コース 55268-A: Microsoft Flow

このコースでは、魅力的で実用的な方法で、Microsoft Flowのインストラクター主導の製品ショーケースを最初から最後まで提供します。 Flowは多様な製品であり、ビジネスプロセスを自動化された一貫性のある視覚的なワークフローに変えます。 Flowは、Office 365のさまざまな製品を織り交ぜるだけでなく、他のオンプレミスおよびWebベースのソリューションに接続するように設計されています。このコースでは、ビジネスワークフローに適したアクションとワークフローロジックを自信を持って選択できます。

オーディエンスプロフィール

このコースの対象読者は、Office 365をしばらく使用していて、現在、既存のビジネスプロセスの最適化と新しいビジネスプロセスの設計を検討しているユーザーです。

職務: 開発者

習得したスキル

  • Flowをいつ使用するかを理解
  • Flowのコンポーネントとその正しい使用法の説明
  • Flowを作成および編集する方法
  • Flowのメリット
  • Flowとの統合

前提条件

このコースに参加する前に、受講者は以下を身につけている必要があります:

  • Flow の経験は必要ありません

コースのアウトライン

モジュール 1: PowerAppsのご紹介

Microsoft Flowの概要説明から始めましょう。歴史的に、ビジネスプロセスの自動化は、通常、コーディングとそれらが接続しているシステムをよく理解しているビジネスの開発者のラップに着陸しました。ただし、企業に導入されるシステムはますます増えており、エンドユーザーの設計と管理により重点を置くようになっています。この文化の変化に伴い、エンドユーザーはビジネスソリューションをさらに改善しようとしています。 Flowは、すべてのオーディエンスにワークフロー設計をもたらします。軽量またはビジネスクリティカルなプロセスのビルディングブロックを提供します。このモジュールでは、製品の概要と、Office 365およびサードパーティサービスへのそのアプリケーションについてご説明します。

レッスン

  • Microsoft Flowとは何か?
  • 自動化のメリット
  • Flow の行い方

ラボ: テナントの設定

  • Office 365のセットアップ
  • コースファイルのダウンロード
  • App Launcherのカスタマイズ
  • 同僚のアカウントの作成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • Microsoft Flowとは何かのは握
  • Flow を使用してプロセスを自動化する利点
  • フローにアクセスする方法

モジュール 2: Flow 入門

Microsoft Flowの発見は、最初のビジネスプロセスを構築することから始まります。テンプレートを使用してFlow を開始する方法、または空白のテンプレートを使用して定義されたアクションなしで開始する方法について説明します。製品に入ると、エディター、ワークフロー管理ページ、およびホーム画面のツアーが提供され、製品内を移動するのに役立ちます。次に、特定のビジネスニーズに合わせてFlow をカスタマイズするために、ワークフローテンプレートからアクションを追加、編集、および削除します。準備ができたら、ワークフローを公開してトリガーし、期待どおりに機能することをテストします。Flow をオンまたはオフにする方法と、Flow を削除する方法について説明することで、このモジュールを終了します。

レッスン

  • Flow テンプレートの使用
  • Flow 内のナビゲート
  • Flow の編集
  • Flow を公開してトリガー
  • Flow をオフにするまたは削除

ラボ: Office 365でのプロセスの構築

  • チャンネルでチームの作成
  • 不在ビジネスプロセスの構築
  • 欠席プロセスのテスト
  • オプション: フィードバックフォームの作成
  • オプション: 悪い評価を通知するFlow
  • オプション: フォームとFlow をテストする

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • Flow テンプレートの使用方法
  • Flow 内を移動する方法
  • Flow の編集方法
  • Flow を公開およびトリガーする方法
  • Flow をオフまたは削除する方法

モジュール 3: Flow ロジック

多くの場合、ビジネスプロセス中の意思決定がボトルネックになります。ワークフローを目標に向けるための決定または情報を待つことは、関係者がタスクに費やす時間に依存します。これは、必要な情報が他の場所で宣言されている場合、たとえば、いくつかの例を挙げれば、ドキュメントプロパティまたはフォームエントリとして軽減できます。ワークフローのロジックにより、既存の情報でワークフローを複数のパスにプッシュできます。これにより、ワークフローの期間が短縮され、人間の入力が最小限に抑えられることがよくあります。このモジュールでは、Flow にあるコアロジックと、各オプションの実際のアプリケーションについてご説明します。

