概要

完了

このモジュールでは、ビジネス プロセス フローの作成、および前のモジュールで作成したモデル駆動型アプリにビジネス プロセス フローを関連付ける方法について説明しました。 アプリ ユーザーがデータ入力を各ステージで行う際に、ビジネス プロセス フローがユーザーの役に立つことを学びました。 また、ビジネス プロセス フローによって、どのようにデータが Dataverse テーブルに保存されるかについても学びました。 Power Automate フローで新しい事故が記録され承認された際に、通知をユーザーに送信する方法として、ビジネス プロセス フローのデータを使用しました。 どちらのタイプのフローも、アプリ ユーザーのエクスペリエンスを向上させ、特定のタスクを自動化するのに役立ちます。