コース MB-330T03-A: Configure and use warehouse, and transportation management in Dynamics 365 for Finance and Operations

Dynamics 365 for Finance and Operations を使用する組織は、ビジネスロジスティクスの最新化、タイムリーな顧客対応、予測的なインサイトの獲得、調達の合理化、販売からフルフィルメントまでのプロセスの統合を行うことで、サプライチェーンの自動化と合理化を実現しています。このコースでは、Dynamics 365 for Finance and Operations において倉庫および輸送管理を構成して使用する方法を説明します。

Audience profile

Dynamics 365 for Finance and Operations Functional Consultant は、発見の実行、要件の把握、主題の専門家および関係者の雇用、要件の変換、ソリューションとアプリケーションの構成を担当します。機能コンサルタントは、革新的な機能、コードレス拡張機能、アプリケーション、およびサービスインテグレーションを使用してソリューションを実行します。

職務: 機能コンサルタント

前提条件

ERP と CRM の概念に関する基本的な理解。

コースのアウトライン

Module 1: 倉庫管理の構成

Dynamics 365 for Finance and Operations の倉庫管理モジュールは、製造、流通、および小売企業における倉庫プロセスの管理に役立ちます。

それには、倉庫施設を最適なレベルでいつでもサポートできるように、さまざまな機能が用意されています。倉庫管理は、輸送、製造、品質管理、購買、転送、販売、返品など、Finance and Operations の他のビジネスプロセスと完全に統合されています。

Lessons

  • 概要
  • 倉庫管理の設定を構成する
  • 予約階層を理解する
  • ロケーションディレクティブおよびワークテンプレート
  • 実習ラボ
  • モジュールのサマリー

このモジュールにおいて、受講者は以下のことについての方法を学びました:

  • 倉庫管理パラメータを構成する
  • 倉庫と場所を作成する
  • ワークプール、ゾーン、ロケーションフォーマット、プロフィールを構成する
  • 予約階層を作成する
  • ロケーションディレクティブを構成する
  • Waves を構成する
  • Loads を構成する
  • 在庫ステータスを構成する
  • サイクルカウントを構成する
  • 梱包とコンテナ化を構成する
  • ラベルを設定して生成する

Module 2: 倉庫管理用モバイルデバイスの構成

このトピックでは、 Finance and Operations において倉庫管理のためのモバイルデバイスの設定を構成します。

Lessons

  • 概要
  • モバイルデバイスを構成する
  • 実習ラボ
  • モジュールのサマリー

このモジュールにおいて、受講者は以下のことについて学びました:

  • 新しい作業クラスを作成する
  • モバイル機器を構成する
  • アクティビティおよび質問のメニュー項目を構成する
  • メニュー項目を構成して、別の作業者またはプロセスの作業を作成する
  • メニュー項目を構成して、既存の作業を処理する
  • モバイルデバイスメニューのレイアウトを定義する
  • モバイルデバイスの基本的な外観と操作性を構成する
  • モバイルデバイスのユーザーを作成する
  • ラベルレイアウトを設定し、ラベル印刷の設定を定義する

Module 3: 倉庫管理の使用

倉庫管理にモバイルデバイスを使用する前に、アプリケーションをインストールする必要があります。このトピックでは、Finance and Operations において倉庫管理プロセスを使用する方法について説明します。

Lessons

  • 概要
  • モバイルデバイスを構成する
  • インバウンド操作
  • サイクルカウント
  • 移動および補充
  • アウトバウンド操作
  • クラスタピッキング
  • 梱包およびコンテナ化
  • 実習ラボ
  • モジュールのサマリー

このモジュールにおいて、受講者は以下の実行方法について学びました:

  • インバウンド操作
  • アウトバウンド操作
  • クラスタピッキング
  • 梱包およびコンテナ化
  • サイクルカウント
  • 移動および補充

Module 4: 輸送管理の構成

このモジュールでは、 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の輸送管理機能の概要を示し、輸送管理を構成して使用する方法について説明します。

Lessons

  • 概要
  • 輸送管理の計画と構成
  • 手順
  • ルーティングおよび転送フロー
  • 輸送エンジンおよび貨物管理
  • 実習ラボ
  • モジュールのサマリー

このモジュールにおいて、受講者は以下のことについての方法を学びました:

  • 交通機関の計画
  • ルーティング
  • 評価
  • インバウンド操作
  • ロードプロセス
  • アウトバウンド操作

Module 5: コースの結論

コースの最終評価とコース概要、およびコース後のアンケート。

Lessons

  • 最終評価
  • コースのサマリー
  • コース終了後のアンケート

受講者はコースを終了します。