コース 20339-2-A: Advanced Technologies of SharePoint 2016

この 5 日間のコースでは、SharePoint 2016 環境で高度な機能を計画、構成、および管理する方法を学びます。このコースの特別な重点分野には、高可用性、障害回復、サービス アプリケーション アーキテクチャ、および Microsoft Business Connectivity Services の実装が含まれます。このコースでは、ソーシャル コンピューティングの機能、生産性、コラボレーション プラットフォームと機能にも焦点を当てています。また、学生はビジネス インテリジェンス ソリューション、エンタープライズ コンテンツ管理、Web コンテンツ管理インフラストラクチャ、ソリューション、アプリについても学びます。このコースでは、ガバナンス計画を開発および実装する方法、および SharePoint 2016 へのアップグレードまたは移行を実行する方法についても説明します。

これは、IT プロフェッショナル向けの 2 つのコースのシーケンスの 2 つ目であり、SharePoint 2016 IT Pro 認定に沿ったものです。

聴衆プロファイル

このコースは、データセンターまたはクラウドのどちらかで SharePoint 2016 のインストール、構成、展開、および管理を行うための学習に興味を持っている経験豊富な IT プロフェッショナルを対象としています。

学生は通常、SharePoint Server および Windows Server 2012 R2 以降、インターネット インフォメーションサービス(IIS)、Microsoft SQL Server 2014 R2 以降、Active Directory Domain Services (AD DS)、ネットワーク インフラストラクチャ サービスなど、SharePoint が依存するその他のコア テクノロジーの計画と保守に関する 4 年以上の実践的な経験* を有している必要があります。

学生はコース 20339-1A&#; Microsoft SharePoint 2016 の計画および管理 を修了しているか、このコースの受講前に同等の知識と経験を習得している必要があります。受験者は、少なくとも次の要件を満たしている必要があります。

  • Microsoft SharePoint Online の実用的な知識があり、実践的な経験があると好ましい。
  • SharePoint Server ワークロードに精通している。
  • データのバックアップ、復元、高可用性などのビジネス継続性管理の経験がある。
  • 認証およびセキュリティ テクノロジーの経験がある。
  • Windows PowerShellの経験がある。

*ハンズオン エクスペリエンスまたは職務経験とは、受験者がドキュメント管理、コンテンツ管理、検索を含む SharePoint Server スペースにおいて複数のソリューションに取り組んだ、ソリューション ベースのロールから得た経験でなければなりません。

職務: 管理者

習得したスキル

  • SharePoint 2016 のコア アーキテクチャとその新機能および改善された機能について説明します。
  • SharePoint 2016 の主要なハイブリッド機能について説明します。
  • 高可用性と障害回復の要件を満たすように、SharePoint 2016 環境を計画および設計します。

前提条件

このコースの受験者には、大企業全体で複数の SharePoint Server 2013 ファームを展開および管理した経験が少なくとも 1 年必要です。受験者はコース 20339-1A&#; Microsoft SharePoint 2016の計画と管理 を修了している、または同等のスキルを示す必要があります。

このコースに参加する前に、学生は次のスキルを実証する必要があります。

  • 論理的および物理的技術設計の両方にビジネス要件をマッピングした 1 年以上の経験。
  • ネットワーク セキュリティを含む、ネットワーク設計の実務知識。
  • Windows Server 2012 R2 エンタープライズ サーバーまたは Windows Server 2016 環境でのソフトウェア管理経験。
  • アプリケーションをネイティブに、仮想的に、クラウドで展開および管理する。
  • IIS の管理。
  • 認証や承認に使用するため、およびユーザー ストアとして AD DS を構成する。
  • Windows PowerShell 2.0 以降を使用した、アプリケーションのリモートでの管理。
  • アプリケーションの SQL Server への接続。
  • クレーム ベースのセキュリティの実装。

コースのアウトライン

モジュール 1: SharePoint 2016 の概要

このモジュールでは、SharePoint Server 環境のコア アーキテクチャ コンポーネントについて説明しており、SharePoint 2016 の新しい減価および削除された機能の特定にも役立ちます。

