powerpoint package

クラス

PowerPoint.Application

[API セット: PowerPointApi 1.0]

PowerPoint.BulletFormat

テキストに添付されているテキストの箇条書き書式プロパティを表PowerPoint。ParagraphFormat.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ParagraphFormat

プロパティに添付されているテキストの段落書式プロパティを表PowerPoint。TextRange.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Presentation

[API セット: PowerPointApi 1.0]

PowerPoint.RequestContext

RequestContext オブジェクトは、PowerPoint アプリケーションへの要求を容易にします。 Officeと PowerPoint アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されますので、アドインから PowerPoint オブジェクト モデルにアクセスするには、要求コンテキストが必要です。

PowerPoint.Shape

スライド内の 1 つの図形を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeCollection

図形のコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeFill

図形オブジェクトの塗りつぶしの書式設定を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeFont

図形の TextRange オブジェクトのフォント名、フォント サイズ、色などのフォント属性を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeLineFormat

図形オブジェクトの線の書式設定を表します。 画像と幾何学的図形の場合、線の書式設定は図形の境界線を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Slide

プレゼンテーションの 1 つのスライドを表します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.SlideCollection

プレゼンテーション内のスライドのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.SlideLayout

スライドのレイアウトを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.SlideLayoutCollection

スライドのスライド マスターによって提供されるレイアウトのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.SlideMaster

スライドのスライド マスターを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.SlideMasterCollection

プレゼンテーション内のスライド マスターのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Tag

スライド内の 1 つのタグを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.TagCollection

タグのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.TextFrame

図形オブジェクトのテキスト フレームを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.TextRange

図形に結合するテキストや、テキストを操作するためのプロパティおよびメソッドが含まれます。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

インターフェイス

PowerPoint.AddSlideOptions

新しいスライドを追加するときに使用できるオプションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.InsertSlideOptions

スライドを挿入するときに使用できるオプションを表します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.Interfaces.BulletFormatData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス bulletFormat.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.BulletFormatLoadOptions

テキストに添付されているテキストの箇条書き書式プロパティを表PowerPoint。ParagraphFormat.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.BulletFormatUpdateData

BulletFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 bulletFormat.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.CollectionLoadOptions

コレクションのメンバーのサブセットのプロパティのみを読み込む方法を提供します。

PowerPoint.Interfaces.ParagraphFormatData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス paragraphFormat.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ParagraphFormatLoadOptions

プロパティに添付されているテキストの段落書式プロパティを表PowerPoint。TextRange.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ParagraphFormatUpdateData

ParagraphFormat オブジェクトで使用するデータを更新するためのインターフェイス paragraphFormat.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.PresentationData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス presentation.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.PresentationLoadOptions

[API セット: PowerPointApi 1.0]

PowerPoint.Interfaces.ShapeCollectionData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス shapeCollection.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ShapeCollectionLoadOptions

図形のコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ShapeCollectionUpdateData

ShapeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 shapeCollection.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.ShapeData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス shape.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ShapeFillData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス shapeFill.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ShapeFillLoadOptions

図形オブジェクトの塗りつぶしの書式設定を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ShapeFillUpdateData

ShapeFill オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 shapeFill.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.ShapeFontData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス shapeFont.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ShapeFontLoadOptions

図形の TextRange オブジェクトのフォント名、フォント サイズ、色などのフォント属性を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ShapeFontUpdateData

ShapeFont オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 shapeFont.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.ShapeLineFormatData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス shapeLineFormat.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.ShapeLineFormatLoadOptions

図形オブジェクトの線の書式設定を表します。 画像と幾何学的図形の場合、線の書式設定は図形の境界線を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ShapeLineFormatUpdateData

ShapeLineFormat オブジェクト上のデータを更新するためのインターフェイスです。 shapeLineFormat.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.ShapeLoadOptions

スライド内の 1 つの図形を表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.ShapeUpdateData

Shape オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 shape.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.SlideCollectionData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slideCollection.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideCollectionLoadOptions

プレゼンテーション内のスライドのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.Interfaces.SlideCollectionUpdateData

SlideCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 slideCollection.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.SlideData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slide.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideLayoutCollectionData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slideLayoutCollection.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideLayoutCollectionLoadOptions

スライドのスライド マスターによって提供されるレイアウトのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.SlideLayoutCollectionUpdateData

SlideLayoutCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 slideLayoutCollection.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.SlideLayoutData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slideLayout.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideLayoutLoadOptions

スライドのレイアウトを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.SlideLoadOptions

プレゼンテーションの 1 つのスライドを表します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.Interfaces.SlideMasterCollectionData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slideMasterCollection.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideMasterCollectionLoadOptions

プレゼンテーション内のスライド マスターのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.SlideMasterCollectionUpdateData

SlideMasterCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイスです。 slideMasterCollection.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.SlideMasterData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス slideMaster.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.SlideMasterLoadOptions

スライドのスライド マスターを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.TagCollectionData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス tagCollection.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.TagCollectionLoadOptions

タグのコレクションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.TagCollectionUpdateData

で使用する TagCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス tagCollection.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.TagData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス tag.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.TagLoadOptions

スライド内の 1 つのタグを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ)]

PowerPoint.Interfaces.TagUpdateData

で使用する Tag オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス tag.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.TextFrameData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス textFrame.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.TextFrameLoadOptions

図形オブジェクトのテキスト フレームを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.TextFrameUpdateData

TextFrame オブジェクト上のデータを更新するためのインターフェイス。 textFrame.set({ ... }).

