コース 20703-1-B: Administering System Center Configuration Manager

この5日間のコースでは、構成マネージャーとそれに関連するサイトシステムを使用してネットワークリソースを効率的に管理する方法について説明致します。この5日間のコースでは、C構成マネージャーを使用して、アプリケーション、クライアントヘルス、ハードウェアとソフトウェアのインベントリ、オペレーティングシステムの展開、ソフトウェアの更新を管理する方法など、日常の管理タスクについて学習します。また、System Center Endpoint Protectionを最適化し、コンプライアンスを管理し、管理クエリとレポートを作成する方法についても学習して頂きます。

オーディエンスプロフィール

このコースは、経験豊富な情報技術(IT)の専門家を対象としており、通常はエンタープライズデスクトップ管理者(EDAs)と呼ばれます。これらのEDAsは、中規模、大規模、およびエンタープライズの組織全体でPC、デバイス、およびアプリケーションを展開、管理、および維持します。この対象者の大部分は、PC、デバイス、およびアプリケーションを管理および展開するために、構成マネージャーの最新リリースを使用しているか、使用する予定です。

このコースは、試験Exam 70-703:の受験に関心のある個人も対象としています。 Administering System Center Configuration Manager and Cloud Services Integration。

職務: 開発者

習得したスキル

  • 構成マネージャーとインチューンに含まれる機能について説明し、これらの機能を使用してエンタープライズ環境でPCとモバイルデバイスを管理する方法の説明。
  • クエリとレポートを使用してデータの分析。
  • 境界、境界グループ、リソース検出の構成、モバイルデバイス管理とMicrosoft Exchangeサーバーの統合など、管理インフラストラクチャの準備。

前提条件

このコースに参加する前に、受講者は以下を持っている必要があります:

  • 一般的なネットワークプロトコル、トポロジ、ハードウェア、メディア、ルーティング、スイッチング、アドレス指定などのネットワークの基礎。
  • Active Directory Domain Services (AD DS)の原則とADDS管理の基本。
  • Windowsベースのパーソナルコンピュータのインストール、構成、およびトラブルシューティング。
  • 公開鍵基盤(PKI)セキュリティの基本概念。
  • スクリプトとWindows PowerShell構文の基本的な理解。
  • Windowsサーバーの役割とサービスの基本的な理解。
  • iOS、Android、およびWindowsモバイルデバイスプラットフォームの構成オプションの基本的な理解。

このトレーニングに参加する受講者は、次のコースに参加するか、実践的なアクティビティを通じて同等の知識とスキルを習得することで、前提条件を満たします。

コースのアウトライン

モジュール 1: 企業内のコンピューターとモバイルデバイスの管理

このモジュールでは、次のタスクを含む複雑な管理タスクを実行するために使用できる構成マネージャーの機能について説明致します。ハードウェアとソフトウェアのインベントリ、アプリケーション管理、オペレーティングシステムの展開、設定管理、ソフトウェア更新管理、リモートクライアントのトラブルシューティング、およびマルウェアからの保護。

Microsoft システムセンター構成マネージャー(構成マネージャー)は、オンプレミスとCloudの両方でデバイスとユーザーを管理するのに役立つさまざまな機能を提供します。 構成マネージャーを使用している組織は、ソフトウェアの展開、設定管理、および資産管理に関して、より効果的なITサービスを提供できることを実感して頂けます。

このモジュールでは、構成マネージャーで使用される主な機能、アーキテクチャ、および管理ツールを紹介します。このモジュールは、このモジュールに続くモジュールで説明されている他のすべての機能と管理タスクに関連する基盤もご提供します。

レッスン

  • エンタープライズ管理ソリューションを使用したシステム管理の概要
  • 構成マネージャーアーキテクチャの概要
  • 構成マネージャー管理ツールの概要
  • 構成マネージャーサイトをモニタリングおよびトラブルシューティングするためのツール

ラボ: 構成マネージャーツールの探索

  • 構成マネージャーコンソールでの検索
  • 構成マネージャーでのWindows Power Shellの使用
  • 構成マネージャー Service Managerを使用したコンポーネントの管理
  • サイトとコンポーネントのステータスのモニタリング
  • 構成マネージャートレースツールを使用したログファイルの確認

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • 構成マネージャーが今日の企業のシステムとユーザーを管理するという課題の対処法説明。
  • 構成マネージャーのアーキテクチャについての説明。
  • 構成マネージャーの管理機能を実行するために使用する管理ツールについての説明。
  • 構成マネージャーサイトのモニタリングとトラブルシューティングに使用するツールについての説明。