レッスン

  • SharePoint 2016 アーキテクチャのコア コンポーネント
  • SharePoint 2016 の新機能、廃止予定の機能、および削除された機能
  • SharePoint 2016 および SharePoint Online エディション

ラボ : Microsoft SharePoint 2016 のコア コンセプトの確認

  • SharePoint 2016 ファームの構成
  • サイト コレクションおよびサイトの作成および構成
  • SharePoint 2016 管理シェルを使用したサービス アプリケーションのプロビジョニング

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Microsoft- SharePoint 2016 のアーキテクチャ機能について説明する。
  • SharePoint 2016 の新機能、廃止予定の機能、および削除された機能を特定する。
  • オンプレミスの SharePoint 2016 のエディション および Microsoft SharePoint Onlineについて説明する

モジュール 2: SharePoint 2016 のハイブリッド シナリオの概要

このモジュールでは、SharePoint 2016 の主要なハイブリッド機能について説明しており、ハイブリッド SharePoint 2016 展開の準備に役立ちます。

レッスン

  • SharePoint 2016 のハイブリッド機能の調査
  • ハイブリッド SharePoint 2016 展開の準備

ラボ : Office 365 テナントの構成

  • Office 365 テナントの作成

ラボ : ハイブリッド チーム サイトの作成

  • SharePoint 環境の準備
  • SharePoint Hybrid ピッカーの実行

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • SharePoint Server 2016 の主要なハイブリッド機能について説明する。
  • ハイブリッド SharePoint 2016 の展開準備を行う。

モジュール 3: ビジネス継続性管理戦略の設計

このモジュールでは、可用性の要件を満たす適切なデータベース サーバー構成を選択する方法について説明します。また、高可用性の要件を満たすための物理アーキテクチャとインフラストラクチャの設計方法についても説明します。最後に、このモジュールでは、バックアップおよび復元戦略を開発および実装する方法について説明します。

レッスン

  • 高可用性および障害回復のためのデータベース トポロジの設計
  • 高可用性のための SharePoint インフラストラクチャの設計
  • 障害回復の計画

ラボ : バックアップと復元の計画と実行

  • バックアップと復元の計画を作成する
  • バックアップと復元プロセスをテストする

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • 可用性の要件を満たす適切なデータベース サーバー構成を選択する。
  • 高可用性の要件を満たすように物理的なアーキテクチャとインフラストラクチャを設計する。
  • バックアップと復元戦略を開発および実装する。

モジュール 4: Business Connectivity Services および Secure Store Service の計画および実装

このモジュールでは、Business Connectivity Services (BCS) を構成する方法、および Secure Store Service アプリケーションを構成および管理する方法について説明します。また、BCS モデルを構成および管理する方法についても説明します。

レッスン

  • BCS の計画および構成
  • Secure Store Service の構成
  • BCS モデルの管理

ラボ : BCS と Secure Store Service の構成

  • BDC Service Application の構成
  • Secure Store Service の構成

ラボ : BDC モデルの管理

  • Secure Store Serviceの対象アプリケーションの設定
  • BDC モデルのインポートおよび構成

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Business Connectivity Service アプリケーションを計画および構成する。
  • Secure Store Service アプリケーションを計画および構成する。
  • Business Data Connectivity モデルを管理する。

モジュール 5: SharePoint 2016 展開の生産性サービスの構成

このモジュールでは、SharePoint Add-in アーキテクチャについて説明します。このモジュールでは、SharePoint アプリとアプリ カタログをプロビジョニングおよび管理する方法についても説明します。さらに、このモジュールでは、Microsoft Access Services、Visio Services、Word Automation Services、PowerPoint Automation Services、および SharePoint Translation Services をプロビジョニングする方法について説明します。

レッスン

  • SharePoint アドイン アーキテクチャについての理解
  • アプリと App Catalog のプロビジョニングおよび管理
  • 生産性サービスのプロビジョニング

