よく寄せられる質問

試験の基本事項

試験時間について教えてください。どのような問題が出題されますか。

試験中に休憩を取ることはできますか?

正解です。 事前に要求することなく予定外の休憩を取ることができるように、試験に 5 分追加しました。 参照: 試験中の予定外の休憩

5 分以上の休憩が必要な場合は、便宜に関するプロセスを通じて追加の時間を要求することができます。

試験の準備はどのように行えばよいですか。

Microsoft 認定資格試験に登録するにはどうすればよいですか。

試験は英語で受験する必要がありますか。

Microsoft 認定資格試験は、さまざまな言語で提供されています。 母語ではなく、英語で試験を受験する必要がある受験者は、時間の延長をリクエストできます。 追加時間の承認は状況に応じて行われ、試験の前にリクエストする必要があります。 これは、第二言語としての英語に関するプロセスを通じて要求する必要があります。

プライオリティサポートを利用できますか?

受験料はいくらですか。

アソシエイトとエキスパートの試験は通常、米ドルの $ 165 ですが、特定の国や地域の通貨値に基づいて価格が決まります。 試験の価格は変更されることがあります。 一部の国および地域では、追加の税金が適用される場合があります。

  • Microsoft Office Specialist (MOS) の正確な価格については、Certiport にお問い合わせください。
  • その他のすべての試験については、すべての試験を見て、試験ページを検索し、試験の価格を確認してください。
  • 特別なパッケージが利用可能な場合もあります。詳細については「Offer」を参照ください。
  • 学割価格もご用意しています。詳細については、「学生割引」を参照してください。

試験の学習資料やトレーニングに関する意見を送るにはどうすればよいですか。

講師による Microsoft トレーニング コースに関するご意見は、講師に直接お伝えください。 Microsoft のオンライン コースに関するご意見は、コースの終了時に表示されるフィードバック フォームにご記入ください。 Microsoft では、サード パーティが開発した学習資料の内容は確認せず、そのコンテンツに対する責任を負いません。 サード パーティーが開発した試験の準備資料について質問またはご意見がある場合は、発行元に直接お問い合わせください。

試験の質問や受験環境についての意見を送るにはどうすればよいですか。

  • 特定の項目の技術的な正確性について懸念がある場合は、試験項目の異議申し立てプロセスに関するページを参照してください。
  • テスト センターに対する懸念や受験時に生じた技術的な問題を報告するには、適切な試験提供プロバイダのカスタマー サービスまでご連絡ください。
  • セキュリティに関する懸念事項を報告するには、こちらのフォームに記入してください。
  • その他のご意見は、認定サポートまでご連絡ください。

試験の仕様

Microsoft では、特定の分野についての質問をいくつ試験に含めるかをどのように決めているのですか。

試験で評価するスキルは、Microsoft 社外の (つまり、Microsoft の従業員ではない) 領域専門家が特定します。 「対象分野」と呼ばれるスキルの一覧が、試験開発の基礎になっています。 各スキル分野を評価する質問の数は、基本設計プロセスによって決定されます。重要なスキルや使用頻度の高いスキルを評価する試験のセクションには、重要度の低いスキルや使用頻度の低いスキルを評価するセクションよりも多くの質問が含まれます。

なぜケース スタディ形式の試験を採用しているのですか。

ケース スタディ形式の試験では、プロフェッショナルの業務内容をより正確にシミュレートする複雑なシナリオが使用されます。 事例に組み込まれているシナリオ ベースの問題は、問題点を解決するうえで重要となる情報の特定と、その情報を分析および総合して意思決定を行う能力のテストを目的としています。 受験者は、ケース スタディの問題に取り組む間に何度でもシナリオの詳細を確認できます。

ケース スタディを完了した後、問題を再度確認できますか。

試験の次のケース スタディまたはセクションに進むまで、ケース スタディの問題を再度確認できます。 ただし、次のケース スタディまたはセクションに進んだ場合、前のケース スタディに関する問題を再度確認することはできなくなります。 ケース スタディとそれに関する問題を完了すると、確認画面が表示されます。 この画面では、次のケース スタディに進む前に、解答を確認して変更できます。

ケース スタディの所要時間は、試験の他の部分と個別に計測されるわけではありません。 試験のケース スタディ数は試験の導入説明画面に表示されます。 試験の、すべてのケース スタディと試験の他のすべてのセクションを完了できるように試験時間を調整してください。