モジュール 2: クエリ、レポート、およびCMPivotを使用したデータの分析

Microsoft システムセンター構成マネージャーデータベースには、環境内のリソースに関する大量のデータが格納されています。すべてのリソースですべての管理タスクを同時に実行したい場合があります。したがって、特定の条件を満たすデバイスまたはユーザーオブジェクトを環境内で見つけやすくするために、クエリを作成することができます。次に、これらのクエリを使用して、コレクションを作成したり、特定のリソースに関する追加情報を検索したりできます。このモジュールでは、クエリとそれらを作成および実行する方法について説明致します。

クエリに加えて、レポートを実行して、構成マネージャー環境に関連するさまざまな種類の情報を表示できます。 構成マネージャーレポートを実行するには、このモジュールで詳しく説明するレポートサービスポイントをインストールして構成する必要があります。

このモジュールでは、環境内の接続されているすべてのデバイスでリアルタイムデータを収集および表示できるCMPivotについても説明致します。それによってリアルタイムの決定が可能となります。

レッスン

  • クエリの概要
  • SQL サーバーレポートサービスの構成
  • CMPivotを使用してデバイスのリアルタイム状態を分析

ラボ: クエリの作成と実行

  • データクエリの作成
  • 副選択クエリの作成

ラボ: SSRSの構成

  • レポートサービスポイントの構成

ラボ: CMPivotを使用したデバイスのリアルタイム状態の分析

  • CMPivotを使用してデバイスの現在の状態を分析

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • データおよびステータスメッセージクエリを作成および構成。
  • Microsoft SQL サーバーレポートサービス(SSRS)とレポートサービスポイントを構成および管理。
  • CMPivotを使用して、環境内の接続されたデバイスのリアルタイム状態を照会および表示。

モジュール 3: 構成マネージャー管理インフラストラクチャの準備

Microsoft システムセンター構成マネージャー(構成マネージャー)環境内でコンピューターとユーザーのリソースを管理できるのは、構成マネージャーがこれらのリソースを検出してサイトに割り当てた場合のみです。

このモジュールでは、構成マネージャーインフラストラクチャで管理する必要のあるコンピューターデバイスを含む論理ネットワークの場所を作成するのに役立つ境界と境界グループについて学習します。これらの境界構成を使用して、サイトの自動割り当てを行い、クライアントが関連するサイトシステムからコンテンツとサービスを見つけられるようにすることができます。また、ネットワーク環境内のコンピューター、ユーザー、およびネットワークインフラストラクチャを識別するために使用できる検出プロセスについても学習して頂きます。

次に、リソースの論理グループ化をサポートするコレクションについて学習します。これらのグループ化は、ソフトウェア更新のターゲティング、アプリケーションデプロイメントの管理、リソースへのコンプライアンス設定のデプロイなどの管理タスクに使用します。

レッスン

  • サイト境界と境界グループの構成
  • リソース検出の構成
  • デバイスとユーザーのコレクションを使用してリソースの整理

ラボ: 境界とリソース検出の構成

  • 境界、境界グループ、およびフォールバック関係の構成
  • Active Directoryの検出方法の構成

ラボ: ユーザーとデバイスのコレクションの構成

  • デバイスコレクションの作成
  • ユーザーコレクションの作成
  • メンテナンスウィンドウの構成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • 境界と境界グループの構成。
  • リソース検出の構成。
  • デバイスとユーザーのコレクションを使用してリソースの整理。

モジュール 4: 構成マネージャークライアントの展開と管理

Microsoft システムセンター構成マネージャー(構成マネージャー)クライアントソフトウェアは、サーバー、ワークステーション、ラップトップなどのWindowsベースのデバイスにインストールできます。次に、これらのデバイスを管理し、ハードウェアとソフトウェアのインベントリ情報のレポート、ソフトウェアのインストールと更新、コンプライアンスに必要な設定の構成などの操作を実行することができます。

構成マネージャーには、クライアントソフトウェアをインストールするためのいくつかのオプションがあります。このモジュールでは、サポートされているオペレーティングシステムとデバイス、ソフトウェア要件、およびクライアントソフトウェアをインストールするためのさまざまな方法について説明致します。このモジュールでは、構成可能なデフォルトおよびカスタムのクライアント設定についても説明致します。クライアントソフトウェアをインストールした後、クライアント設定を構成し、さまざまなクライアントコンポーネントが管理対象デバイスと構成マネージャー環境の間でどのように相互作用するかをコントロールすることができます。