PowerPoint.Interfaces.TextRangeData

呼び出しによって返されるデータを説明するインターフェイス textRange.toJSON().

PowerPoint.Interfaces.TextRangeLoadOptions

図形に結合するテキストや、テキストを操作するためのプロパティおよびメソッドが含まれます。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.Interfaces.TextRangeUpdateData

TextRange オブジェクトで使用するデータを更新するためのインターフェイス textRange.set({ ... }).

PowerPoint.ShapeAddOptions

図形を追加するときに使用できるオプションを表します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

列挙型

PowerPoint.ConnectorType

線の図形のコネクタの種類を指定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ErrorCodes
PowerPoint.GeometricShapeType

オブジェクトの図形の種類を指定 GeometricShape します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.InsertSlideFormatting

スライドを挿入する場合の書式設定オプションを指定します。

[API セット: PowerPointApi 1.2]

PowerPoint.ParagraphHorizontalAlignment

オブジェクトの水平方向の配置を表PowerPoint。オブジェクト内TextFrame PowerPoint。図形.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeAutoSize

許可される自動サイズ変更を決定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeFillType

図形の塗りつぶしの種類を指定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeFontUnderlineStyle

フォントに適用される下線の種類。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeLineDashStyle

線の実線/点線のスタイルを指定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeLineStyle

線のスタイルを指定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.ShapeType

図形の種類を指定します。

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

PowerPoint.TextVerticalAlignment

オブジェクトの垂直方向の配置を表PowerPoint。オブジェクト内TextFrame PowerPoint。図形. 中央揃えのオプションが 1 つ選択されている場合、コンテンツはグループ内で水平方向 TextFrameShape 中央揃えされます。 テキストの水平方向の配置を変更するには、「テキストの水平方向の配置PowerPoint。ParagraphFormatPowerPoint。ParagraphHorizontalAlignment.

[API セット: PowerPointApi BETA (プレビューのみ) ]

機能

PowerPoint.createPresentation(base64File)

新しいプレゼンテーションを作成して開きます。 必要に応じて、プレゼンテーションに base64 でエンコードされたファイルを事前.pptxできます。

[API セット: PowerPointApi 1.1 ]

PowerPoint.run(batch)

新しい RequestContext を使用して、オブジェクト モデルに対してアクションPowerPoint実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

PowerPoint.run(object, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、PowerPoint オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

PowerPoint.run(objects, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、PowerPoint オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。

関数の詳細

PowerPoint.createPresentation(base64File)

新しいプレゼンテーションを作成して開きます。 必要に応じて、プレゼンテーションに base64 でエンコードされたファイルを事前.pptxできます。

[API セット: PowerPointApi 1.1 ]

export function createPresentation(base64File?: string): Promise<void>;

パラメーター

base64File

string

オプション。 base64 でエンコードされた.pptxファイル。 既定値は null です。

戻り値

Promise<void>

var myFile = document.getElementById("file");
var reader = new FileReader();

reader.onload = function (event) {
    // strip off the metadata before the base64-encoded string
    var startIndex = event.target.result.indexOf("base64,");
    var copyBase64 = event.target.result.substr(startIndex + 7);

    PowerPoint.createPresentation(copyBase64);        
};

// read in the file as a data URL so we can parse the base64-encoded string
reader.readAsDataURL(myFile.files[0]);

PowerPoint.run(batch)

新しい RequestContext を使用して、オブジェクト モデルに対してアクションPowerPoint実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(batch: (context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

batch

(context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を取り込み、約束を返す関数 (通常、"context.sync()" の結果だけです)。 context パラメーターは、アプリケーションへの要求PowerPointします。 Office と PowerPoint アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されますので、アドインから PowerPoint オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

PowerPoint.run(object, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、PowerPoint オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(object: OfficeExtension.ClientObject, batch: (context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

object
OfficeExtension.ClientObject

以前に作成された API オブジェクト。 バッチは、渡されたオブジェクトと同じ RequestContext を使用します。つまり、オブジェクトに適用された変更は "context.sync()" によって取得されます。

batch

(context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を取り込み、約束を返す関数 (通常、"context.sync()" の結果だけです)。 context パラメーターは、アプリケーションへの要求PowerPointします。 Office と PowerPoint アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されますので、アドインから PowerPoint オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

PowerPoint.run(objects, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、PowerPoint オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。

export function run<T>(objects: OfficeExtension.ClientObject[], batch: (context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

objects

OfficeExtension.ClientObject[]

以前に作成された API オブジェクトの配列。 配列が検証され、すべてのオブジェクトが同じコンテキストを共有します。 バッチは、この共有 RequestContext を使用します。つまり、これらのオブジェクトに適用された変更は "context.sync()" によって取得されます。

batch

(context: PowerPoint.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を取り込み、約束を返す関数 (通常、"context.sync()" の結果だけです)。 context パラメーターは、アプリケーションへの要求PowerPointします。 Office と PowerPoint アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されますので、アドインから PowerPoint オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>