新しい特徴や機能が追加されたとき、または関連するテクノロジに変更が加えられた場合に、試験が更新されたかどうかを判断するためのプロセスは何ですか。

2 か月ごとにクラウド ベースの試験を見直しています。 客観的領域と既存の質問に影響する変更はすべて試験に組み込まれます。 具体的には、技術的に不正確な質問は試験から削除されます。項目が修正される場合もあれば、新しいけれども関連するスキルを評価するために、新しい項目が作成される場合もあります。

Microsoft は、認定資格の有効性および妥当性を維持するために、いつでも内容を更新する権利を有します。 これには、テクノロジの変更に関連する特徴や機能の組み込み、職務内での成功に必要なスキルの変更などが含まれますが、これらに限定されません。

ほとんどの問題は一般提供 (GA) の機能が対象ですが、プレビュー機能が一般的に使用されている場合は、これらの機能に関する問題が試験に含まれることがあります。

新しい特徴や機能が追加されたとき、または関連するテクノロジに変更が加えられた場合に、どのようにして試験の更新を確認できますか?

変更があった場合は、試験の詳細ページを更新して受験者にお知らせします。 また、ニュースレター、ブログ、その他の適切なコミュニケーション チャネルにも更新情報を記載しています。試験内容の変更について確認したい場合は、これらのコミュニケーションに登録することをお勧めします。

受験者への試験内容に関する通知は主に試験詳細ページで行っており、何がいつ変更されるかがわかり次第、更新します。試験は 2 か月ごとに更新されるため、試験の準備を行う際には、試験の詳細ページを定期的に確認することをお勧めします。

Microsoft は、認定資格の有効性および妥当性を維持するために、いつでも内容を更新する権利を有します。 これには、テクノロジの変更に関連する特徴や機能の組み込み、職務内での成功に必要なスキルの変更などが含まれますが、これらに限定されません。

ほとんどの問題は一般提供 (GA) の機能が対象ですが、プレビュー機能が一般的に使用されている場合は、これらの機能に関する問題が試験に含まれることがあります。

試験が変更された場合に、学習キット、書籍、コースウェア、その他の試験準備資料は更新されますか。

Microsoft は、変更が発生した際にトレーニングと試験の整合性を保つためにあらゆる対応を試みますが、それが常に可能であるとは限りません。 Microsoft 試験は、Microsoft またはサード パーティ プロバイダーが作成する準備またはトレーニング製品の事後テストとして行われるわけではありません。 Microsoft 認定資格は、受験者がどのような方法でスキルを取得したかにかかわらず、経験に基づくスキルを評価するように設計されています。

試験の準備をする最善の方法は、試験詳細ページの「スキルの評価」セクションに示されているスキルの演習を行うことです。 Microsoft 認定資格試験に合格するには、テクノロジに関する実地経験が必要です。

Microsoft では、サード パーティが開発した学習資料を確認しておらず、そのコンテンツに対する責任を負いません。また、コンテンツが製品の更新プログラムを反映したものであることを保証しません。 サード パーティーが開発した試験の準備資料について質問またはご意見がある場合は、発行元に直接お問い合わせください。

Microsoft トレーニングまたは Microsoft Press の書籍で扱われていない内容が試験に含まれているのはなぜですか。

特定の職務に関連するすべての教材は、同じ職務分析から構築されます。 結果として、学習内容は試験と密接に連携することになります。 ただし、試験はトレーニング教材や学習の有効性ではなく、職務上の能力を評価することを目的としているため、教材は試験の内容とは無関係に制作されています。 試験は、学習対象範囲を超えてスキルを応用する能力を評価するように設計されているため、トレーニングの学習内容よりも高いレベルでスキルが評価されることになります。 これは一部の受験者にとって、関連する学習ではスキルを教えてもらえなかったという印象を与える場合があります。しかし、試験で評価されたすべてのスキルは、当社の学習オプションに含まれています。

Microsoft は、試験で評価されるすべてのスキルに対してなんらかの形式のトレーニング資料を用意するように努めています。 これらのリソースの一覧は、試験詳細ページで確認できます。

スコアと結果

試験はどのように採点されますか。

試験のスコア付けとスコア付けレポートにアクセスしてください。

試験再受験ポリシーとは何ですか?

