MS-900: Microsoft 365 Fundamentals のサンプルの質問

最終更新日: 2022 年 4 月 27 日

このアンケートを完了してください

Microsoft は、サンプルの質問を試験準備リソースとして提供できる可能性を調査しており、フィードバックをお待ちしております。 テストを受けた後にアンケートを完了することをお勧めしますが、いつでも完了できます。 ありがとうございました。

ユーザー ガイド

これらのサンプルの質問は、この試験で発生する可能性のある質問のスタイル、表現、および難易度についての概要を提供することを目的としています。 これらの質問は、試験に表示されるものと同じではありません。また、このドキュメントでは、試験の長さまたはその複雑さについて説明していません (たとえば、追加の質問の種類、複数のケース スタディ、および場合によってはラボが表示される場合があります)。 これらの質問は、試験で想定される内容についての分析情報を提供し、追加の準備が必要かどうかを判断するのに役立つにすぎません。

最初のセクションでは、解答の付いていない質問を見つけて、知識をテストします。 2 番目のセクションでは、各質問のすぐ下に回答、根拠、および追加情報にリンクする URL が記載されています。

質問

質問 # 1 (複数選択)

Microsoft Viva Learning のソース コンテンツの元になっている 3 つのものはどれですか? 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

A. Skillsoft
B. LinkedIn Learning
C: Microsoft Learn
D. Microsoft Docs
E. Microsoft サポート サイト

質問 # 2 (複数選択)

ある会社は、時間をかけてオンプレミスのアプリケーションをハイブリッド クラウドのデプロイに移行したいと考えています。

サービスがハイブリッド デプロイをサポートしていることを確認する必要があります。

ハイブリッド デプロイをサポートする 3 つのオプションはどれですか?

A. Exchange
B. SharePoint
C: Microsoft Sway
D. Microsoft Viva Insights
E. Skype for Business
F. Microsoft Stream

質問 # 3 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

ある会社は、注文処理アプリケーションをクラウドに移行することを決定し、ワークロードを Azure に移行することによるコストのメリットの見積もりを計算する必要があります。 どの特定のリソースが必要になるかはわかりません。 見積もりには、5 年間のコンピューティング コスト、データ センターのコスト、ネットワーク コスト、ストレージ コスト、情報技術管理コストが含まれる必要があります。

______________ を使用すると、ワークロードを Azure に移行することで実現できるコスト削減額を見積もることができます。

A. 料金計算ツール
B. 総保有コスト計算ツール
C: Dynamics 365
D. Microsoft Excel

質問 # 4 (複数選択)

組織がファイルを格納し、内部と外部両方の異なるチームとコラボレーションすることができる、2 つのオプションはどれですか?

A. Microsoft Dynamics 365
B. Sway
C: SharePoint
D. Intune
E. OneDrive

質問 # 5 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。

製品 説明
A. Yammer 1. 組織でのコミュニティ コラボレーションとアイデア共有を可能にするエンタープライズ ソーシャル ネットワーク。
B. Microsoft Teams 2. 安全な方法でビデオをアップロード、視聴、共有できるビデオ サービス。 会議、トレーニング セッション、クラス、ライブ イベントのビデオ コンテンツを共有して、組織のチームのコラボレーションを促進します。
C: Microsoft Viva 3.組織のコンプライアンス要件に準拠していることを認識した上で、新しい環境を迅速にプロビジョニングして実行します
D. Microsoft Stream 4. チームがチャット ベースのワークスペースを介してプロジェクトで共同作業するために使用できる、中央のアクセス ポイントを提供するサービス。

質問 # 6 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。

製品 説明
A. Webhooks 1. コードを記述せずにチャットボットを作成します。
B. Power Virtual Agents 2. 対話形式の Power BI レポートを、ユーザーの Microsoft Teams のチャネルやチャットに埋め込みます。
C: Connectors 3. 外部サービスが HTTP エンドポイントを通して Teams のチャネルにメッセージを送信できるようにします。
D. タブ 4. ユーザーが Web サービスからのアラートと情報の受信にサブスクライブするための手段。

質問 # 7 (複数選択)

ある会社は、Microsoft 365 E3 のライセンスを 320 個購入します。 その会社は、Microsoft 365 E5 のライセンスも 120 個購入します。 Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して、Microsoft 365 Apps を 440 台のデバイスにインストールします。

デバイスのライセンスをアクティブな状態に保つには、どのくらいの頻度でインターネットに接続する必要がありますか?

A. 30 日
B. 60 日
C: 90 日間
D. 120 日

質問 # 8 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

サービスとしての Windows では、組織が Windows 10 の機能をデプロイする頻度を制御する方法として、サービス チャネルが提供されます。 サービス チャネルを使用すると、更新プログラムが適用される方法とタイミングを制御できます。

____________ チャネルは、一般リリースの前、多くは開発の間に、Windows の機能を受け取ります。 これにより、組織は新機能をテストして評価し、Microsoft にフィードバックを提供できます。

A. Insider Preview
B. 半期
C: 長期的なサービス
D. 一般公開

質問 # 9 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

人工知能 (AI) を使用して、個人や組織の作業習慣に関する分析情報を提供する必要があります。 キャプチャする必要があるメトリックには、次のものが含まれます。

  • 組織内の日常的なコラボレーション
  • 会議の概要
  • 管理とコーチング
  • 内部ネットワーク
  • 外部コラボレーション
  • Teams のコラボレーション