ラボ : SharePoint アドインの構成と管理

  • アプリをサポートするための SharePoint ファームの構成
  • 企業アプリ カタログの作成および構成
  • アプリの展開および監視

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Microsoft SharePoint アドインとサポートする SharePoint インフラストラクチャについて説明する。
  • SharePoint アドインと App Catalog をプロビジョニングおよび構成する。
  • SharePoint 2016 展開内でのアプリの使用方法を管理する。

モジュール 6: Microsoft SharePoint 2016 のソリューションの管理

このモジュールでは、SharePoint 2016 の機能とソリューションの目的と構造について説明します。さらに、Microsoft SharePoint 2016 でサンドボックス ソリューションを管理する方法について説明します。

レッスン

  • SharePoint 2016 ソリューション アーキテクチャについての理解
  • サンドボックス ソリューションの管理

ラボ : ソリューションの管理

  • サンドボックス ソリューションをサポートするための SharePoint ファームの構成
  • サンドボックス ソリューションをサポートするための SharePoint サイトの構成
  • ファーム ソリューションの展開

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Microsoft SharePoint 2016 の機能とソリューションを管理する.
  • SharePoint 2016 展開でサンドボックス ソリューションを管理する。

モジュール 7: 人をつなぐ

このモジュールでは、ユーザー プロファイルを管理する方法、および個人用サイトとソーシャル機能を計画および構成する方法について説明します。このモジュールでは、コミュニティ サイトの設定方法についても説明します。

レッスン

  • ユーザープロファイルの管理
  • ソーシャル インタラクションの実現
  • コミュニティの構築

ラボ : プロファイルの同期と個人用サイトの構成

  • プロファイル同期の設定
  • My Site の設定

ラボ : コミュニティ サイトの構成

  • コミュニティ サイト インフラストラクチャの作成
  • コミュニティ サイト参加の設定

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Microsoft SharePoint 2016 でユーザープロファイルを管理し、
  • Microsoft Identity Manager (MIM) 2016 を使用してユーザープロファイルの同 期を構成する。
  • SharePoint 2016 でソーシャル インタラクションを有効にする。
  • SharePoint 2016 でコミュニティおよびコミュニティ サイトを構築する。

モジュール 8: Web コンテンツ管理の計画および構成

このモジュールでは、ビジネス要件を満たすために Web コンテンツ管理インフラストラクチャを計画および構成する方法について説明します。このモジュールでは、管理ナビゲーションサイトおよび製品カタログ サイトの構成方法、多言語サイトのサポートの構成方法についても説明します。さらに、公開サイトの設計とカスタマイズを計画および管理する方法と、モバイル ユーザーのサポートを計画および構成する方法について説明します。

レッスン

  • Web コンテンツ管理インフラストラクチャの計画および実装
  • 管理ナビゲーションおよびカタログ サイトの構成
  • 複数の言語とロケールのサポート
  • 設計およびカスタマイズの有効化
  • モバイル ユーザーのサポート

ラボ : 管理ナビゲーションおよびカタログ サイトの構成

  • 製品カタログ サイトの構成
  • Cross-Site Publishing の構成
  • 公開サイトの設定

ラボ : デバイス チャネルの構成

  • デバイスのチャネルの構成

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Web コンテンツ管理インフラストラクチャを計画および構成する。
  • 管理ナビゲーションおよび製品カタログ サイトを構成する。
  • 多言語サイトとロケールのサポートを計画および構成する。
  • 公開サイトの設計とカスタマイ ズを管理する。
  • モバイル ユーザーのサポートを計画および構成する。

モジュール 9: Enterprise ContentManagement の計画および構成

このモジュールでは、コンテンツとドキュメントの管理を計画する方法、および eDiscovery を計画および構成する方法について説明します。さらに、レコード管理とコンプライアンスの計画方法についても説明します。

