試験項目チャレンジ プロセス

試験項目への挑戦

Microsoft Certification 試験は、試験に合格して認定資格を取得した受験者が、スキル ドメイン全体で必要な習熟度レベルを証明できるように設計されています。Microsoft Certification試験の各質問は、技術的な正確性、明確さ、および関連性について、技術および仕事の専門家のパネルによって慎重に審査されます。Microsoft Certification 試験の問題が不正確であると思われる場合は、問題のある問題を特定して修正するのに役立つように設計された、試験項目チャレンジプロセスを介して問題の評価をリクエストできます。ただし、問題になんらかの不備があったとしても、その問題がなかったら正しく答えられたとは言えません。したがって、ほとんどの挑戦によって試験結果が変わることはありません。

Exam Item Challenge の受理基準:

  • 試験は、直近の過去 30 暦日以内(営業日ではない)に実施されたものである必要があります。
  • あなたは試験で特定の項目に挑戦しています。

以下の基準では、Exam Item Challenge は受理できません。

  • 試験全体に対するチャレンジ。
  • 教材(模擬試験、学習ガイド、トレーニング教材など)に基づくチャレンジ。
  • 問題の妥当性に対するチャレンジ。
  • 試験の実施後 30 暦日(営業日ではありません)を超えての提出。
  • テストセンターで発生した技術的問題に基づくチャレンジ。
  • このプロセスを介して提出されていない課題。
  • 採点方法に対するチャレンジ(たとえば、棒グラフが実際の採点を表していないなど)。
  • 試験の形式に対するチャレンジ (標準、ソート、適応)。
  • ベータ試験への挑戦; コメント期間中に提供できなかったベータ試験に関する追加のフィードバックがある場合は、mslcd@microsoft.comにフィードバックを送信してください。

試験項目チャレンジ プロセス:

  1. 試験項目チャレンジの受理または不受理の基準を審査します。
  2. 試験項目問い合わせフォームに記入して送信します。
  3. マイクロソフト認定チームは、提出物の完全性を確認します。不備がある場合は、追加情報を提供するよう求められます。完了すると、Microsoft Certificationチームがレビューします。審査には約2週間かかります。
  4. 審査が完了すると、結果が通知されます。

Microsoft Certification試験を可能な限り有効かつ関連性の高いものにすることに興味を持ってくださりありがとうございます。