___________ は、組織全体のグループの共同作業状況に関する分析情報を提供することで、組織の時間がどのように費やされているのかを理解するのに役立ちます。

A. MyAnalytics
B. Workplace Analytics
C: SharePoint 管理センター
D. Intune 管理センター

質問 # 10 (複数選択)

ある組織は、なりすまし攻撃を受けています。 あなたは、会社が将来の攻撃から保護されていることを確認する必要があります。 あなたは、ゼロトラスト モデルを実装し、セキュリティを強化して次のような領域をカバーする必要があることを提案します。

  • ID: 強力な認証を使用する
  • デバイス: デバイスの正常性とコンプライアンスを把握できるようにする
  • アプリケーション: シャドウ IT アプリケーションを検出する
  • ネットワーク: セグメント化、リアルタイムの脅威保護、エンドツーエンドの暗号化を実装する
  • インフラストラクチャ: バージョン、構成、JIT アクセスを評価し、テレメトリを使用して攻撃や異常を検出する
  • データ: 属性に基づいて分類、ラベル付け、暗号化を行う必要がある

ゼロトラスト セキュリティ モデルの根底にある理論は何ですか?

A. 誰も信頼せず、すべてを検証します
B. 検証されたソースのみを信頼します
C: 1 回信頼し、ときどき検証します
D. 一部の検証されていないソースを信頼します

質問 # 11 (複数選択)

あなたは、ある会社の作業環境とそのリソースをセキュリティで保護しています。 セキュリティを強化するため、ユーザーはワンタイム パスコードを使用してサインインするときに、自分の ID を確認する必要があります。

あなたはそのシステムをセットアップする必要があります。

何を設定する必要がありますか?

A. Windows Hello
B. 多要素認証
C: パスワードレスの認証
D. 基本パスワード

質問 # 12 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

製品 説明
A. Microsoft Defender for Identity 1. 高度な脅威の防止、検出、調査、対応を行うことで、ネットワーク内のデバイスを保護します。
B. Microsoft Defender for Endpoint 2. ユーザーとプロバイダーの間のソリューションとして機能し、データ移動と高度な分析を制御して、クラウド サービス全体のサイバー脅威を特定します。
C: Microsoft Cloud App Security 3. Azure Active Directory シグナルを使用して、高度な脅威、ID の漏洩、および悪意のある内部関係者による操作を特定、検出、調査します。
D. Microsoft Defender for Office 365 4. メール メッセージ、リンク (URL)、コラボレーション ツールによってもたらされる悪意のある脅威から組織を保護します。

質問 # 13 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

組織内のセキュリティ態勢を分析して、Microsoft 365 の ID、データ、アプリ、デバイス、インフラストラクチャを改善する機会が得られるようにする必要があります。

以下を実行する必要があります。

  • 組織のセキュリティ態勢の現状について報告します
  • 検出可能性、可視性、ガイダンス、制御を提供することでセキュリティの状態を改善します
  • ベンチマークと比較して主要業績評価指標 (KPI) を確立します

Microsoft _______________ は、組織のセキュリティ態勢と、その改善の機会を表します。

A. セキュリティ スコア
B. Azure Sentinel
C: Defender for Identity (MSDI)
D. Defender for Endpoint (MSDE)

質問 # 14 (文の補完)

あなたの会社は最近、外部のリスクを防ぐための制御を実装しました。 次のステップは、内部リスクのセキュリティ アーキテクチャを改善することです。 次のような、従業員やマネージャーによる不正、不適切、未承認、または非倫理的な行動や操作を監視する必要があります。

  • 機密データの漏洩とデータ流出
  • 機密性違反
  • 知的財産 (IP) の盗難
  • 不正
  • インサイダー取引
  • 法令遵守の違反

インサイダー リスクを管理するには、インサイダー リスク管理ワークフローを実装する必要があります。

このワークフローの 3 つのコンポーネントは何ですか?

A. ポリシー
B. アラート
C: トリアージ
D. 電子情報開示 E. カスタマー ロックボックス

質問 # 15 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

すべての機密データが、組織のポリシーと手順に従って識別され、ラベル付けされていることを確認する必要があります。 データを整理するには、次の 5 つのラベルを作成する必要があります。

  1. 個人用
  2. パブリック
  3. 全般
  4. 機密
  5. 極秘

________________ は、組織がラベルを適用することで、ドキュメントとメールを分類し、必要に応じて保護するために役立つクラウドベースのソリューションです。

A. Azure Information Protection
B. データ分類
C: レコードの管理
D. Office 365 メッセージの暗号化

質問 # 16 (複数選択)

ある会社は、電話システムのデプロイに Microsoft 365 Enterprise を実装する予定です。 その会社はコストを最小限に抑えたいと考えています。

あなたは会社にプランを推奨する必要があります。

その会社が使用できる 2種類のプランはどれですか? 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

A. Microsoft 365 E3
B. Microsoft 365 E5
C: Microsoft 365 Business Voice
D. Office 365 E3
E. Office 365 E5

質問 # 17 (複数選択)

ある会社は、Intune と Azure Information Protection (AIP) を実装したいと考えています。

あなたは、その会社にビジネス サブスクリプションを推奨する必要があります。

何を推奨すればよいですか?

