試験 77-425: Microsoft Word 2013 Expert Part One

このエキスパート レベルの Microsoft Word 2013 試験の受験者は、Word 環境の高度な知識を持ち、Word 2013 に含まれる機能の適切な使用方法を指導できる方を対象としています。対象者はアプリケーションの高度な機能と特殊な機能の使い方を理解しており、デモンストレーションを実行できる必要があります。受験者はさまざまな特殊な目的や状況に応じてプロフェッショナルな外観の文書を作成、管理、配布できる必要があります。また、ニーズへの対応と生産性向上のために Word 環境をカスタマイズできる必要があります。文書の例としては、事業計画書、法律文書、宣伝用パンフレット、大量郵送文書などがあります。受験者の役割としては、編集者、プロジェクト マネージャー、講師、大学院生、テクニカル ライターなどが想定されます。

次の要件の一部: Microsoft Office Specialist: Word 2013 Expert Microsoft Office Specialist 2013 Master

関連する試験: なし

重要: 詳細の表示

認定資格ダッシュボードに移動する

試験のスケジュール設定

  • 77-425: Microsoft Word 2013 Expert Part One

    言語: 英語, 簡体中国語, 繁体中国語, ドイツ語, スペイン語, フランス語, イタリア語, 日本語, 韓国語, オランダ語, ポルトガル語 (ブラジル), ロシア語, アラビア語 (サウジアラビア)

    廃止日: なし

    このエキスパート レベルの Microsoft Word 2013 試験の受験者は、Word 環境の高度な知識を持ち、Word 2013 に含まれる機能の適切な使用方法を指導できる方を対象としています。

    試験が監督されている国に基づく価格。

    対象 Microsoft Word 2013 Expert Part One

    試験のどのような質問にも回答できるようにするため、試験の目的が詳しく説明されています。

評価されるスキル

  • ドキュメントの管理と共有 (25-30%)
  • 高度なドキュメントを設計する (25-30%)
  • より高度な資料の作成と管理 (25-30%)
  • カスタマイズされた Word エレメントの作成 (20-25%)

試験スキルのアウトラインをダウンロード

準備する 2 つの方法

認定を受けるのに必要なスキルを身につけるためのラーニング パス 

    この試験ではラーニング パスはまだ使用できません

"試験 77-425: Microsoft Word 2013 Expert Part One" に関連する認定資格と前提条件がある場合があります

  • Microsoft Office Specialist: Word 2013 Expert

    この認定資格はMicrosoft Office Specialist Expert 認定資格を取得して、Microsoft Word 2013 の高度なスキルを身に付けていることを実証します。

  • Microsoft Office Specialist 2013 Master

    Microsoft Office Specialist Master 認定資格を取得することにより、Office プログラムを使いこなすために必要な最も高度なスキルを身に付けていることが実証されます。

試験のリソース

Exam Replay

成功の可能性を一気に高めるために2つの素晴らしいオファーを見てみましょう。

認定資格ダッシュボード

スケジュールされた予定、認定証、および成績証明書をご確認および管理してください。

Request accommodations

試験の宿泊施設のリクエストの詳細をご覧ください。

試験のポリシーと FAQ

スケジュールされた予定、認定証、および成績証明書をご確認および管理してください。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、Microsoft 認定トレーナー、Microsoft Partner Network プログラム メンバーのキャンペーン プランまたは割引価格は反映されません。 価格は予告なしに変更される場合があります。 価格には、適用される税金は含まれません。 試験を受けるための登録を行う前に、試験のプロバイダーに正確な価格を確認してください。

** この試験を廃止日までに完了し、認定資格に適用されるようにしてください。 廃止日以降、試験の要件については関連する認定資格を参照してください。