レッスン

  • エンタープライズ コンテンツ管理の計画
  • eDiscovery の計画および構成
  • レコード管理の計画

ラボ : SharePoint 2016 での eDiscovery の構成

  • eDiscovery Center の作成および構成
  • コンテンツの発見および保存
  • コンテンツのクエリおよびエクスポート

ラボ : SharePoint Server 2016 での レコード管理の構成

  • インプレース レコード管理の構成

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • コンテンツとドキュメントの管理方法を計画する。
  • eDiscovery を計画および構成する
  • レコード管理とコンプライアンスを計画する。

モジュール 10: ビジネス インテリジェンス ソリューションの計画および構成

このモジュールでは、SharePoint 2016 のビジネス インテリジェンス (BI) アーキテクチャを計画する方法、および BI サービスを展開および管理する方法について説明します。さらに、このモジュールでは、高度な分析ツールを計画および構成する方法について説明します。

レッスン

  • BI アーキテクチャの計画
  • BI サービスの計画、展開、および管理
  • 高度な分析ツールの計画および構成

ラボ : Office Online Server のインストール

  • Office Online Server を展開します

ラボ : SharePoint 2016 用の PowerPivot および Power View の構成

  • SharePoint 2016 用の PowerPivot の構成
  • SharePoint 用の Power View の構成

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • Microsoft SharePoint のビジネスインテリジェンス (BI) アーキテクチャとそのコンポーネントについて説明し、ビジネス インテリジェンスの計画を立てる。
  • コア Microsoft SharePoint 2016 BI サーバーを計画、 展開、および管理する。
  • SharePoint 2016 および Microsoft SQL Server 2014 で使用可能な高度な BI オプ ションを構成する。

モジュール 11: 生産性とコラボレーションの計画および構成

このモジュールでは、生産性およびコラボレーション機能を計画および構成する方法について説明します。このモジュールでは、SharePoint 2016 で複合ソリューションを計画および構成する方法についても説明します。

レッスン

  • コラボレーション機能の計画および構成
  • コンポジットの計画および構成

ラボ : プロジェクト サイトの構成と操作

  • SharePoint 2016 での Office Online Server ファームの作成、および統合の構成
  • プロジェクト サイトの作成
  • プロジェクト サイトの設定
  • プロジェクト チームの参加
  • Project Server 統合の構成

ラボ : ワークフローの構成

  • Microsoft Azure ワークフローと Microsoft SharePoint ワークフロー サービスの構成
  • ワークフロー の作成およびテスト

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • SharePoint の共同オプションおよび共同編集オプションを計画および構成する方 法をについて説明する。
  • プロジェクト サイトを構成し、チームを関与させる。
  • 複合を計画および構成する
  • SharePoint 2016 でワークフローを構成する。

モジュール 12: SharePoint 2016 へのアップグレードおよび移行

このモジュールでは、SharePoint 2016 へのアップグレードまたは移行の準備方法について説明します。さらに、サイト コレクションを管理する方法、つまり SharePoint 2016 にアップグレードする方法についても説明します。最後に、このモジュールでは、高度なコンテンツを SharePoint Server 2013 から SharePoint 2016 にアップグレードする方法について説明します。

レッスン

  • アップグレードまたは移行の準備
  • SharePoint 2016 へのアップグレード
  • サイト コレクションのアップグレードの計画および管理

ラボ : コンテンツ データベースの移行と Microsoft SharePoint Server 2013 からのアップグレードの実行

  • SharePoint Server 2013 Managed Metadata Service の移行
  • SharePoint Server 2013 コンテンツ データベースのアップグレード

ラボ : サイト コレクションのアップグレードの管理

  • アップグレードのためのサイト コレクションの準備
  • サイト コレクションのアップグレード

学生はこのモジュールの完了後、次のことができるようになります:

  • アップグレードを計画および準備する。
  • データおよびサービス アプリケーションのアップグレードを実行する。
  • サイト コレクションをアップグレードする。
  • 高度なコンテンツを SharePoint Server 2013 から SharePoint 2016 にアップグレードする。