A. Business Basic B. Apps for Business
C: Business Standard
D. Business Premium

質問 # 18 (複数選択)

あなたの会社は、Microsoft 365 サブスクリプションと Microsoft Azure サポート プランを購入しました。 ガバナンスとリスク フレームワークの一環として、会社は Azure サポートを利用できる Azure サービスのみを実装しています。

実装できる Microsoft ライフサイクルの 2 つのサービスはどれですか?

A. プライベート プレビュー
B. パブリック プレビュー
C: 一般提供 (GA)
D. サポートの終了

質問 # 19 (照合)

左側の適切なサポートの種類を右側の正しい説明と一致させてください。

サポートの種類 説明
A. Microsoft 365 サポートと回復アシスタント 1. サポート関連の質問に対する回答をすばやく見つけるための、Microsoft 365 管理センターのボット。
B. Microsoft 365 の FastTrack 2. オンサイト サポート、専用のテクニカル アカウント マネージャー、およびアドバイザリ サービスへのアクセスを受け取ります。
C: Microsoft 365 の Premier サポート Microsoft 365 サービスをデプロイし、その過程での問題を解決するのに役立つ、専用の Microsoft エンジニア、プロジェクト マネージャー、リソース。
D. マイクロソフト パートナー 4. 認定された Microsoft 365 クラウド ソリューション プロバイダーによる直接サポート。
E. Microsoft 365 コミュニティ サポート 5. 他のユーザーと共同作業を行い、Microsoft 365 サポート フォームを使用して、Microsoft と一般のメンバーに問題を質問して解決します。

質問 # 20 (複数選択)

Office 365 テナントに関する次のタスクを完了する必要があります。

  • テナントで最近更新された機能の一覧を表示します。
  • サービス インシデントを表示します (通常、ユーザーに大きな影響を与えるもの)。
  • アドバイザリを表示します
  • 解決されたサービス インシデントとアドバイザリの履歴を表示します。
  • 組織内のユーザーが過去 30 日間に報告した問題の状態を追跡します。

これらすべてのタスクを Office 365 管理ポータルで実行するには、どのオプションが必要ですか?

A. サービス正常性
B. Reports
C: カスタマー ロックボックス
D. セットアップ

質問と回答

質問 # 1 (複数選択)

Microsoft Viva Learning のソース コンテンツの元になっている 3 つのものはどれですか? 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

A. Skillsoft
B. LinkedIn Learning
C: Microsoft Learn
D. Microsoft Docs
E. Microsoft サポート サイト

解答: A と B と C
目的: 1.1. 利用できるさまざまな種類のクラウド サービスを説明する
組織と個人向けのクラウドベースの生産性ソリューションについて説明する
原理 : Microsoft Viva は、組織が従業員のエクスペリエンスを向上させるために Microsoft 365 で提供される生産性スイートです。 Viva には、Microsoft Learn、LinkedIn Learning、Skillsoft などのサード パーティのソースからのコンテンツが含まれます。
Viva には、Microsoft Docs (docs.microsoft.com) または Microsoft サポート サイトのコンテンツは含まれません。
URL: Microsoft Viva Learning
https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/3a-employee-experience-viva
Microsoft Viva の構成
https://docs.microsoft.com/viva/learning/content-sources-365-admin-center

質問 # 2 (複数選択)

ある会社は、時間をかけてオンプレミスのアプリケーションをハイブリッド クラウドのデプロイに移行したいと考えています。

サービスがハイブリッド デプロイをサポートしていることを確認する必要があります。

ハイブリッド デプロイをサポートする 3 つのオプションはどれですか?

A. Exchange
B. SharePoint
C: Microsoft Sway
D. Microsoft Viva Insights
E. Skype for Business
F. Microsoft Stream

解答: A と B と E
目的: 1.2 オンプレミス サービスの代わりにクラウド サービスを使用する利点と考慮事項について説明する
原理 : Exchange、SharePoint、Skype for Business はハイブリッド モードでデプロイでき、その他のオプションはクラウド専用です。
URL: ハイブリッド アプリケーションのサポート - https://docs.microsoft.com/microsoft-365/solutions/cloud-architecture-models?view=o365-worldwide

質問 # 3 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

ある会社は、注文処理アプリケーションをクラウドに移行することを決定し、ワークロードを Azure に移行することによるコストのメリットの見積もりを計算する必要があります。 どの特定のリソースが必要になるかはわかりません。 見積もりには、5 年間のコンピューティング コスト、データ センターのコスト、ネットワーク コスト、ストレージ コスト、情報技術管理コストが含まれる必要があります。

______________ を使用すると、ワークロードを Azure に移行することで実現できるコスト削減額を見積もることができます。

A. 料金計算ツール
B. 総保有コスト計算ツール
C: Dynamics 365
D. Microsoft Excel

解答: B
目的: 1.2 オンプレミス サービスの代わりにクラウド サービスを使用する利点と考慮事項について説明する
原理 : 総保有コスト (TCO) 計算ツール - ワークロードを Azure に移行することで実現できるコスト削減額を見積もります
URL: TCO 計算ツール - https://azure.microsoft.com/pricing/tco/calculator/

質問 # 4 (複数選択)

組織がファイルを格納し、内部と外部両方の異なるチームとコラボレーションすることができる、2 つのオプションはどれですか?

