MTAリタイアメントFAQs

顧客向けのFAQs:

Q:Microsoft Technology Associate (MTA)の認定と試験が廃止されるのはなぜですか?

A: テクノロジーの幅広い世界を始めた人にとって、Microsoft Technology Associate (MTA)認定は重要な資格資産としての役割を果たしてきました。ITプロフェッショナルの責任がますます複雑になるにつれて、関連する技術スキルと業界で認められた認定を取得することの重要性が高まっています。受講者がペースを維持し、新しい仕事で成功するために必要な技術スキルを身に付けるのを支援するために、業界や雇用の傾向に合った職務に焦点を当てるように認定を進化させました。役割ベースの学習サービスを引き続き拡大する一方で、2022年6月までにMTA認定を廃止し、教育者、学生、および学習者が新世代の認定へのピボットを開始することをお勧めします。


Q:MTAは廃止されますが、どの代替認定を取得する必要がありますか?

A: 基礎認定 は、マイクロソフトテクノロジの混合概念と応用学習を使用して、基礎の理解を開始および検証するのに最適な場所です。これらは、Microsoft Azure、AI、データ、Power Platform、Microsoft 365、Dynamicsなどの新興および需要の高いキャリア分野にわたる役割ベースのトレーニングと認定への出発点であり、多くはACEカレッジクレジットの取得も承認されています。


Q:MTA試験のライセンス販売はいつ終了しますか?

A: 2021年6月30日をもって購入用のMTAライセンスの提供を終了とさせて頂きます。2022年6月30日までに登録して試験を受ける必要があります。


Q:2022年6月30日の廃止前にMTA認定を取得できますか?

A: 2022年6月30日より前に試験に合格すると、認定資格を取得することができます。ただし、2021年6月30日以降は試験バウチャーを購入できなくなるため、追加購入したバウチャーをお持ち、または購入がボリュームライセンス契約の一部でない場合に限り、不合格となった試験を再受験することは、その日以降のオプションではない可能性がございます。


Q:私が受けようと思っているMTA試験は廃止されます。どうするべきですか?

A: 試験の有効期限が切れる前に、受験予定のMTA認定の一部である必要な試験に合格する必要があります。有効期限が切れる前に必要な試験に合格すると、認定を取得し、認定の成績証明書に表示されます。


Q:2022年6月30日以降にMTA試験を再受験することはできますか?

A: いいえ、MTAは2022年6月30日に廃止されます。複数回受けられる余裕を持って試験を受けることをお勧めします。ただし、2021年6月30日以降は試験バウチャーを購入できなくなりますので、追加購入したバウチャーをお持ち、または購入がボリュームライセンス契約の一部でない場合に限り、不合格となった試験を再受験することは、その日以降のオプションではない可能性がございます。


詳細については、再受験ポリシー をご参照ください。

Q:以前に購入したMTAバウチャーを別の試験と交換できますか?

A: いいえ。お客様がバウチャーを使用するのに十分な時間を確保できるよう早めの通知しております。


Q:既に持っているMTA認定はどうなりますか?

A: 既にお持ちのMTA認定には何も起こりません。それらは認定資格の成績証明書に残り、試験が終了した後でも印刷が可能です。ただし、認定資格が終了してから2年後に、トランスクリプトの「認定履歴」セクションに移動します。


Q:廃止後もMTAデジタルバッジと証明書にアクセスすることができますか?

A: はい。お客様は、認定ダッシュボードから証明書にアクセスし、Credly/Acclaim からバッジに無期限にアクセスできます。


Q:廃止された認定の詳細はどこにありますか?

A: 学習上の認定廃止情報ページには、将来および過去の廃止リストが表示されます。


Q:2022年6月30日に廃止される試験のリストは何ですか?

A: 次の試験はMTAの廃止とともに廃止されます。

試験名 廃止日
Database Administration Fundamentals 6/30/2022
HTML5 Application Development Fundamentals 6/30/2022
Introduction to Programming Using HTML and CSS 6/30/2022
Introduction to Programming Using Java 6/30/2022
Introduction to Programming Using JavaScript 6/30/2022
Introduction to Programming Using Python 6/30/2022
Mobility and Devices Fundamentals 6/30/2022
Networking Fundamentals 6/30/2022
Security Fundamentals 6/30/2022
Software Development Fundamentals 6/30/2022
Windows Operating System Fundamentals 6/30/2022
Windows Server Administration Fundamentals 6/30/2022