レッスン

  • 構成マネージャークライアントの概要
  • 構成マネージャークライアントの展開
  • クライアントステータスの構成とモニタリング
  • クライアント設定の管理と管理操作の実行

ラボ: Microsoft システムセンター構成マネージャークライアントソフトウェアの展開

  • クライアントインストール用のサイトの準備
  • クライアントプッシュインストールを使用した構成マネージャークライアントソフトウェアの展開

ラボ: クライアントステータスの構成とモニタリング

  • クライアントのヘルスステータスの構成とモニタリング

ラボ: クライアント設定の管理

  • クライアント設定の構成
  • 管理操作の実行

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • 構成マネージャークライアントソフトウェアをインストールするための要件と考慮事項の説明。
  • 構成マネージャークライアントソフトウェアの展開。
  • 構成マネージャークライアント設定の管理。

モジュール 5: PCとアプリケーションの在庫管理

このモジュールでは、インベントリ収集の概要を説明し、収集した情報を管理する方法について説明致します。また、ハードウェアとソフトウェアのインベントリの収集、インベントリサイクルの開始、およびインベントリ収集の開始と保護のプロセスについても学習して頂きます。このモジュールでは、プログラムの使用状況をモニタリングするためのソフトウェアメータリングの使用、およびアセットインテリジェンスの構成と管理についても説明致します。

レッスン

  • 在庫収集の概要
  • ハードウェアとソフトウェアのインベントリの構成
  • 在庫収集の管理
  • ソフトウェアメータリングの設定
  • アセットインテリジェンスの構成と管理

ラボ: インベントリ収集の構成と管理

  • ハードウェアインベントリの構成と管理

ラボ: ソフトウェアメータリングの設定

  • ソフトウェアメータリングの設定

ラボ: アセットインテリジェンスの構成と管理

  • アセットインテリジェンスのためのサイトの準備
  • アセットインテリジェンスの構成
  • アセットインテリジェンスを使用したライセンス契約のモニタリング
  • アセットインテリジェンスレポートの表示

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • インベントリ収集についての説明。
  • ハードウェアとソフトウェアのインベントリを構成および収集。
  • インベントリ収集の管理。
  • ソフトウェアメータリングの設定。
  • アセットインテリジェンスの構成。

モジュール 6: 展開に使用されるコンテンツの配布と管理

Microsoft システムセンター構成マネージャー(構成マネージャー)クライアントは、配布ポイントとピアキャッシュソースで構成されるコンテンツインフラストラクチャから、パッケージ、アプリケーション、ソフトウェアの更新プログラム、さらにはオペレーティングシステムイメージなどのコンテンツを取得します。このモジュールでは、コンテンツの配布および管理機能を確認し、配布ポイントを構成し、コンテンツを配布およびモニタリングする方法を学習して頂きます。また、コンテンツの検証とコンテンツの事前ステージングも実行します。

レッスン

  • コンテンツ管理のためのインフラストラクチャの準備
  • 配布ポイントでのコンテンツの配布と管理

ラボ: 展開用のコンテンツの配布と管理

  • 新しい配布ポイントのインストール
  • コンテンツ配信の管理

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • コンテンツ管理のためのインフラストラクチャの準備。
  • 配布ポイントでコンテンツの配布および管理。

モジュール 7: アプリケーションのデプロイと管理

このモジュールでは、Configuration Managerを使用してアプリケーションを作成、デプロイ、および管理する方法について学習します。また、ソフトウェアセンターとアプリケーションカタログを使用して、利用可能なアプリケーションをインストールする方法についても学習して頂きます。型にはまらないアプリケーションでのデプロイメントの管理について学習します。さらに、Windows10アプリと仮想化アプリケーションのインストールについて学習します。

レッスン

  • アプリケーション管理の概要
  • アプリケーションの作成
  • アプリケーションのデプロイ
  • アプリケーションの管理
  • System Center Configuration Managerを使用した仮想アプリケーションのデプロイ(オプション)
  • Windowsストアアプリのデプロイと管理

ラボ: アプリケーションの作成とデプロイ

  • 要件のあるアプリケーションの作成
  • アプリケーションのデプロイ

ラボ: アプリケーションの置き換えと削除の管理

  • アプリケーションの置き換えの管理
  • Excel Viewerアプリケーションのアンインストール

ラボ: Configuration Managerを使用した仮想アプリケーションのデプロイ(オプション)