A. Microsoft Dynamics 365
B. Sway
C: SharePoint
D. Intune
E. OneDrive

解答: C と E
目的: 2.1 Microsoft 365 のコア機能を確認する
原理 : SharePoint - SharePoint は、Microsoft SharePoint Server のクラウドへの進化です。 これは、サード パーティ製アプリの保存、整理、追加、ほぼすべてのデバイスからの情報へのアクセス、外部ユーザーとの既定での共有のすべてを Web ブラウザーから行うことができるクラウド サービスです。 効率的なコラボレーションとコミュニケーションのための、チームまたはコミュニケーションに重点を置いたサイトを作成するのに役立ちます。 Microsoft 365 または SharePoint の適切なライセンスを持つ内部ユーザーは、SharePoint を使用できます。 組織の内部や外部の他のユーザーとファイルやフォルダーを共有できます。 組織の外部との共有は、サイト管理者が制御できます
OneDrive - OneDrive は、ファイルの格納とアクセスに使用します。 OneDrive は Microsoft 365 とシームレスに連携し、Windows にプレインストールされています。 ファイルをデスクトップに同期すると、オフラインで作業できます。 また、Windows、Mac、またはモバイル デバイスでファイルにアクセスできます。
URL: SharePoint - https://docs.microsoft.com/learn/modules/file-storage-sharing-with-onedrive-sharepoint/
OneDrive: https://docs.microsoft.com/learn/modules/microsoft-365-productivity-teamwork-solutions/8-file-storage-share

質問 # 5 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。

製品 説明
A. Yammer 1. 組織でのコミュニティ コラボレーションとアイデア共有を可能にするエンタープライズ ソーシャル ネットワーク。
B. Microsoft Teams 2. 安全な方法でビデオをアップロード、視聴、共有できるビデオ サービス。 会議、トレーニング セッション、クラス、ライブ イベントのビデオ コンテンツを共有して、組織のチームのコラボレーションを促進します。
C: Microsoft Viva 3. コミュニケーション、知識、学習、リソース、分析情報を統合されたエクスペリエンスにまとめ、どこからでもユーザーとチームが最高の状態になれるサービス。
D. Microsoft Stream 4. チームがチャット ベースのワークスペースを介してプロジェクトで共同作業するために使用できる、中央のアクセス ポイントを提供するサービス。
解答: A1、B4、C3、D2
目的: 2.1 Microsoft 365 のコア機能を確認する
原理 : Yammer - 組織でのコミュニティ コラボレーションとアイデア共有を促進するのに役立つエンタープライズ ソーシャル ネットワーク。
Viva - コミュニケーション、知識、学習、リソース、分析情報を統合されたエクスペリエンスにまとめ、どこからでもユーザーとチームが最高の状態になれるツール
Stream - Microsoft Stream は、組織のメンバーが安全な方法でビデオをアップロード、視聴、共有できるビデオ サービスです。 Microsoft Stream を利用すると、会議、トレーニング セッション、クラス、ライブ イベントのビデオ コンテンツを共有し、組織のチームのコラボレーションを促進することができます。
Microsoft Teams - チームがチャット ベースのワークスペースを介してプロジェクトで共同作業するために使用できる、中央のアクセス ポイントを提供するツール。
URL: Yammer - https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/4-connect-yammer?ns-enrollment-type=LearningPath&ns-enrollment-id=learn.wwl.m365-productivity-teamwork-solutions
Viva - https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/3a-employee-experience-viva
Stream - https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/5-use-stream-engagement
MS Teams - https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/2-chat-collaborate-teams

質問 # 6 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。

製品 説明
A. Webhooks 1. コードを記述せずにチャットボットを作成します。
B. Power Virtual Agents 2. 対話形式の Power BI レポートを、ユーザーの Microsoft Teams のチャネルやチャットに埋め込みます。
C: Connectors 3. 外部サービスが HTTP エンドポイントを通して Teams のチャネルにメッセージを送信できるようにします。
D. タブ 4. ユーザーが Web サービスからのアラートと情報の受信にサブスクライブするための手段。
解答: A3、B1、C4、D2
目的: 目的: 2.2 Microsoft 365 のコラボレーション ソリューションについて説明する
原理 : タブ - これらのアプリは、それ用のタブを作成することで、Teams に直接追加できます。 アプリにはタブからアクセスできます。 管理オーバーヘッドが最小限になります。
Power Virtual Agents: - ユーザーは、コードを記述することなく、Power Virtual Agents を使ってチャットボットを作成できます。 その後、ユーザーは、ボットを発行し、Power Virtual Agents ポータルから Microsoft Teams にアクセスできるようにすることで、それらのボットを Microsoft Teams に統合できます。
Webhook - Microsoft Teams を使用すると、送信 Webhook と受信 Webhook でユーザーが有効になります。 送信 Webhook を使用すると、ユーザーは、組織の Web サービスにテキスト ベースのメッセージを送信できます。 その後、サービスは、テキストまたはテキストと画像タイプのコンテンツを含むカードで構成されるメッセージで応答できます。
受信 Webhook も使用できます。 受信 Webhook を使用すると、外部サービスが HTTP エンドポイントを通して Teams のチャネルにメッセージを送信できます。 これは、通知および追跡ツールに役立ちます。
コネクタ - コネクタは、ユーザーが Web サービスからのアラートと情報の受信にサブスクライブするための手段です。
URL: Power Platform とアプリで Teams を拡張する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/engage-employees-with-microsoft-stream-teams-yammer/6-extend-teams-power-platform-apps

質問 # 7 (複数選択)

ある会社は、Microsoft 365 E3 のライセンスを 320 個購入します。 その会社は、Microsoft 365 E5 のライセンスも 120 個購入します。 Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して、Microsoft 365 Apps を 440 台のデバイスにインストールします。

デバイスのライセンスをアクティブな状態に保つには、どのくらいの頻度でインターネットに接続する必要がありますか?