スコアの再評価をリクエストできますか。

特定の項目の技術的な正確性に懸念がある場合は、オンライン リクエストを提出してください。項目の異議申し立てフォームをお送りします。 ただし、スコアを再評価しても、合否結果が変わることはほとんどありません。 試験結果の再評価によって試験の最終結果が変更されることはほとんどありません。これは、試験に合格し認定資格を取得する受験者が、該当するスキル分野に関して要求された習熟度への到達を実証したことを、Microsoft が保証するものであるためです。 質問になんらかの問題があった場合でも、その問題がなければ受験者が正解できたとは仮定しません。 このような場合、Microsoft では受験者に無料で再受験する機会を提供します。

試験の問題にチャレンジするにはどうすればよいですか。

合格しなかった場合、返金を受けられますか。

いいえ。 マイクロソフトでは、合格しなかった試験や、受験しなかった試験に対する返金は行っていません。

試験のセキュリティ

試験のセキュリティ ポリシーとは何ですか。

パフォーマンスベースの試験

パフォーマンス ベースの試験(PBT)とは何ですか?

パパフォーマンス ベースの試験では、テクノロジのタスクを完了することによって自分のスキルを実証することができます。 今日、これは段階的なラボでタスクを完了することを意味しますが、将来的には、PBT は別の形をとる可能性があります。 たとえば、Microsoft は、現在職務に就いているユーザーのために毎日行う作業を認定要件に組み込む方法を模索しています。 まだ職務に就いていない受験者のために、当社はポートフォリオや段階的なラボを通してスキルを実証するための他の方法をご用意しています。 Microsoft は、受験者のスキルや能力を実際の仕事の遂行方法と一致するやり方で評価するように常に革新しています。 PBT チュートリアル ビデオを見るには、こちらをクリックしてください。

ラボを修了するとどうなりますか?

この種の問題では、仮想環境でタスクを実行することが求められます。 仮想マシン ウィンドウと [タスク] ペインを含む画面が表示されます。 仮想マシン ウィンドウは、実際のソフトウェアとアプリケーションに対してタスクを実行する、リモートで接続されたライブ環境です。

[タスク] ペインには、ラボで実行する必要があるタスクが一覧表示されます。 [+] または [-] 記号を使用して各タスクを展開または折りたたむことができます。 各タスクにはチェックボックスが付いており、タスクを完了したときにマークを付けることができます。 これらの処理は、ラボや得点に影響を及ぼしません。 ラボには、必要なタスクを完了していないことを示すものがないため、チェックボックスをオンにして、完了したタスクを追跡することができます。

ラボから移動するとすぐに (バックグラウンドで)採点が開始されるため、ラボから移動した後は、元に戻ることはできません。 [次へ] をクリックすると、本当にラボから離れるのかを確認するメッセージが表示されます。 [はい] をクリックすると、ラボ セクションが終了し、タスクが採点されます。

ラボがある場合、試験はどのように構成されていますか。

試験が開始されると、試験に出ててくる項目、ケーススタディ、およびラボの数(タスクの数を含む)を示す画面が表示されます。 この情報をメモしておくと、それに応じて試験時間を計画できます。

試験開始後、ラボの読み込みを行いながら、従来の試験問題 (たとえば、複数選択、ドラッグ アンド ドロップ、リストの作成など)に解答します。 ラボは試験の最後のセクションになります。 以下の点に注意してください。

  • 試験のいずれかのセクション (ケース スタディ、ラボなど) を離れた後、そのセクションに戻ることはできません。 ただし、ほとんどのセクションの最後には、解答を見直す機会があります(試験には、見直しできないセクションが含まれている場合があります。これはセクションの最初に注意書きされています)。 回答を見直している間、試験時間は止まりません。 時間配分を考慮します。残りの時間と問題数に注意を払ってください。
  • ラボが含まれる試験には、パフォーマンス セクションとラボが 1 つまたは 2 つあり、複数のタスクを完了する必要があります。 調査によると、タスクの完了には従来の項目の約 3 倍の時間がかかることがわかっています。 ラボを開始するとき、残り時間でラボを完了できるように時間配分を考慮してください。 時間を賢く管理する受験者は、ラボを完了するのに十分な時間を確保しています。
  • 試験のラボとタスクの数は、最初のラボの前にある概要ページに表示されています。 お読みください! そして、それに応じて時間管理を行います。
  • タスクが実行されるのを待ってから他のタスクに移動します。 場合によっては、他のタスクを完了する前に実行しなければならないものがありますが、これはそのタスク中に注意します。また実行中のタスクに関して作業できるタスクが他にも出てきます。 タスクが実行されるのを待つ時間を無駄にしないでください。 試験時間を最大限いかせるよう、そのタスクに依存しない何かに移動しましょう。 場合によっては、タスクを開始するだけでスコアを得ることができます (たとえば、Azure でリソースを作成するなど)。他のタスクに取り組む間、タスクをバックグラウンドで実行させることができます。 タスク リストには、タスクを開始するだけでよいという注意書きが含まれています。 ペナルティを科されることなく、他のタスクに進むことも、セクションを離れることもできます (必要に応じて、または試験の最後に次のラボに進むこともできます)。 タスクをよくお読みください。 タスクに提示された問題を解くために必要なことを行います。