レッスン

  • 条件の追加
  • スイッチの設計
  • それぞれに適用を使用
  • ロジックの構成
  • スコープの追加

ラボ: ドキュメントレビューのスケジューリング

  • SharePointでポリシーライブラリのセットアップ
  • ポリシーレビュースケジュールの設計
  • ポリシーレビュープロセスのテスト
  • オプション: ファイルがレビューに近づいた場合に通知

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • Flow に条件の追加方法
  • Flow のスイッチを設計する方法
  • それぞれに適用する使用方法
  • ロジックまで実行を構成する方法
  • スコープの追加方法

モジュール 4: 統合

多くの場合、企業はOffice 365以外の生産性ツールとサービスの使用。マーケティングチームはFacebookとTwitterを使用し、営業チームはSalesforceを使用して顧客を管理します。 Flowは、一般的なサービス用のコネクタを提供し、プロセスをOffice 365を超えて他のウェブサービスに拡張できるようにします。オンプレミスサーバーへの接続も可能であり、オフィスにあるビジネスシステムハウスがプロセスに参加できるようにします。

レッスン

  • 標準およびプレミアムコネクタ
  • ウェブサービスへの接続
  • オンプレミスデータでのFlow の使用

ラボ: Flow とSQLを使用した売上のレビュー

  • 新しい注文リストの作成
  • 価格チェックプロセスの設計
  • 価格チェックプロセスのテスト
  • オプション: マネージャーとの更新

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • 標準およびプレミアムコネクタの使用方法
  • Webサービスへの接続方法
  • オンプレミスデータでFlowを使用する方法

モジュール 5: モバイルアプリ

Flowには、Flowの多くの機能を活用するために使用できる対応するモバイルアプリがあります。まず、携帯電話やタブレットから直接、新しいFlow を作成する機能をユーザーに提供します。次に、編集、履歴の表示、コピーの保存、Flow の無効化と削除など、既存のFlow を管理するために使用できます。 Flowから送信された承認にアクセスして、決定を承認または拒否できます。このアプリは、Flow から携帯電話やタブレットに送信できるプッシュ通知もサポートしています。さらに、Flow をトリガーできるアプリに表示されるボタンを作成することもできます。この貴重なアプリについては、このモジュールで詳しくご説明します。

レッスン

  • モバイルアプリのダウンロード
  • サインインとアカウント管理
  • Flow の構築と管理
  • ボタンの作成
  • フィードと承認

ラボ: オプション: Flowモバイルアプリの使用

  • Flowモバイルアプリの設定
  • モバイルアプリで新しいFlow の作成
  • アプリでFlow ボタンの使用
  • Flowモバイルアプリをアンインストール

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • モバイルアプリをダウンロードする方法
  • モバイルアプリにサインインする方法
  • モバイルアプリでFlow を構築および管理する方法
  • モバイルアプリでボタンの作成方法
  • モバイルアプリで承認をフィードして使用する方法

モジュール 6: 管理とメンテナンス

Microsoft Flowの最後のモジュールでは、製品を十分に取り入れた後、企業がFlow を管理する方法を見ていきます。まず、個々のFlow の管理について説明します。これは、履歴を使用して問題の原因を発見し、エラー処理を実装するだけでなく、分析を使用して使用傾向を発見することもできます。Flow のメンテナンスを他の同僚と共有するのに理想的なFlow を共有する方法と、Flow をインポートおよびエクスポートする方法を発見します。最後に、Office 365管理者が、データの分離とセキュリティを確保するのに役立つ高レベルの設定を使用してFlowエクスペリエンスを形成する方法についてご説明します。

レッスン

  • Flow の維持
  • 履歴と分析の表示
  • Flow の共有
  • Flow のエクスポートとインポート
  • Flow のOffice365管理
  • 環境
  • データポリシー
  • データ統合

ラボ: Flow の維持

  • 同僚とFlow の共有
  • アクティブFlow の無効化
  • Flow の削除

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。:

  • Flow を維持する方法
  • Flow の履歴と分析の表示方法
  • Flow を共有する方法
  • Flow をエクスポートおよびインポートする方法
  • Office365でFlow の管理方法
  • Flow でデータポリシーを使用する方法
  • Flow でデータ統合を使用する方法

追加資料

このクラスの準備に役立つように、次のリソースをご確認ください:

  • 該当なし