A. 30 日
B. 60 日
C: 90 日間
D. 120 日

解答: A
目的: 2.3. エンタープライズ モビリティ、管理の概念、デプロイ オプションについて説明する
原理 : ライセンスを確実にアクティブ状態のままにするには、少なくとも 30 日に 1 回接続する必要があります。
URL: Microsoft 365 Apps を調べる - https://docs.microsoft.com/learn/modules/get-more-done-with-office-across-devices/2-microsoft-365-apps-outlook-word-excel-powerpoint

質問 # 8 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

サービスとしての Windows では、組織が Windows 10 の機能をデプロイする頻度を制御する方法として、サービス チャネルが提供されます。 サービス チャネルを使用すると、更新プログラムが適用される方法とタイミングを制御できます。

____________ チャネルは、一般リリースの前、多くは開発の間に、Windows の機能を受け取ります。 これにより、組織は新機能をテストして評価し、Microsoft にフィードバックを提供できます。

A. Insider Preview
B. 半期
C: 長期的なサービス
D. 一般公開

解答: A
目的: 2.3. エンタープライズ モビリティ、管理の概念、デプロイ オプションについて説明する
原理 : Insider Preview。 このチャネルは、一般リリースの前、多くは開発の間に、Windows の機能を受け取ります。 これにより、組織は新機能をテストして評価し、Microsoft にフィードバックを提供できます。
URL: サービスとしての Windows について説明する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/get-done-stay-secure-with-windows-10/2-windows-service

質問 # 9 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

人工知能 (AI) を使用して、個人や組織の作業習慣に関する分析情報を提供する必要があります。 キャプチャする必要があるメトリックには、次のものが含まれます。

  • 組織内の日常的なコラボレーション
  • 会議の概要
  • 管理とコーチング
  • 内部ネットワーク
  • 外部コラボレーション
  • Teams のコラボレーション

___________ は、組織全体のグループの共同作業状況に関する分析情報を提供することで、組織の時間がどのように費やされているのかを理解するのに役立ちます。

A. MyAnalytics
B. Workplace Analytics
C: SharePoint 管理センター
D. Intune 管理センター

解答: B
目的: 2.4 Microsoft 365 の分析機能について説明する
原理 : MyAnalytics と Workplace Analytics は、Microsoft Viva (Insights) の一部になっています。
Viva Insights は、組織全体のグループの共同作業状況に関する分析情報を提供することで、組織の時間がどのように費やされているのかを理解するのに役立ちます。
URL: MyAnalytics ダッシュボード | Microsoft Docs
Workplace Analytics サービスの説明 - サービスの説明 | Microsoft Docs

質問 # 10 (複数選択)

ある組織は、なりすまし攻撃を受けています。 あなたは、会社が将来の攻撃から保護されていることを確認する必要があります。 あなたは、ゼロトラスト モデルを実装し、セキュリティを強化して次のような領域をカバーする必要があることを提案します。

  • ID: 強力な認証を使用する
  • デバイス: デバイスの正常性とコンプライアンスを把握できるようにする
  • アプリケーション: シャドウ IT アプリケーションを検出する
  • ネットワーク: セグメント化、リアルタイムの脅威保護、エンドツーエンドの暗号化を実装する
  • インフラストラクチャ: バージョン、構成、JIT アクセスを評価し、テレメトリを使用して攻撃や異常を検出する
  • データ: 属性に基づいて分類、ラベル付け、暗号化を行う必要がある

ゼロトラスト セキュリティ モデルの根底にある理論は何ですか?

A. 誰も信頼せず、すべてを検証します
B. 検証されたソースのみを信頼します
C: 1 回信頼し、ときどき検証します
D. 一部の検証されていないソースを信頼します

解答: A
目的: 目的: 3.1 Microsoft 365 のゼロ トラスト セキュリティ原則について説明する
原理 : ゼロ トラストでは、信頼されていないオープンなネットワーク上にすべて (企業ネットワークのファイアウォールの背後にあるリソースも含む) があることを前提としています。
ゼロ トラスト モデルは、"だれも信頼するな、すべて検証しろ" という原則に基づいて動作します。
URL: ゼロ トラストの方法論について説明する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-security-concepts-methodologies/2-describe-zero-trust-methodology

質問 # 11 (複数選択)

あなたは、ある会社の作業環境とそのリソースをセキュリティで保護しています。 セキュリティを強化するため、ユーザーはワンタイム パスコードを使用してサインインするときに、自分の ID を確認する必要があります。

あなたはそのシステムをセットアップする必要があります。

何を設定する必要がありますか?

