Azure SQL の概要

初級
中級
ソリューション アーキテクト
データベース管理者
データ エンジニア
Azure
SQL Database
SQL Managed Instance

多くの組織には、古くなっていたり、機能が不足したりしているデータ プラットフォームの戦略があります。 既存のシステムをクラウドに移行し、クラウドを使用して新しいアプリケーションを迅速に構築し、一部のオンプレミス コストを削減するという大きな流れがあります。 一部のワークロードをクラウドに移行する方法を計画する必要があります。 また、成功するように組織を設定する方法について理解しておく必要があります。 また、データベース管理者 (DBA) またはデータ プロフェッショナルの役割を同じ状態に保つ方法、および行う必要がある変更についても理解する必要があります。 このモジュールでは、まず、Microsoft によって Azure SQL が構築された理由とその方法の経緯を簡単に説明します。 その後、さまざまなデプロイ オプションとサービス レベルについて学習します。これには、組織で使用する内容や、そのタイミングが含まれます。 これらのオプションには、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance、および Azure 仮想マシン内の SQL Server が含まれます。 サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) に含まれるものと、それが従来の SQL Server 環境とどう違うかを理解することは、クラウドに移行するときに行う操作と取得しない機能を理解するのに役立ちます。

学習の目的

このモジュールでは、次の方法を学習します。

  • Azure での SQL Server の進化について説明する。
  • 組織内のワークロードに最適なデプロイ オプションを決定する。
  • ワークロードに最も適した購入モデル、サービス レベル、ハードウェアを選択する。

前提条件

  • SQL Server を使用した作業、保守、開発の経験
  • Azure のリソースのデプロイや管理などの経験