  • 仮想アプリケーションのデプロイ

ラボ: Configuration Managerを使用したWindowsストアアプリのデプロイ

  • Windowsストアアプリのサイドローディングのサポートの設定
  • Windowsストアアプリの設定
  • Windows10アプリをユーザーにデプロイ

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • Configuration Managerのアプリケーション管理機能についての説明。
  • アプリケーションの作成。
  • アプリケーションのデプロイ。
  • アプリケーションの管理。
  • 仮想アプリケーションを設定およびデプロイ。
  • Windowsストアアプリを設定およびデプロイ。

モジュール 8: 管理対象PCのソフトウェアアップデートの維持

このモジュールでは、Configuration Managerのソフトウェア更新機能を使用して、Microsoftおよびサードパーティのソフトウェア更新を識別、デプロイ、およびモニタリングするという複雑なタスクのエンドツーエンドの管理プロセスをConfiguration Managerクライアントに実装する方法について説明致します。 ####レッスン

  • ソフトウェアの更新プロセス
  • ソフトウェアの更新のためにConfiguration Managerサイトの準備
  • ソフトウェアアップデートの管理
  • 自動デプロイルールの設定
  • ソフトウェアアップデートのモニタリングとトラブルシューティング
  • サードパーティの更新の有効化

ラボ: ソフトウェアアップデート用のサイトの設定

  • ソフトウェアアップデートポイントの設定と同期

ラボ: ソフトウェアアップデートのデプロイと管理

  • ソフトウェアアップデートコンプライアンスの決定
  • クライアントへのソフトウェアアップデートのデプロイ
  • 自動デプロイルールの設定

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • ソフトウェア更新機能がConfiguration Managerとどのように統合されるかの説明。
  • ソフトウェアの更新のためにConfiguration Managerサイトの準備。
  • Configuration Managerを使用してソフトウェア更新の管理。
  • 自動デプロイルールの設定。
  • ソフトウェアの更新をモニタリングおよびトラブルシューティング。
  • サードパーティの更新を有効にする方法の説明。

モジュール 9: 管理対象PCへのエンドポイント保護の実装

このモジュールでは、Configuration Managerが提供するセキュリティ関連の機能を使用して、クライアントコンピューターをマルウェアの脅威から保護し、クライアント用に特定のWindows Defender Firewallを設定する方法について説明致します。 System Center Endpoint Protection(Endpoint Protection)機能に基づいて、Configuration ManagerのEndpoint Protectionは、マルウェア対策ポリシー、Windows Defenderファイアウォール設定、Windows Defender Application Guardポリシー、Windows Defender Exploit Guardポリシー、およびWindows Defenderアプリケーションのデプロイ、管理、およびモニタリングをサポートします。クライアントコンピューターのポリシーを制御します。

レッスン

  • Configuration Managerでのエンドポイント保護の概要
  • Endpoint Protectionポリシーの設定、デプロイ、およびモニタリング
  • 高度な脅威ポリシーの設定とデプロイ

ラボ: Microsoft System Center Endpoint Protectionの実装

  • System Center Endpoint Protectionポイントとクライアント設定の設定
  • Endpoint Protectionポリシーの設定とデプロイ
  • エンドポイント保護のモニタリング

ラボ: 高度な脅威ポリシーの実装

  • 高度な脅威保護ポリシーの作成とデプロイ

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • マルウェアとセキュリティの脆弱性を検出して修正するようにEndpoint Protectionの設定。
  • Endpoint Protectionポリシーを設定、デプロイ、および管理。
  • 高度な脅威保護ポリシーを設定してデプロイ。

モジュール 10: コンプライアンスの管理と安全なデータアクセス

多くの企業組織は、特定の設定とコンプライアンスの要件を満たすために、サーバー、ラップトップ、デスクトップコンピューター、モバイルデバイスなどのシステムを必要としています。 Configuration Managerのコンプライアンス設定は、既存の設定を識別し、設定に不利な変更が加えられたシステムを検出し、必要に応じてこれらの設定を自動的に修正する上で重要な役割を果たすことができます。

コンプライアンス設定は、ユーザーがエンタープライズネットワーク環境でデータを管理およびアクセスする方法を制御するのにも役立ちます。 Windows 8以降のオペレーティングシステムを実行しているコンピューターの場合、フォルダーリダイレクト、オフラインファイル、および移動プロフィールを使用してデータを管理できます。リモート接続プロフィール、仮想プライベートネットワーク(VPN)プロフィール、Wi-Fiププロフィール、および証明書プロフィールを使用して、データへのアクセスを制御することもできます。