ラボを使った試験になぜ従来の問題形式が含まれているのでしょうか(たとえば、複数選択、ドラッグ アンド ドロップ、リストの作成など)。

さまざまな理由から、ラボではすべての重要なスキルを評価することはできません。 たとえば、実行に数分以上かかる、または重要なリソースを必要とするタスクを完了するよう当社が求めることはありません。結果として、試験経験により適した問題形式を使用してこれらのスキルの評価を継続しています。

試験にはラボはいくつありますか。 各ラボにはいくつのタスクがありますか?

試験にラボが含まれる場合は、少なくとも 1 つのラボがあります。 各ラボには 7-15 のタスクがあります。 試験にラボがあるかどうか、またいくつあるかは、試験の概要に記載されています。

課題はどのように採点されますか。

タスクは最終結果に基づいて採点されます。 タスクの達成方法 (UI から行ったのか、PowerShell コマンドを使ったのかなど) は問いません。重要なのは、タスクの達成を成功させたことだけです。 通常どおりにタスクを完了してください。採点スクリプトによって、主要な特性に基づいて最終結果が評価され、正しく行われたかどうかが判断されます。 たとえば、タスクがユーザーを追加することだった場合、スコアリング スクリプトはそのユーザーを確実に追加します。

タスクを実行するために特定の方法を使用する必要はありません。 GUI の代わりに PowerShell または CLI を使用した方 が快適な場合は、それをお勧めします。 タスクの最終結果についてテストします、正しく実行できましたか?タスクの実行に使用した方法についてではありません。

各課題は何ポイントに相当しますか。

ほとんどの作業は 1 点の価値があります。タスクが複数の点数に相当する場合は、その情報がタスクの説明に記載されています。

ラボの所要時間を教えてください。

ラボは試験と別で時間を計測されることはありません。 試験の開始時に、ラボ、ケース スタディ、問題の数と試験時間が試験概要に示されます (お読みください!)。 与えられた時間内に、ラボに関連するタスクを完了することを含め、すべての問題に解答しなければなりません。 解答が求められるすべてのアクティビティを完了させるために、必要に応じて時間を管理してください。

ラボを完了するのに十分な時間はありますか?

ラボは提供された試験時間内に完了するように設計されています。 実行に時間のかかるタスクや依存関係の多いタスクの実行を求められることはありません。 実行に時間のかかるタスクや依存関係の多いタスクに基づいて重要なスキルを評価する必要がある場合は、従来の項目を使用してスキルを評価するか、可能であればこれらの操作が既に行われるようにラボを設定します。その後、実行の結果に基づいて論理的に構築されたタスクを実行します。

ラボに含めるタスクをどのように決定しますか?

試験に関するすべての問題と同様に、ラボの作業はオブジェクティブ ドメインに対応しています。 ラボベースの評価に最適で、長い実行時間やリソースを必要とせず、受験者が試験を完了するのに予想される時間内に完了できるタスクを選択します。

ラボ開始前に待ち時間があったのはなぜですか?

クラウドで環境をプロビジョニングするには時間がかかり、タスクを完了するためにアクセスする環境は、リソースが完全にプロビジョニングされたときにのみ読み込まれます。 結果として、試験はラボを準備して環境に読み込む時間を可能にする伝統的なの項目 (複数選択、ドラッグ アンド ドロップ、リストの作成など)から開始されます。 これらの問題にあまりにも早く回答した場合は、ラボがプロビジョニングを読み込むのを待つ必要があります。

ラボは起動した際に空白の白いスクリーンの状態の場合があると聞いたことがあります。 これを修正する方法はありますか?

ラボが起動し、真っ白な画面が表示される場合は、新しいタブを開いて https://portal.azure.com. に移動してみてください。ほとんどの場合、この新しいタブを開くことで、問題が解決します。

ラボでいくつか問題が発生しました。 Microsoft にはどのようにして報告できますか?

