Microsoft 365 Certified: Teams Support Engineer Specialty

この認定資格の受験者は、高度なトラブルシューティング方法を使用して、Microsoft Teams 環境のサポート、テレメトリやログ データの収集、デプロイのトラブルシューティング、パフォーマンスの調整を行うサポート エンジニアです。 受験者は、ログおよびその他のデータを確認し、問題の根本原因を特定し、修正を行うことが期待されます。

受験者は、Microsoft Teams のトラブルシューティングに特化した実践的な専門知識を含め、統合型コミュニケーション ソリューションのトラブルシューティングにおいて豊富な経験を持っている必要があります。 また、受験者には、Azure の基礎、テレフォニー、PowerShell、データ ストレージ テクノロジ、API、アプリ セキュリティ、認証と承認、セキュリティとコンプライアンスの情報、デバッグ、パフォーマンスの調整、および監視に関するネットワークの知識が求められます。

職務: サポート エンジニア

必須の試験: MS-740

重要: 詳細の表示

認定資格ダッシュボードに移動する

認定資格の詳細

試験を 1 つ受ける

認定資格の取得

ASSOCIATE 認定資格

Microsoft 365 Certified: Teams Support Engineer Specialty

評価されるスキル

  • Troubleshoot Microsoft Teams voice issues
  • Troubleshoot issues with Microsoft Teams meetings and live events
  • Troubleshoot federation issues
  • Troubleshoot issues signing into Microsoft Teams
  • Troubleshoot teams and channels
  • Troubleshoot issues with files

認定資格スキルのアウトラインをダウンロード

準備する 2 つの方法

このコレクション内の項目

認定試験

  • MS-740: Troubleshooting Microsoft Teams

    言語: en

    廃止日:

    この試験では、Microsoft Teams の音声に関する問題、Microsoft Teams 会議とライブ イベント、フェデレーションに関する問題、Microsoft Teams へのサインイン、チームとチャネル、ファイルなどの技術的タスクのトラブルシューティングを行う能力を測定します。

    試験が監督されている国または地域に基づく価格。

    対象 Troubleshooting Microsoft Teams

    試験のどのような質問にも回答できるようにするため、試験の目的が詳しく説明されています。

認定資格のリソース

トレーニングおよび認定資格ガイド

簡潔なトレーニングおよび認定ガイドですべての認定を確認してください。

Certification poster

基礎、ロールベースおよび専門認定の概要をご覧ください。

Exam Replay

成功の可能性を一気に高めるために2つの素晴らしいオファーを見てみましょう。

資格のサポート

Microsoft Certification サポートフォーラムで助けてもらう。 フォーラムのモデレーターが、月曜日から金曜日までの間の 1 営業日以内に返信します。

認定資格ダッシュボード

スケジュールされた予定、認定証、および成績証明書をご確認および管理してください。

認定バッジを披露する

あなたのネットワークで成果をお祝いしましょう。 Microsoft 認定バッジを申請し、LinkedIn や履歴書などに追加しましょう。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、Microsoft 認定トレーナー、Microsoft Partner Network プログラム メンバーのキャンペーン プランまたは割引価格は反映されません。 価格は予告なしに変更される場合があります。 価格には、適用される税金は含まれません。 試験を受けるための登録を行う前に、試験のプロバイダーに正確な価格を確認してください。

** この試験を廃止日までに完了し、認定資格に適用されるようにしてください。 廃止日以降、試験の要件については関連する認定資格を参照してください。

現在認定を受けていますか?

技術の強み、テクノロジが進化し続けるスピードが、スキルの強みにつながります。 お持ちの認定資格を最新の状態に保ち、ご自分のスキルが、最新のテクノロジの更新内容に合った最新のものであることを証明しましょう。 資格の有効期限が切れてから 6 か月以内であれば、無料で資格を 1 年延長するチャンスがあります。