const filename = 'data.txt';

blobService.createContainerIfNotExists(container, error => {
  if (error) return console.log(error);
  blobService.createBlockBlobFromLocalFile(
    container,
    task,
    filename,
    (error, result) => {
      if (error) return console.log(error);
      console.dir(result, { depth: null, colors: true });
    }
  );
});

管理パッケージManagement Package

npm モジュールのインストールInstall the npm module

Azure Storage 管理の npm モジュールをインストールします。Install the Azure storage management npm module

npm install azure-arm-storage

Example

この例では、ストレージ アカウントをリストします。This example list the storage accounts.

const msRestAzure = require('ms-rest-azure');
const storageManagementClient = require('azure-arm-storage');

const subscriptionId = 'your-subscription-id';

msRestAzure
  .interactiveLogin()
  .then(credentials => {
    const client = new storageManagementClient(
      credentials,
      subscriptionId
    );
    return client.storageAccounts.list();
  })
  .then(accounts => console.dir(accounts, { depth: null, colors: true }))
  .catch(err => console.log(err));

サンプルSamples

アプリで使用できるその他のサンプル Node.js コードを確認してください。Explore more sample Node.js code you can use in your apps.