A. Windows Hello
B. 多要素認証
C: パスワードレスの認証
D. 基本パスワード

解答: B
目的: 3.2 多要素認証 (MFA) を実装する目的と価値について説明する
原理 : 多要素認証アプリ、SMS、または電話呼び出しを使用してセキュリティを強化することで、ワンタイム パスワードを使用するように多要素認証を構成できます。 Windows Hello では、生体認証 (指紋、顔認識) を使用してユーザーを認証します。 パスワードレス認証では、アプリ (Microsoft Authenticator アプリなど) を使用して認証を管理します。
URL: https://www.microsoft.com/security/business/identity-access-management/mfa-multi-factor-authentication

質問 # 12 (照合)

左側の適切な製品を右側の正しい説明と一致させてください。 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

製品 説明
A. Microsoft Defender for Identity 1. 高度な脅威の防止、検出、調査、対応を行うことで、ネットワーク内のデバイスを保護します。
B. Microsoft Defender for Endpoint 2. ユーザーとプロバイダーの間のソリューションとして機能し、データ移動と高度な分析を制御して、クラウド サービス全体のサイバー脅威を特定します。
C: Microsoft Cloud App Security 3. Azure Active Directory シグナルを使用して、高度な脅威、ID の漏洩、および悪意のある内部関係者による操作を特定、検出、調査します。
D. Microsoft Defender for Office 365 4. メール メッセージ、リンク (URL)、コラボレーション ツールによってもたらされる悪意のある脅威から組織を保護します。
解答: A3、B1、C2、D4
目的: 3.3 Microsoft 365 のコア機能を確認する
原理 : Microsoft Defender for Identity は、Active Directory シグナルを使用して、高度な脅威、ID の漏洩、および悪意のある内部関係者による操作を特定、検出、調査します。
Microsoft Defender for Endpoint は、高度な脅威の防止、検出、調査、対応を行うことで、ネットワーク内のデバイスを保護します。
Microsoft Cloud App Security は、ユーザーとプロバイダーの間のソリューションとして機能し、データ移動と高度な分析を制御して、クラウド サービス全体のサイバー脅威を特定します。
Microsoft Defender for Office 365 は、メール メッセージ、リンク (URL)、コラボレーション ツールによってもたらされる悪意のある脅威から組織を保護します。
URL: 企業が脅威を防ぎ、検出し、対応する方法を見つける
https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-threat-protection-capabilities-of-microsoft-365/3-prevent-detect-respond-to-threats

質問 # 13 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

組織内のセキュリティ態勢を分析して、Microsoft 365 の ID、データ、アプリ、デバイス、インフラストラクチャを改善する機会が得られるようにする必要があります。

以下を実行する必要があります。

  • 組織のセキュリティ態勢の現状について報告します
  • 検出可能性、可視性、ガイダンス、制御を提供することでセキュリティの状態を改善します
  • ベンチマークと比較して主要業績評価指標 (KPI) を確立します

Microsoft _______________ は、組織のセキュリティ態勢と、その改善の機会を表します。

A. セキュリティ スコア
B. Azure Sentinel
C: Defender for Identity (MSDI)
D. Defender for Endpoint (MSDE)

解答: A
目的: 3.3 Microsoft 365 での脅威対策ソリューションについて説明する
原理 : Microsoft セキュア スコアは、組織のセキュリティ態勢と、その改善の機会を表します。 セキュリティ スコアの推奨事項に従うことで、組織を脅威から保護できます。 組織は、Microsoft 365 セキュリティ センターの集中型ダッシュボードから、Microsoft 365 の ID、データ、アプリ、デバイス、インフラストラクチャのセキュリティを監視し、操作できます。
URL: Microsoft セキュリティ センターとセキュア スコアを使用してセキュリティ態勢を定義する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-threat-protection-capabilities-of-microsoft-365/4-understand-security-posture
Microsoft Azure Sentinel - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-threat-protection-capabilities-of-microsoft-365/5-describe-value-intelligent-security-graph
MSDI & MSDE - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-threat-protection-capabilities-of-microsoft-365/3-prevent-detect-respond-to-threats

質問 # 14 (複数選択)

あなたの会社は最近、外部のリスクを防ぐための制御を実装しました。 次のステップは、内部リスクのセキュリティ アーキテクチャを改善することです。 次のような、従業員やマネージャーによる不正、不適切、未承認、または非倫理的な行動や操作を監視する必要があります。

  • 機密データの漏洩とデータ流出
  • 機密性違反
  • 知的財産 (IP) の盗難
  • 不正
  • インサイダー取引
  • 法令遵守の違反

インサイダー リスクを管理するには、インサイダー リスク管理ワークフローを実装する必要があります。

このワークフローの 3 つのコンポーネントは何ですか?