ラボで問題が発生した場合は、試験項目の異議申し立てプロセスを行ってください。 あなたの体験について具体的に説明することはできませんが、調査によって根本的な原因を特定し、すべての人にとって改善へ向かう解決策を特定するのに役立ちます。

ラボでいくつか問題が発生しました。 採点のやり直しをリクエストするにはどうすればよいですか。

スコアを受け取った場合、それは試験の成績が正確に反映されています。発生する可能性があるラボの問題をすべて考慮して採点するように設計されています。 失敗した場合、 採点のやり直しでもその結果は変更されません。

採点はいつ受け取りますか。

ラボでは、従来の項目タイプよりも採点時間が長くなります。 ラボは試験の終了時に出てくるため、すぐに結果が得られない場合があります。 採点を受け取るまで 30 分以上かかる場合があります。 採点報告を待つ必要はありません。 それは自動的に認定データベースに回され、 MC ダッシュボードに表示されます。 これは、試験の実施から 24 時間以内に行われます。 表示されない場合は、認定サポートにお問い合わせください。

業務連動型の質問を含む試験では試験時間が長くなりますか。

はい。 こうした試験は、業務連動型の項目を含まない試験よりも完了までの時間が長くなる可能性があります。 各試験に割り当てられた時間は、これを考慮に入れています。

業務連動型の試験には、他の試験とは異なる準備が必要ですか。

いいえ。 評価されるスキルは質問の形式にかかわらず同じです。 試験で評価する知識とスキルは、試験詳細ページの「スキルの評価」セクションに示されています。 スキルを練習する場合は、ラボを含め、あらゆる種類の項目に対応できるように準備しておきましょう。

ラボが含まれる試験には、特別な試験センターの要件はありますか? ラボが含まれる試験を予約しようとすると、ほとんどの試験センターが表示されず、ラボが含まれない試験には同じ試験センターが表示されます。

ラボを含む試験では、特定のインターネット接続要件を満たす試験センターが必要となるため、利用できる試験センターは少数に限られます。 新しいロール ベースの試験の多くにラボが追加されると、それらも試験センターの制限の対象となります。 特定の試験センターをご希望の場合は、その試験センターに連絡してラボの提供可否についてご確認ください。また、試験を選択した後に利用可能な試験センターとして表示されることはありません。 そのような場合は、別の試験センターを探すか、オンライン プロクタリングによる試験を受けることをお勧めします。 将来的には、オンライン試験監督を介してラボを受験できるようになるかもしれませんが、現在は、ラボの配信を正常に行うために必要な接続および技術要件を満たしている試験センターのみに限定しています。

ラボが含まれる試験の一覧はどこで入手できますか。

ラボが含まれる試験の一覧は提供していません。これは、ラボの有無が、Azure の可用性、障害、帯域幅に基づいて受験者によって変わり、受験者がラボがある試験だと思っていたらなかったというエスカレーションにつながるからです。

目標は、すべてのロールベースの認定資格にラボを用意することです。そのため、準備の段階でラボを計画することをお勧めします。 さらなる利点は、試験にラボがあるものとして準備することで、試験合格に必要な経験を得るためにより適した場所にご自分を置くことによってのみ経験を重ねられることです。

試験の開始時に、指示の中で、ラボがあるかどうかなど、試験の内容に関する情報が示されます。 指示をよく読んで、試験にラボが含まれているか (さらに、ケース スタディや、通常とは異なる要件を持つ可能性のあるその他の問題の種類) を確認してください。

試験の学割価格

試験で学生割引を利用できますか。

学生割引」を参照してください。

最初に登録したときに教育機関向けの割引を確認せずに受験料を支払ったあとで、割引の対象資格が確認された場合、返金を受けられますか。

いいえ。 学生ステータスを確認する前に、試験に登録して受験料を支払う場合は、通常の料金を支払う必要があります。その場合、返金は受けられません。 試験の登録と受験料の支払いを完了する前に、必ず学生ステータスを確認してください。

教育機関の確認内容には有効期限がありますか。

はい。 教育機関の確認内容は、12 か月間のみ有効です。 12 か月を経過した場合、確認プロセスを繰り返す必要があります。

私は教師です。 商用チャネルで提供される Microsoft 認定資格試験の教育機関向け割引を該当する国または地域で引き続き利用することはできますか。

はい。 その場合は、学生と同じ手続きを行う必要があります。 つまり、Microsoft アカウント プロファイルで職務に 「Student (学生)」 を選んで、学生と同じプロセスでステータスを確認する必要があります。 詳細については、「学生割引」を参照してください。

Microsoft 認定資格試験の教育機関の確認手続きに関して質問がある場合、どこに問い合わせればよいですか。

試験の登録に関する一般的な質問や、新規または保留中の確認リクエスト特有の質問がある場合は、認定サポートにお問い合わせください。