コース PL-200T00-A: Microsoft Power Platform Functional Consultant

Microsoft Power Platformは、組織がビジネスプロセスを自動化し、独自の豊富なアプリエクスペリエンスを開発し、顧客とのつながりをより良く、より速くすることを可能にします。このコースでは、受講者は、検出の実行、要件の取得、対象分野の専門家と利害関係者の関与、要件の翻訳、およびMicrosoft Power Platformソリューションとアプリの構成について学習します。彼らは、ハンズオンラボで学習を補完し、アプリケーションの機能強化、カスタムユーザーエクスペリエンス、システム統合、データ変換、カスタムプロセスの自動化、およびカスタムの視覚化を作成します。 Microsoft Power Platformは、Power Apps、Power Automate、Power BI、およびPower Virtual Agentsの4つの主要製品で構成されています。このコースでは、Microsoft Dataverse、AI Builder、コネクタ、ポータルにさらに焦点を当てながら、これら4つのアプリケーションについて詳しくご説明します。

オーディエンスプロフィール

Microsoft Power Platform Functional -

職務: 機能コンサルタント

習得したスキル

  • 組織と協力して要件を収集し、Microsoft Power Platformソリューションの実装
  • モデル駆動型、キャンバス、ポータルアプリの構築
  • パワーオートメートフローの作成
  • Power VirtualAgentsを使用してシンプルなチャットボットの設計
  • PowerBIの視覚化とダッシュボードを使用してデータの分析

前提条件

  • ITプロフェッショナルまたは受講者としての経験
  • Microsoft Power Platformとその主要コンポーネントに関する実用的な知識
  •  Microsoft Dataverse(または一般的なデータモデリング) およびセキュリティの概念に関する知識

コースのアウトライン

モジュール1: Microsoft Power Platformの概要

このモジュールは、Microsoft Power Platformとその4つの主要コンポーネント(Power Apps、Power Automate、Power BI、およびPower Virtual Agents)に関する背景を受講者にご提供します。

レッスン

  • Microsoft Power Platformの概要

ラボ : ラボ環境の検証

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります。

  • Microsoft Power Platformの主要コンポーネントを特定
  • 機能コンサルタントの役割の説明

モジュール2: 機能コンサルタントの役割

このモジュールでは、受講者は、機能コンサルタントの役割と、組織にMicrosoft Power Platformソリューションを正常に実装するために必要なスキルについて詳しく学習します。

  • コンサルタントスキルの概要
  • ドキュメントを作成および検証する
  • 利害関係者との関わり
  • 品質保証を行う
  • 統合を構成する

このモジュールを修了すると、以下のことができるようになります。

  • デモで関係者を引き付ける
  • テーブル (エンティティ) リレーションシップを作成する
  • 統合を設計する
  • コンサルタントおよび顧客組織チームと対話する

モジュール 3: Dataverse の操作

このモジュールでは、データのインポート、表形式のレポート オプションの使用、セキュリティの構成など、Microsoft Dataverse でのデータ モデルの作成について説明します。また、AI Builder を使用した簡単な AI の作成についても学びます。

レッスン

  • データモデルの操作
  • プロセスの作成と管理
  • AIビルダーとの連携
  • Dataverse の設定の構成
  • データのインポートとエクスポート
  • 表形式のレポートオプションの使用
  • セキュリティ設定の構成

ラボ : アプリの作成

ラボ : テーブルと列の作成

ラボ : 関係性の育成

ラボ : その他のテーブル オプション

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • テーブル、列、行、およびリレーションシップについての理解
  • Dataverse でのデータ モデルの構成
  • Microsoft PowerPlatform管理センター内の環境での作業

モジュール 4: パワーアプリの作成

このモジュールでは、3種類のパワーアプリのビジネス価値を学びます。 その後、各タイプのアプリケーションのユーザーエクスペリエンスに関する考慮事項を含め、それらを構成および設計する方法を学習します。

レッスン

  • モデル駆動型アプリの作成
  • キャンバスアプリの作成
  • ポータルアプリの作成

ラボ : アプリデザイナー

ラボ : フォームの変更

ラボ : 表示の変更

ラボ : ダッシュボードの構築

ラボ : キャンパスアプリの基礎

ラボ : データとサービスの利用

ラボ : ユーザー体験

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • Power App のデータに接続する
  • Power App を構築する
  • アプリケーションのユーザー エクスペリエンスを設計する

モジュール 5: パワーオートメートフローの構築

このモジュールでは、パワーオートメートフロー、ビジネスプロセスフロー、およびUIフローを使用してビジネスプロセスを自動化する方法を学習します。

レッスン

  • フローの構築
  • ビジネスプロセスフローの構築
  • UIフローの構築

ラボ : ユーザーの構築

ラボ : 安全な役割の作成

ラボ : ビジネスの新しい役割の設定

ラボ : 高度なビジネスルール

ラボ : フローの作成

ラボ : 承認フローの作成

ラボ : ビジネスプロセスフローの構築

ラボ : ビジネスプロセスフローに分岐点の追加

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • フローを作成する
  • 業務プロセス フローを作成する
  • UI フローについて理解する

モジュール 6: Power Virtual Agentsの利用

このモジュールでは、 Power Virtual Agentsを使用してチャットボットとの顧客の対話を自動化する方法を学習します。

レッスン

  • チャットボットの作成
  • トピックの構成
  • 自動化して統合
  • エンティティの構成
  • チャットボットをテストして公開

ラボ : チャットボットの作成

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • チャットボットの作成
  • チャットボットにフローを含める
  • トピックとエンティティを作成する

モジュール 7: Power BIを使用してデータの分析

このモジュールでは、Power BI DesktopおよびPowerBI Serviceを使用してデータを分析し、視覚化を作成する方法を学習します。

レッスン

  • PowerBIの使用開始
  • PowerBI内のモデルデータ
  • ビジュアライゼーションの作成
  • ダッシュボードの作成
  • PowerBIで公開および共有

ラボ : Wordテンプレートの構築

ラボ : Excel テンプレートの構築

ラボ : 重複検出

ラボ : データのインポート

ラボ : データのエクスポート

ラボ : 一括削除

このモジュールを完了すると、受講者は次のことができるようになります:

  • ビジュアライゼーションの作成
  • PowerBIでデータの消費
  • 利害関係者向けのデータ視覚化のエクスポート