A. ポリシー
B. 警告
C: トリアージ
D. 電子情報開示 E. カスタマー ロックボックス

解答: A、B、C
目的: 3.4. Microsoft 365 での信頼、プライバシー、コンプライアンスのソリューションについて説明する
原理 : インサイダー リスク管理のワークフロー
ポリシー - インサイダー リスク管理ポリシーは、Microsoft 365 の機能領域で検証されるリスク インジケーターが事前に定義されたテンプレートとポリシー条件を使用して作成されます。 これらの条件には、インジケーターがアラートに使用される方法、ポリシーに含まれるユーザー、優先されるサービス、監視時間などが含まれます。
アラート - アラートは、ポリシー条件に一致するリスク インジケーターによって自動的に生成され、アラート ダッシュボードに表示されます。 このダッシュボードで、確認が必要なすべてのアラート、一定期間中の未解決のアラート、および組織のアラート統計情報を簡単に表示できます。
トリアージ - 調査が必要なアクティビティが新しく発生すると、アラートが自動的に生成され、「レビューが必要」状態が割り当てられます。 レビュー担当者は、これらのアラートをすばやく特定し、それぞれに目を通して評価し、トリアージを行うことができます。 アラートを解決するには、新しいケースを開くか、既存のケースにアラートを割り当てるか、アラートを無視します。 レビュー担当者は、トリアージ プロセスの一部として、アラートの詳細を表示してポリシーと照合したり、一致したアラートに関連付けられているユーザー アクティビティを表示したりできます。また、アラートの重要度を確認したり、ユーザープロファイル情報をレビューしたりできます。
URL: インサイダー リスクを管理する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/reduce-risk-simplify-discovery-audit-process/2-manage-insider-risk
電子情報開示 - https://docs.microsoft.com/learn/modules/reduce-risk-simplify-discovery-audit-process/8-manage-compliance-legal-investigations-with-advanced-ediscovery
カスタマー ロックボックスを使用して制御を強化する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/reduce-risk-simplify-discovery-audit-process/6-increase-control-with-customer-lockbox

質問 # 15 (文の補完)

文を正しく補完する回答を選択します。

すべての機密データが、組織のポリシーと手順に従って識別され、ラベル付けされていることを確認する必要があります。 データを整理するには、次の 5 つのラベルを作成する必要があります。

  1. 個人用
  2. パブリック
  3. 全般
  4. 機密
  5. 極秘

________________ は、組織がラベルを適用することで、ドキュメントとメールを分類し、必要に応じて保護するために役立つクラウドベースのソリューションです。

A. Azure Information Protection
B. データ分類
C: レコードの管理
D. Office 365 メッセージの暗号化

解答: A
目的: 3.4. Microsoft 365 での信頼、プライバシー、コンプライアンスのソリューションについて説明する
原理 : Azure Information Protection (AIP とも呼ばれます) は、ラベルを適用することで組織がドキュメントやメールを分類したり、必要に応じて保護したりするのに役立つクラウドベースのソリューションです。 ラベルの適用は、ルールや条件を定義する管理者が自動で実行するか、ユーザーが手動で実行するか、その組み合わせ (ユーザーにレコメンデーションが提示される) で実行します。
URL: Azure Information Protection とデータの分類 - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-information-protection-governance-capabilities-of-microsoft-365/2-discover-identify-important-information
レコード管理 - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-information-protection-governance-capabilities-of-microsoft-365/4-govern-data
Office 365 メッセージ暗号化 - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-information-protection-governance-capabilities-of-microsoft-365/3-protect-sensitive-data

質問 # 16 (複数選択)

ある会社は、電話システムのデプロイに Microsoft 365 Enterprise を実装する予定です。 その会社はコストを最小限に抑えたいと考えています。

あなたは会社にプランを推奨する必要があります。

その会社が使用できる 2種類のプランはどれですか? 正しい解答はそれぞれ完全な解決策を示します。

A. Microsoft 365 E3
B. Microsoft 365 E5
C: Microsoft 365 Business Voice
D. Office 365 E3
E. Office 365 E5

解答: B、E
目的: 4.1 価格設定を計画、予測、比較する
原理 : Microsoft 電話システムは Microsoft 365 E5 と Office 365 E5 のサブスクリプションに既定で含まれます
URL: ホーム、ビジネス、エンタープライズのオプションを比較する
https://docs.microsoft.com/learn/modules/identify-licensing-options-available-microsoft-365/2-compare-home-enterprise-business
Office 365 Enterprise のライセンスを比較する
https://www.microsoft.com/microsoft-365/enterprise/compare-office-365-plans
Microsoft 365 Enterprise のライセンスを比較する
https://www.microsoft.com/microsoft-365/compare-microsoft-365-enterprise-plans

質問 # 17 (複数選択)

ある会社は、Intune と Azure Information Protection (AIP) を実装したいと考えています。

あなたは、その会社にビジネス サブスクリプションを推奨する必要があります。

何を推奨すればよいですか?

A. Business Basic
B. Apps for business
C: Business Standard
D. Business Premium

解答: D
目的: 4.2 Microsoft 365 で利用可能なライセンス オプションを識別する
原理 :
[オプション]Microsoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Apps for BusinessMicrosoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Premium
Microsoft 365 アプリ XXX
ExchangeX XX
OneDriveXXXX
SharePointX XX
TeamsX XX
Intune X
Azure Information Protection X
URL: Microsoft 365 サブスクリプションのオプションを調べる - https://docs.microsoft.com/learn/modules/what-is-m365/3-m365-subscriptions

質問 # 18 (複数選択)

あなたの会社は、Microsoft 365 サブスクリプションと Microsoft Azure サポート プランを購入しました。 ガバナンスとリスク フレームワークの一環として、会社は Azure サポートを利用できる Azure サービスのみを実装しています。

実装できる Microsoft ライフサイクルの 2 つのサービスはどれですか?