このモジュールでは、Configuration Managerを使用して管理できるコンプライアンス設定について説明致します。これらの設定を使用して設定要件を維持し、エンタープライズリソースへの安全なデータアクセスを提供する方法を学習して頂きます。

レッスン

  • コンプライアンス設定の概要
  • コンプライアンスセッティングの設定
  • コンプライアンス結果の表示
  • リソースとデータへのアクセスの管理

ラボ: コンプライアンス設定の管理

  • 設定アイテムとベースラインの管理
  • コンプライアンス設定とレポートの表示
  • コンプライアンス設定での修復の設定
  • コンプライアンス情報を使用してコレクションの作成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • コンプライアンス設定機能の説明。
  • コンプライアンスセッティングの設定。
  • コンプライアンス結果の表示。
  • リソースとデータへのアクセス管理。

モジュール 11: オペレーティングシステムのデプロイの管理

このモジュールでは、Configuration Managerのオペレーティングシステムデプロイ機能を使用して、管理されていないコンピューターおよびConfiguration Managerによって管理されているコンピューターにデプロイできるオペレーティングシステムイメージを作成する方法について説明致します。新しいシステムで作業しているときや既存のシステムをアップグレードしているときなど、Configuration Managerを使用してオペレーティングシステムをデプロイできるシナリオはいくつかあります。オペレーティングシステムのデプロイでは、Configuration ManagerコンポーネントとWindowsコンポーネントの両方を使用して、オペレーティングシステムイメージを管理および配信します。オペレーティングシステムのイメージをキャプチャする前に、またはイメージをターゲットシステムにデプロイした後にConfiguration Managerが作成するタスクシーケンスを使用して、参照コンピューターで設定することができます。

このモジュールでは、Configuration Managerを使用してオペレーティングシステムのデプロイの戦略を作成する方法についても説明致します。また、Windowsをサービスとして管理する方法についても説明致します。

このモジュールでは、Windowsをサービスとして管理する方法について説明致します。

レッスン

  • オペレーティングシステムのデプロイの概要
  • オペレーティングシステムをデプロイするためのサイトの準備
  • オペレーティングシステムの導入
  • Windowsをサービスとしての管理

ラボ: オペレーティングシステムをデプロイするためのサイトの準備

  • オペレーティングシステムのデプロイをサポートするために使用されるサイトシステムの役割の管理
  • オペレーティングシステムのデプロイをサポートするためのパッケージの管理

ラボ: ベアメタルインストール用のオペレーティングシステムイメージのデプロイ

  • オペレーティングシステムイメージの準備
  • イメージをデプロイするためのタスクシーケンスの作成
  • イメージのデプロイ

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • Configuration Managerを使用してオペレーティングシステムをデプロイするために使用される用語、コンポーネント、およびシナリオについての説明。
  • オペレーティングシステムをデプロイするためのサイトの準備。
  • オペレーティングシステムイメージのデプロイ。
  • Windowsをサービスとして管理する方法の説明。

モジュール 12: Configuration Managerサイトの管理と維持

このモジュールでは、設定マネージャーを使用して管理できる役割ベースの管理、リモートツール、およびサイトのメンテナンスタスクについて説明致します。このモジュールでは、Configuration Managerサイトシステムをバックアップおよびリカバリし、Management Insightsからの推奨事項を使用して管理を簡素化する方法についても説明致します。

レッスン

  • 役割ベースの管理の設定
  • リモートツールの設定
  • Configuration Managerサイトのメンテナンスと管理の洞察の概要
  • Configuration Managerサイトのバックアップとリカバリ
  • Configuration Managerインフラストラクチャの更新

ラボ: ロールベースの管理の設定

-トロント管理者向けの新しいスコープの設定

  • 新しい管理ユーザーの設定

ラボ: リモートツールの設定

  • RemoteToolsクライアントの設定とアクセス許可の設定
  • リモートコントロールを使用したデスクトップの管理

ラボ: Configuration Managerサイトの保守

  • Configuration Managerでのメンテナンスタスクの設定
  • バックアップサイトサーバータスクの設定
  • バックアップからサイトの回復

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • 役割ベースの管理設定。
  • クライアントアクティビティをサポートするようにリモートツールの設定。
  • Configuration Managerサイトのメンテナンスタスクを特定。
  • Configuration Managerサイトをバックアップおよびリカバリ。
  • 更新プログラムとサービスを使用して、Configuration Managerインフラストラクチャに更新プログラムのインストール。