コース MS-300T02-A: Managing SharePoint Online

このコースでは、適切なパーミッション設定によってユーザープロフィールとアプリを管理する方法について学習します。また、Managed Metadata, Business Connectivity Services を計画して構成する方法を説明し、検索により、 Office 365 全体でコンテンツを発見、使用、管理することができるようにします。

このコースは、組織内で Teamwork インフラストラクチャを展開および管理する IT プロフェッショナルを対象としています。

これは、 Teamwork 管理者ロールの 4 コースのシリーズのうち 2 番目のコースです。これらのコースは、 MS-300: Deploying Microsoft 365 Teamwork の試験準備に役立ちます。

Audience profile

このコースは、Microsoft 365 Teamwork Administrator role 向けのものです。このロールは、効率的かつ効果的なコラボレーションと採用に重点を置く Office 365および Azure workloadsの構成、展開、および管理を担当します。管理者は、ビジネス要件を満たすためにアプリケーション、サービス、およびサポート インフラストラクチャを管理します。管理者は製品とサービスを認識しており、区別することができますが、各製品またはサービスを直接管理することはできません。

チームワーク管理者は、SharePoint (オンライン、オンプレミス、およびハイブリッド)、OneDrive、およびチームを展開、管理、移行、および保護できる必要があります。

この試験の受験対象者は、次のアプリやサービスとの統合ポイントについて基本的に理解しています: Office、Power Apps、Flow、Yammer、Microsoft Graph、Stream、Planner、およびProject。管理者は、基幹業務アプリケーションを含むサードパーティのアプリとサービスを統合する方法を理解しています。

職務: 管理者

習得したスキル

  • ユーザプロフィールプロパティの設定方法についての説明
  • 視聴者の管理方法を説明する
  • カスタムアプリケーションを作成するために、App Catalog を使用する方法について説明する
  • 用語グループ、用語セット、および用語を作成して管理する
  • 現代的な検索体験とクラシックな検索体験の相違点を説明する

前提条件

受講者は、すでに以下のスキルを持つこのコースを開始する必要があります: Windows PowerShellの経験

  • Active Directory と Azure AD の基本的な理解
  • モバイルデバイス管理、およびその他のオペレーティングシステム(Android および macOS)の基本的な理解

コースのアウトライン

Module 1: ユーザープロフィールとアプリケーションの管理

このモジュールでは、 SharePoint Online におけるユーザープロフィールとカスタマイゼーションについて説明します。SharePoint Online でユーザープロフィールを管理する方法について説明します。また、 App Catalog を使用して、カスタムビジネスアプリケーションが SharePoint Online で利用できるようにする方法についても説明します。

Lessons

  • ユーザープロフィールを管理する
  • カスタマイゼーションとアプリを、計画および構成する

このモジュールを終了すると、受講者は以下のことができるようになります:

  • ユーザプロフィールプロパティの展開方法について説明する
  • 視聴者を管理する方法について説明する
  • カスタムアプリケーションを作成するために、App Catalog を使用する方法について説明する

Module 2: 管理メタデータとビジネス接続サービスの計画および構成

このモジュールでは、Managed Metadata および Business Connectivity Servicesについて説明します。管理メタデータの概念、および用語セットをインポートするプロセスについて説明します。また、 Business Connectivity Services を管理し、外部リストを作成する方法についても説明します。

Lessons

Managed Metadata を計画して構成する Business Connectivity Services(BCS) および Secure Store を計画して構成する

このモジュールを終了すると、受講者は以下のことができるようになります:

  • Managed Metadata の機能について説明する
  • 用語グループ、用語セット、および用語を作成して管理する
  • BDC モデルの主要コンポーネントを説明する
  • BCS の上位レベルのアーキテクチャを説明する
  • Secure Store Service の目的を説明する

Module 3: 検索の計画と構成

このモジュールは、エンタープライズ検索サービスアプリケーションに関するものですコンテンツソース、クロールスケジュール、およびクロールルールの計画と構成の詳細について説明します。また、Query Rules、Result Types および Display Templates など、さまざまな検索コンポーネントの範囲の検索管理をプロビジョニングする方法についても説明します。

Lessons

  • SharePoint Online における検索の概要
  • 検索を管理する

このモジュールを終了すると、受講者は以下のことができるようになります:

  • 現代的な検索体験とクラシックな検索体験の相違点を説明する
  • コンテンツソースの計画と設定の方法を説明する
  • 検索スキーマの管理方法を説明する
  • クエリルールの使用と展開について説明する
  • 結果ソースの使用と展開について説明する

Module 4: コースの結論

Lab : 用語セットをインポートする