A. プライベート プレビュー
B. パブリック プレビュー
C: 一般提供 (GA)
D. サポートの終了

解答: B, C
目的: 4.3. Microsoft 365 サービスのライフサイクルについて説明する
原理 : パブリック プレビュー – このフェーズでは、適切な Azure AD ライセンスを持つすべてのお客様が、新機能を評価できるようになります。 Microsoft カスタマー サポート サービスは、このフェーズ中にサポート サービスを提供しますが、通常のサービス レベル アグリーメントは適用されません。 Azure AD ポータルで公開される新機能については、プレビューの間に利用可能な新しいエクスペリエンスの注意を引く情報バナーがユーザー インターフェイスに表示されることを、お客様は期待できます。 お客様は、情報バナーをクリックして、プレビュー エクスペリエンスにオプトインします。
一般提供 (GA) – パブリック プレビューが完了した後、機能はライセンスを持つすべてのお客様が使用できるようになり、すべての Microsoft サポート チャネルを通じてサポートされます。 新しい機能が既存の機能に影響する場合、お客様またはお客様のユーザーが機能を使用する方法が変更される可能性があることに注意してください。
URL: Microsoft Azure プレビューの追加利用規約 - https://azure.microsoft.com/support/legal/preview-supplemental-terms/
プライベート プレビュー、パブリック プレビュー、一般提供の各リリースについて説明する - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-service-life-cycle-microsoft-365/2-private-public-general-availability

質問 # 19 (照合)

左側の適切なサポートの種類を右側の正しい説明と一致させてください。

製品 説明
A. Microsoft 365 サポートと回復アシスタント 1. サポート関連の質問に対する回答をすばやく見つけるための、Microsoft 365 管理センターのボット。
B. Microsoft 365 の FastTrack 2. オンサイト サポート、専用のテクニカル アカウント マネージャー、およびアドバイザリ サービスへのアクセスを受け取ります。
C: Microsoft 365 の Premier サポート 3. Microsoft 365 サービスをデプロイし、その過程での問題を解決するのに役立つ、専用の Microsoft エンジニア、プロジェクト マネージャー、リソース。
D. マイクロソフト パートナー 4. 認定された Microsoft 365 クラウド ソリューション プロバイダーによる直接サポート。
E. Microsoft 365 コミュニティ サポート 5. 他のユーザーと共同作業を行い、Microsoft 365 サポート フォームを使用して、Microsoft と一般のメンバーに問題を質問して解決します。
解答: A1、B3、C2、D4、E5
目的: 4.4 Microsoft 365 サービスのサポート内容を説明する
原理 :
サポートの種類説明-----------------------------------
Microsoft 365 サポート アシスタントお客様の組織は、Microsoft 365 管理センターのサポート アシスタント ボットを使って、サポート関連の質問に対する回答をすばやく見つけることができます。
FastTrackここでは、お客様の組織が、Microsoft 365 サービスをデプロイし、その過程での問題を解決するのに役立つ、専用の Microsoft エンジニア、プロジェクト マネージャー、リソースと結び付けられます
Microsoft 365 の Premier サポートお客様の組織は、Microsoft が提供する Premier サポート サービスにより、オンサイト サポート、専用のテクニカル アカウント マネージャー、およびアドバイザリ サービスへのアクセスを利用できます。
Microsoft パートナーによるサポートお客様の組織は、認定された Microsoft 365 パートナーを通じて直接サポートを受けることができます。 たとえば、組織がレベル 1 のクラウド サービス プロバイダーを通じて Microsoft 365 サブスクリプションを購入した場合、その CSP から直接サポートを受けます。 CSP は、すべての問題に対する第一線のサポートとして機能し、問題を解決できない場合は Microsoft にエスカレートします。
コミュニティ ベースのサポート お客様の組織は、Microsoft 365 Tech Community を通じてコミュニティ ベースのサポートを利用でき、そこでは他のユーザーと協力して問題を解決できます。 また、お客様の組織は、Microsoft 365 サポート フォームを使用して、Microsoft やコミュニティのメンバーに問題を質問して解決することもできます。
URL: Microsoft 365 サービスのサポート オプションを調べる - https://docs.microsoft.com/learn/modules/describe-support-offerings-for-microsoft-365-services/2-explore-support-options

質問 # 20 (複数選択)

Office 365 テナントに関する次のタスクを完了する必要があります。

  • テナントで最近更新された機能の一覧を表示します。
  • サービス インシデントを表示します (通常、ユーザーに大きな影響を与えるもの)。
  • アドバイザリを表示します
  • 解決されたサービス インシデントとアドバイザリの履歴を表示します。
  • 組織内のユーザーが過去 30 日間に報告した問題の状態を追跡します。

これらすべてのタスクを Office 365 管理ポータルで実行するには、どのオプションが必要ですか?

A. サービス正常性
B. Reports
C: カスタマー ロックボックス
D. セットアップ

解答: A
目的: 4.4 Microsoft 365 サービスのサポート内容を説明する
原理 : サービス正常性では、次のことができます。
• テナントで最近更新された機能の一覧を表示します。
• インシデントまたは重大なサービスの問題を表示します (通常、ユーザーに大きな影響を与えるもの)。
• アドバイザリを表示します
• 解決されたインシデントとアドバイザリの履歴を表示します。
• 組織内のユーザーが過去 30 日間に報告した問題の状態を追跡します。
URL: Microsoft 365 管理センター - https://docs.microsoft.com/microsoft-365/admin/admin-overview/about-the-admin-center?WT.mc_id=M365-MVP-4039827&view=o365-worldwide
カスタマー ロックボックス - https://docs.microsoft.com/microsoft-365/compliance/customer-lockbox-requests?view=o365-worldwide